アトピーにヨーグルトは効くの⁉ヨーグルトには落とし穴が・・・

アトピーとヨーグルト

アトピーの改善にはヨーグルトが効果的という情報を一度は耳にしたことがあるでしょう。

アトピーを改善するためには、腸内環境を整えることが大切なので、腸内の善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整えなければいけません。

そのため、乳酸菌が豊富に含まれているヨーグルトを摂取することが有効だとされています。

しかし、アトピーのためにヨーグルトを摂取しよう!と思っている方はストップです。

実は、ヨーグルトにはアトピーを悪化させてしまう要素もあるのです。

今回はアトピーにヨーグルトは本当に効果的であるのか、摂取したほうが良いのかという事についてご紹介致します。

アトピーにヨーグルトは効果的?

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。

腸内まで善玉菌が届くというヨーグルトも販売されているため、腸内細菌のバランスが整い、腸内環境が正常化、免疫系が整い、アトピーの症状が緩和されますね。

ヨーグルトがアトピー悪化の原因に?

一方でヨーグルトが原因でアトピーが悪化してしまうことがあるのです。

ヨーグルトでビオチン不足に

体内のビオチンは、抗炎症物質を産生します。

ビオチンにより抗炎症作用や抗アレルギー作用を得ることが出来ます。

また、ビオチンには、皮膚の細胞の活性化や皮膚の機能を保つ働きもあります。

しかし、乳酸菌にはビオチンを食べてしまうものがあり、乳酸菌の影響でビオチン不足に陥ります。

ビオチン不足になると、アトピーの炎症やアレルギー反応は加速します。

皮膚の健康も保つことが出来なくなってしまいます。

アトピーの悪化に繋がってしまいますね。

カゼインによる影響

ヨーグルトなどの乳製品には、カゼインというタンパク質が含まれています。

カゼインが未消化のまま腸内に入ると、腸内はカゼインにより腸の粘膜に傷が付き、炎症が起きてしまいます。

腸内のバリア機能が破壊され、本来は体内に侵入しないようにバリア機能で守られている異物が体全体に回ってしまいます。

全身に回った異物に対し、免疫反応が引き起こり、肌の炎症も加速します。

ヨーグルトに含まれているカゼインにより、腸内の炎症も肌の炎症も加速してしまうのです。

乳糖による消化不良

ヨーグルトには乳糖というものが含まれています。

この乳糖を消化する酵素は年齢と共に減り、乳糖による消化不良が引き起こります。

消化不良により下痢が起こりやすく、必要な栄養素を吸収することが出来なかったり、腸内環境は悪化してしまいます。

アトピーの症状は悪化、健康的な肌を作るための栄養素も吸収できず肌はボロボロになってしまいます。

ヨーグルト以外での摂取も

ヨーグルトを摂取しても、上手く消化吸収ができる体質をお持ちの方もいます。

そのため過剰摂取にならなければ、ヨーグルトによるアトピーの改善が見込めます。

しかし、ヨーグルトで摂取するよりも、腸内環境を整えることが出来る乳酸菌をサプリメント等で摂取することで、カゼインや乳糖を摂取せずに乳酸菌を摂取することができます。

乳酸菌の種類にも注意

乳酸菌」の中には、免疫力を高めてしまう乳酸菌があります。

インフルエンザ予防などに効果を発揮しますが、免疫力を高めてしまうと、免疫反応が強くなり、更に炎症が起きやすくなります。

摂取すべき乳酸菌は免疫バランスを整える効果のある乳酸菌であるということも注意しましょう。

まとめ

  • アトピーには乳酸菌を摂取する目的でヨーグルトを
  • ヨーグルトにはビオチン不足・カゼインの影響・乳糖の消化不良という落とし穴が
  • ヨーグルト以外のもので乳酸菌摂取を
  • 乳酸菌の種類にも注意

アトピーにはヨーグルトが効果的であると、積極的に食べ過ぎると、逆効果を招いてしまう事もあるのです。

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルト以外のものでも効率的に摂取できるものがあります。

ヨーグルト以外で乳酸菌を摂取し、「腸内環境」を整える方法も大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA