アトピーに日焼け止めはアリ!?正しい選び方と効果とは!?

アトピーにとって日焼け止めは、必要不可欠となるアイテムの1つです。

紫外線はアトピーを悪化させてしまう原因であり、紫外線を浴びることで日焼けをし炎症が起こり、痒みを引き起こしアトピーの悪化に繋がったり、紫外線を浴びることで、肌の免疫機能も低下してしまい、アトピーの炎症が起こりやすくなってしまったりという事があるのです。

しかし、私は、アトピーにとって紫外線を浴びるよりも、日焼け止めを塗ることの方が悪化に繋がるのではないかと思い、日焼け止めを塗らずに過ごしていたところ、アトピーが悪化してしまい、日焼けの痛みとアトピーの痛痒さ、見た目の酷さに苦しみました。

その後、日焼け止めを塗ると、またしてもアトピーが悪化してしまった私は、日焼け止めの選び方に問題があることを知りました。

アトピーの場合、紫外線対策を日焼け止めを使用し行う事は大切なのですが、日焼け止めの選び方を間違えると、アトピーは日焼け止めによっても悪化してしまうのです。

そこで私はアトピーでも使用できる日焼け止めの選び方を知り、正しく選び使用することが出来るようになりました。

また更に紫外線や日焼け止めなどにより受けたダメージを修復してあげるためにも・・・。と思い使用し始めた保湿剤のおかげで、私のアトピーが完治したのです。

日焼け止めの選び方と私が使用した保湿剤をご紹介します。

アトピーにも使用できる日焼け止めの選び方

アトピーの場合、皮膚への刺激を与えずに、紫外線から肌を守ることが出来る日焼け止めを選ぶ必要があります。

これからご紹介する条件に見合わず、肌に強い刺激を与えてしまう日焼け止めを使用することで、アトピーを悪化させてしまう事になるので、注意して選びましょう。

紫外線をブロックする成分に注意!

日焼け止めには、紫外線をブロックし、肌を守るための成分が必ず配合されています。

しかし、その成分には2つの種類があります。

  • 紫外線吸収剤・・・メトキシケイヒ酸
  • 紫外線散乱剤・・・酸化チタン・酸化亜鉛

アトピー肌のために選ぶべき日焼け止めには、紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤が使用されているものを選びましょう。

塗心地や紫外線防止効果は紫外線吸収剤が使用されている日焼け止めのほうが良いのですが、紫外線吸収剤が使用されてる日焼け止めを使用すると、肌に物凄く強いダメージを受けてしまいます。

アトピーを悪化させないためには、紫外線散乱剤が使用されている日焼け止めを選びましょう。

その他の成分にも注意

日焼け止めにはその他にも、香料や防腐剤やラメパウダー等々。肌を綺麗に見せたり、良い香りがしていたり、というための余計な成分が含まれていることがあります。

しかし、日焼け止めにその他の効果を求めず、日焼け止めの効果だけ!!というシンプルな日焼け止めを選び、余計な成分が含まれていないものを選びましょう。

余計な成分はアトピーの炎症を悪化させたり、アトピーのかゆみを引き起こす原因となります。

また、界面活性剤に関しては、日焼け止めに使用されていないものはほとんどなく、出来れば使用されていないもの、又は使用量が少ないものを選ぶと良いです。

ナノ化されていないものを

日焼け止めの中には、塗心地を良くするために、より落ちにくくするために、しっかりと紫外線を防止するためにというような効果のために、成分がナノ化されているという日焼け止めがあります。

しかし、ナノ化されているという事は、日焼け止めのあらゆる成分が皮膚の内部にまで浸透してしまうため、刺激となりアトピーを悪化させてしまう事に繋がります。

アトピーの場合は、ナノ化されておらず、出来るだけ肌に日焼け止めの成分が浸透しないものの方が良いです。

メイクと日焼け止めでよりアトピー肌を守る!!

アトピーを悪化させずしっかりと紫外線を防止するためには、メイクの中での日焼け止めを塗る順番等も大切です。

メイクの日焼け止めの順番は?

メイクの順番としては、

  1. 下地クリーム
  2. 日焼け止め
  3. ファンデーション
  4. パウダー

の順番となります。

下地にも日焼け止め効果は必要?

肌に日焼け止めやファンデーションなどの成分が直接触れないための保護のためにも下地は絶対に塗る必要があります。

下地にも日焼け止め効果のあるものがありますが、下地の日焼け止効果は低いものを選らび、肌に刺激を与えない低刺激なものを選ぶことが優先です。

地に日焼け止め効果がある場合、SPF20以下、PA++以下のものを選びましょう。その上から日焼け止めを塗るため、最も肌に優しく肌に刺激を与えない物を選ぶ必要があります。

出来るだけ塗るものは少ない方がgood!

日焼け止めを塗ると、それだけでも肌がものすごく白っぽく明るくなります。また、肌の色に近く、ファンデーションを塗ったように見えるものもありますね。

出来るだけ肌にいくつものものを塗り重ねるよりも、うす塗りのほうが綺麗に見えますし、肌への負担をできるだけ軽減するためにも、塗るものが少ない方が良いのです。

そこで下地を塗りファンデーションを塗ったら、パウダーファンデーションで仕上げるだけでも、十分綺麗に仕上がります。

厚塗りすると余計に肌のデコボコやカサカサ感などが目立つため、薄めのほうが切れに仕上がりますよ。

毎日紫外線や日焼け止めによるダメージを修復!

毎日行うべき大切なことは、日中の紫外線や日焼け止め、メイクにより肌が受けたダメージをケアし、修復してあげることが大切です。

このケアを怠ると、アトピーの肌はいつまで経っても再発が起こりやすい敏感でデリケートな肌のままです。

しっかりとダメージへのケアをしてあげることを心がけた私は、ダメージの修復だけではなく、刺戟に負けない強い肌、アトピーの再発が起こらない肌を手に入れることが出来たのです。

毎日行うべきケアとは?

まずはしっかりとメイクと日焼け止めを落としてあげることが大切です。落とし残しはアトピーの炎症やかゆみを引き起こす原因となってしまいます。

アトピーに刺激を与えないクレンジングを行い、擦らない正しい洗顔をし、しっかりと綺麗に落としましょう。その後の保湿ケアがもっとも大切です。

刺戟を受けた肌に、潤いを与え、ダメージを修復しながら肌のバリア機能を高めてあげる必要がありますそこで私が使用したのがハダリケア です。

ハダリケアと日焼け止めで綺麗な肌を!!

私が毎日日焼け止めを使用し、日焼け止めを洗い流してからのケアに使用していたのがハダリケアという保湿剤です。

ハダリケアは肌に潤いを与えてくれるだけではなく、少なからず日焼け止めや紫外線による刺激を受け、かゆみや炎症を引き起こしやすくなってしまっている肌へ、抗ヒスタミン作用や抗炎症作用のある天然由来の植物エキスが配合されていたり、ステロイドではないものの副作用が無くステロイドの類似した効果のある成分が含まれています。

そのため、紫外線や日焼け止めにより引き起こされそうな、かゆみや炎症をしっかりと食い止め、アトピーの悪化を防ぎながら、肌に潤いを与え強い肌を作りだしてくれる保湿剤なのです。

私は日焼け止めを使用した後のケアにはコレしかない!!と思い、日焼け止めを正しく選び購入する時に、ハダリケアも一緒に購入しました。

それから毎日の保湿ケアにハダリケア を使用していると、肌にかゆみや炎症が引き起こることが全くなくなり、肌のカサカサとした乾燥感も無くなっていきました。

アトピーの炎症が起こらない状態が続き、肌もどんどん綺麗に変化していき、私はアトピーの炎症が起こらない綺麗な肌を手に入れることが出来たのです。

現在は

ハダリケアで保湿をし始めてから、ステロイドの使用も自然に辞めることができ、アトピーの再発が起こりにくい肌への改善する事も出来ました。

アトピーの起こらない生活を送ることが出来ています。

また、正しい日焼け止めを選び、年中日焼け対策をしっかりと行い、肌にダメージを与えないことも、アトピーの再発予防になっているのかなとおもいます。

紫外線は毎日、年中肌に降り注ぐものなので、毎日日焼け止めが必要となります。毎日塗っても刺激にならない肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

日焼け止め使用後はしっかりと洗い落とし、しっかりと保湿ケアでダメージを修復してあげることも大切ですね。

ハダリケアの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA