アトピーのフケみんなどうしてる?徹底的に対策するならこれを試そう!

アトピーとフケ1
スポンサーリンク

アトピーは、アレルギー反応が出たり、湿疹がかゆかったり、大変辛い症状がいくつかあります。そして、見た目を気にしている人も大勢いると思います。

その中でも、フケは自分も嫌だし、見た目もとても気になるので、悩んでいる人もはかなり多いと思います。しかし、このフケ問題はなかなか対処が難しいです。

今回は、そんなアトピーのフケ問題の原因や対策について、書いていきたいと思います!

アトピーとフケ問題

アトピーの症状はいくつかありますが、全てを改善するのはとてもハードルが高いです。だから、これだけは!と思って対策している人もいることでしょう。

私も子供の頃からアトピーなのですが、これまで症状の重い時もあれば、軽いこともありました。それでも、その時々で悩んでいることはいろいろでした。

アトピーで一番辛いのは、かゆくて眠れないとか、掻き傷で血が出て痛いか、そういうことだったりします。

なので、フケ問題はいつも気になるけど、どうにかしたい一番の事ではなかったりします。

でも、フケってすごく不潔に見えるし、本当に嫌ですよね。アトピーで、出来ればどうにかしたい問題としては、かなり上位になると思います。

フケって何?

アトピーとフケ2

アトピーなら悩んでいる人は多いフケですが、普通の人でもフケは出ます。

調べてみると、健康的な生活を送っていれば、あまり出ないものらしく、もしくは洗髪をきちんとしていれば対策出来るもののようです。

フケには、頭皮の皮脂から出るものと、頭皮が乾燥して出るものの、大まかに分けて二種類あります。アトピーが悩まされるのは乾燥によるフケです。

アトピーは乾燥肌の超敏感肌なので、シャンプーなどで頭皮の水分が奪われて乾燥し、フケが出やすいです。

ちなみに、乾燥を気にするあまり、洗髪を怠ると、皮脂によるフケが出る場合もあります

フケ対策で一番大事なこと

アトピーとフケ3
スポンサーリンク

まずは、頭皮が乾燥しすぎないようにするのが、基本的な対処法です。

そして、頭皮に湿疹ができてしまったら、そこからもフケは出ますので、湿疹が出来ないように気をつける必要もあります。

でも、フケで一番問題になるのは、やっぱりシャンプーです。

もし、シャンプーが自分の肌に合っていなければ、すぐに頭皮がかゆくなります。そういう時は、シャンプーを変えれば湿疹が治る場合があります。

かゆい時は無理せず、お湯だけで洗髪するのもおすすめです。丁寧に頭皮と髪を洗えば、シャンプーなしでも、ある程度きれいになります。

そして、頭皮のかぶれやすいカラーやパーマは、しない方が無難です。また、リンスやコンディショナーも同じ理由で、おすすめしません。

また、これらは頭皮だけでなく、首や肩の湿疹の元にもなります。

シャンプーもですが、頭皮や髪はもちろんのこと、体にも残らないように、シャンプー後は全身をしっかりと洗い流しましょう。

髪を乾かす時も、ドライヤーで熱風を当て続けることで、頭皮は乾燥します。頭からなるべく離して使い、冷風や扇風機なども使いながら乾燥しないようにします。

これが極め付け!フケ対策

シャンプーも変えたし、頭皮用のローションも皮膚科で貰ったし、保湿もしているのに、フケが出てしまう。

残念ながら、合うシャンプーを見つけるのもなかなか大変ですし、こういうことはあります。

アトピーでも使えるという触れ込みのシャンプーでもかゆくなることはありますし、頭皮の保湿も髪がべたついて、めちゃくちゃ大変だったりします。

フケ対策は本当に大変で、難しいのです。私は、フケが目立たないように、黒っぽい服を着るのをやめました。

アトピーのフケは基本的に乾燥によるものなので、きちんと洗髪していれば、髪に留まるよりはがれ落ちるほうが多いような気がします。

フケが落ちても目立ちにくい服装であれば、気になりにくいです。そして、人目につかないところで、ひそかに肩についたフケを払ったりしています。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  1. フケは出来るならなんとかしたいもの。
  2. アトピーのフケは頭皮の乾燥のせい。
  3. フケ対策の基本は洗髪関連の問題の改善。
  4. フケの目立ちにくい服装にしよう。

フケは本当に気になりますが、アトピーにとって一番辛い症状ではなく、そのくせ対策が本当に大変です。

なので、後回しにしたり諦めている人も多いと思いますが、対策が全くないわけではありません。それに、対策はアトピーケアの基本の延長だったりします。

あまり神経質にならず、少しずつ対策すれば、状況は確実に良くなりますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA