アトピーに小麦粉は最悪!?悪化させないための工夫を

小麦粉

様々な食べ物に含まれている小麦粉ですが、これらの小麦粉はアトピーの原因、悪化の原因となる食べ物なのです。

何故、小麦粉がアトピーの原因になるのか、小麦粉を避けたほうが良い訳をご紹介いたします。

小麦粉によるアトピーへの影響

小麦粉に含まれるグルテンがアトピー悪化への影響をもたらします。

小腸の細胞は必要な栄養素だけを吸収し、全身に運ぶものの、グルテンを上手く排除できずに吸収してしまうと、小腸の粘膜がゆるみ、毒素が吸収され、全身へと巡り、免疫反応が起こり炎症となります。

また、腸内の環境も悪くなり、免疫バランスに乱れが生じ、アレルギー反応が起こりやすく、アトピーの炎症が悪化する事もあります。

グルテンを吸収してしまう体

グルテンを吸収せずに、排出できる人もいます。

しかし、グルテン過敏症の場合、グルテンを吸収し、アトピーの悪化に繋がります。

グルテン過敏症のうち99%は自分がグルテンを吸収してしまう体質であるという事に気が付いていません。

なぜなら、アレルギー症状がアナフィラキシーショックのようにすぐに出ないからです。

遅延型アレルギ-というもので、なかなか気づきにくいのです。

しかし、グルテンを含む食材、小麦粉製品を摂取すると、以下のような症状が見られる場合は、グルテンを吸収してしまい、アトピーが悪化しているという事が分ります。

  • 肌荒れ
  • 鳥肌のようなブツブツ
  • 精神状態の不安定
  • 気分が落ち込む
  • 体調がすぐれない
  • 下痢
  • 便秘
  • めまい
  • 関節の痛み
  • 片頭痛
  • 集中力に欠ける

小麦粉アレルギーの場合も

小麦粉に含まれるグルテンが原因でアトピーが悪化しているのではなく、根本的に小麦アレルギーであり、炎症が悪化しているという事もあります。

アレルギー検査で小麦に反応があった場合は、小麦粉を使用した食品は一切避けましょう。

アナフィラキシーショックなどの原因にもなります。

アトピーの為だけではなく、体のためにも避けましょう。

小麦粉を避けよう!

小麦粉を避けることで、アトピーの症状の緩和に繋がります。

しかし、小麦粉に含まれ、悪さをしているグルテンは、タバコのニコチンやカフェインのように依存性があるため、意識して避けなければ、体が欲し摂取してしまいます。

強い意志の元避けましょう。

週間が大切!

小麦粉に含まれるグルテンを3週間避けると、アトピーへどれだけ悪影響を及ぼしていたか分かるほどの効果が見られます。

また、この3週間の間は、小麦粉を使ったものが食べたくなりがちですが、ここで我慢することで、その後も避けることが出来るようになります。

3週間我慢すると、アトピーの痒みが収まり、その後は徐々に肌の調子が回復していきます。

小麦粉を避けると・・・

小麦粉を避けることで以下のような変化が感じられます。

  • アトピーの炎症の軽減
  • 美肌効果
  • 鼻炎が治まる
  • 体が疲れにくく元気が出る
  • 情緒の安定

好転反応に注意

小麦粉を避けはじめると、2,3週間たった頃に、「好転反応」が出ることがあります。

体内に溜まったグルテンが排出されるように、肌に炎症が起きたり、体調が優れないという事があります。

しかし、悪化している訳ではなく、そこを乗り切ることで、かなり良い状態へと突入します。

悪化症状だと思わずに続けていきましょう。

副反応に注意

小麦粉を避け続けている中で、小麦粉を少し摂取しただけでも、副反応が出ることがあります。

鼻水が出たり、肌に痒みを感じたりと言うことがあります。

避け続けたのち、小麦粉を摂取する場合は、かなり少量に留めましょう。

副反応が酷く辛い思いをしてしまいますので、注意です。

小麦粉を避けるためには・・・

小麦粉を避けるのは、意外と難しいです。

パンやお菓子類は大体小麦粉が含まれていると分かるため避けられますが、意外と様々な加工品に含まれています。

成分表示を見ると、小麦粉と記載されていたり、最後に原材料の一部に小麦粉を含むという記載があります。

ソースやお醤油などの調味料に含まれている事もあります。

グルテンフリーを活用

小麦粉に含まれているグルテンを避けて生活することで、アトピーの緩和だけではなく、ダイエットにもなるということや、健康のために避けている人もいます。

そのため、グルテンフリーという言葉があり、グルテンフリーの食材や調味料などが販売されているのです。

また、グルテンを避けるなら食べられないと思っているパンや麺類にも、グルテンフリーのものがあります。

代わりに米粉などが使用されているのですね。

グルテンフリー+○○(お探しの食材や調味料)で検索することで、様々な食材を得ることが出来ますよ。

また、グルテンフリーの「レシピ」もあるので活用すれば、食事のメニューが限られることもなく避けられます。

継続していくための注意点

小麦粉が使用されている食べ物はかなり多く、全てを避けきることが難しい事もあります。

その中でストイックになりすぎると、「ストレス」となり、アトピーにも悪影響を及ぼします。

小麦粉が使用されている食べ物が多く流通している日本で、小麦粉を長い目で避け、アトピーを悪化させないようにするためには、ストイックになりすぎは禁物なのです。

かなり神経質になることで、アトピーの症状は良くなりますが、長い期間続けていく中で、アトピーの症状が治まっているときは、少量ならOKとしましょう。

そうすることで、長い間、小麦粉をストレスなく避け、過ごすことが出来ますよ。

多少の妥協は必要です。

まとめ

  • 小麦粉に含まれるグルテンがアトピー悪化の原因に
  • 小麦粉(グルテン)を3週間避けるとかゆみが治まる
  • 継続が大切、多少の妥協はあり

小麦粉を避けることで、アトピーの改善が望めます。

グルテンフリーを食品を活用しながら、小麦粉を避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA