アトピー肌に乳液ってよくないの!?正しい知識とおすすめ乳液5選!!

アトピーと乳液

アトピー肌のケアに乳液を使用したほうが良いのかどうか悩みませんか?

保湿をすることは大切だけど、乳液を塗るとベタベタする、症状が悪化するような気がしたり・・・。

アトピーの場合、化粧水だけではなく乳液も使うべきなのか否かということについてご紹介していきます。

私が使っておすすめの乳液についてもご紹介しますね。

アトピーに乳液は必要なの?

ではアトピーに乳液は必要なのかです。

アトピー肌の状態

アトピー肌の状態は、水分保持力が低いため、乾燥しやすい状態です。

乾燥により肌のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすく、アトピーの炎症が起きやすい状態、悪化しやすい状態となっています。

乳液の役割は?

乳液の役割としては、肌の水分の蒸発を防いでくれるため、低い水分保持力をカバーしてくれて、乾燥を防ぎ保湿効果を発揮してくれます。

また、乳液を塗ることで、外部刺激から肌を守り、刺激による炎症が起きにくい状態を作ってくれるのです。

ということは、アトピーにとって乳液の効果は必要なのです。

乳液の落とし穴!アトピー悪化につながる?

しかし、乳液には界面活性剤という成分が含まれています。

クレンジング剤などにも含まれている成分で肌の余分な油分を取り除いてくれます。

乳液に含まれている界面活性剤はクレンジング剤に含まれているものよりかは、脱脂力は弱いのですが、アトピーにより肌のバリア機能が低下している肌にとっては強い刺激となってしまいます。

界面活性剤自体が異物として認識され、炎症が起こってしまう事もあるのです。

乳液の効果はアトピーにとって必要であるものの、乳液に含まれる界面活性剤は避けるべきであり、結果アトピーに乳液で効果を得るのは避けたほうが良いです。

乳液の効果を別なもので得よう!

乳液の効果はアトピーにとって必要であるものの、界面活性剤をさけるべく、乳液は使用できません。

乳液ではない他のもので、乳液がもたらす効果を得る必要があるのです。

アトピーは角質異常

アトピー肌が水分保持力が低く乾燥し、外部刺激に負けてしまうのは、角質層に水分や細胞間脂肪の主成分である「セラミド」という成分が足りないからです。

角質層にセラミドを補給してあげることで、角質層が正常に働き、水分保持力を高め、外部刺激に強い肌を作りだしてくれるのです。

セラミドを補給することが出来れば、肌のターンオーバーも正常に行われるようになり、アトピーの改善にも繋がります。

これが最強!乳液の代わりに使えるもの!選び方

では乳液は使用せずにアトピーを悪化させずに保湿するための代わりに使えるものをご紹介します。

また、選び方についても気を付けてください。

ワセリンで保湿・選び方

ワセリンは乳液の代わりに化粧水や肌の水分の蒸発を防いでくれる役割を果たします。

しかし選び方には要注意です。

ワセリンを選ぶ時は肌に刺激の少ない精製度の高いものを選ばなければいけません。

精製度が高く肌に刺激の少ないワセリンはプロペトサンホワイトというものになります。

オイルで保湿・選び方

オイルで保湿し乳液のような効果を得る事も出来ます。

オイルを選ぶ時は添加物が含まれていないものを選びましょう。

防腐剤や香料などが含まれているものは避けます。

無添加の保湿クリームに注意

もちろん無添加のものは肌に優しくアトピーにも安心して乳液代わりに使用できます。

しかし、配合されている脂質がオレイン酸や不飽和脂肪酸などだと、角質層の細胞間脂質のバランスを崩し、バリア機能を破壊してしまうことがあるのです。

無添加と記載されているものでも、使用されている油の種類にも注意して選びましょう。

乳液の代わりに保湿剤で得るべき効果

より効果的に保湿効果を得て、角質層を正常に働かせ、アトピーを改善する為に使用すべき保湿剤の特徴です。

  • セラミドが配合されているもの
  • 外部の水分を吸着し肌に水分を与えてくれるもの
  • 水分を抱え込み、蒸発させずに保持し続けてくれるもの
  • 肌の水分と化粧水などの水分を保湿剤でサンドし蒸発を防いでくれるもの

おすすめの乳液ランキング

アトピーの状態が悪化してる状態では、乳液をできるだけ避け、他の保湿剤に頼るべきですが、症状が落ち着いている際に私が使ってきた中でのおすすめの乳液をご紹介します。

1位 コラージュ 薬用保湿乳液

あらゆる肌タイプに、刺激なく使用できる乳液です。皮膚科医がオススメしているほどです。

アトピーでも安心して使用できます。

セラミド2・コラーゲン・アミノセラミド・植物保湿成分が含まれており、乾燥した状態の肌から、持っちりと保湿された肌にしてくれます。

2位 ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

皮膚科学の考えを基に作られている乳液なので、アトピーでも安心して使用できます。

9種類の保湿アミノ酸が配合されており、高い保湿力が魅力です。

乳液よりかはクリームに近く、硬いものの、伸びが良くべたつかないため、乳液独特のベタベタ感が苦手な人でも心地よく使用できます。

3位 イヴデュフラン セラミドアミノ酸配合乳液

使用されている油は天然精油のみの自然派な乳液なのでアトピーでも使用できます。

更に生産者から直接購入者へ。広告費も最小限に抑えられていることから、コスパも良く使い続けやすいお値段です。

乳液の粘り気を出すために、よく使用されている増粘剤は使用されていないので肌に刺激を与えません。

セラミドとアミノ酸が豊富に含まれており、肌の乾燥をしっかりと防いでくれます。

4位 オルナ オーガニック乳液

オルナのオーガニック乳液は体に悪い成分が一切含まれていません。

アトピー肌に使用するときに避けたい成分、パラベン・合成着色料・エタノール・合成香料・石油系界面活性剤不使用・紫外線吸収剤・鉱物油・酸化防止剤などが一切含まれていないのです。

使用されている油は、有機栽培の植物油、精油などの天然成分のみなので、アトピー肌に刺激を与えることなく使用できる乳液です。

5位 うる肌うるり オールインワンジェル

アトピー肌におすすめの保湿剤の特徴の一つにもあった潤いをサンドすることで保湿効果を持続させ乾燥を防いでくれる効果のあるジェルです。

アトピーに必要なセラミドも含まれていますし、高保湿成分であるヒアルロン酸も配合されています。

美容成分も豊富で29種類も含まれていて、避けるべき成分香料着色料エタノールなども含まれていないため、安心して使用できます。

 

まとめ

  • アトピーに取って、乳液の効果は必要
  • 乳液に含まれる界面活性剤はアトピーにとって悪
  • 乳液の効果を果たす他のものを使用
  • 保湿アイテムを選ぶ時は成分に要注意
  • 肌の角質層を正常に働かせることが出来る保湿効果のあるものを

アトピーにとって乳液の効果は必要なのですが、乳液に含まれている成分はアトピーを悪化させてしまう事になります。

乳液と同じ効果があり尚且つ肌に優しく刺激のないものを使用し、角質層に十分な水分と油分を与え、悪化させることなくアトピー肌完治を目指しましょう!

オススメの乳液を使用するときも、使用前には念のためパッチテストを行ってから使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA