アトピーの食事

アトピー悪化の原因はバナナかも??改善の効果もあるって本当??

バナナ

アトピーにとってバナナが悪化の原因となる食べ物であるという事を知っていましたか?

意外と盲点となっている食べ物で、悪化の原因とはつゆ知らず、食べてしまっていたという方も多いのではないでしょうか。

特にバナナを食べたときに違和感が無ければアトピーでもバナナを食べても大丈夫なのですが、バナナはアレルギーを起こしやすい食べものであり、アトピーの場合は摂取を避けたほうが良い場合もあるのです。

今回はバナナを自分がバナナを避けたほうがアトピーの改善のために良いと気づくことが出来る情報をご紹介していきます。

バナナアレルギーでアトピー悪化?

バナナはアレルギー食品としてさほど有名ではない食べ物ですよね。

しかし、アレルギーが出やすい食材だとして、厚生労働省が特原材料に準ずるもととして、バナナが使用されている場合は、表示するという事が決められているほどです。

アレルギー症状が出るということは、免疫が反応を炎症を起こす為、アトピーの症状も悪化してしまいますね。

バナナアレルギーの軽い症状

バナナアレルギーである場合にみられる軽い症状です。

まさか自分がバナナアレルギーだとは思わずに、摂取しているかもしれませんよ。

  • 舌がしびれる・痛い
  • 喉が腫れる感じ・痒い
  • 胃がもたれる
  • 口の中・口の周りが痒くなる

バナナアレルギーの重い症状

バナナアレルギーにより、以下のような症状が見られる場合は、かなりアレルギー症状が強く出ています。

  • 蕁麻疹が出る
  • 喉の腫れが酷く、呼吸が苦しくなる
  • 下痢をする
  • アナフィラキシーショックが起こる

以上のような症状が見られる場合、バナナアレルギーだという事が分ります。

バナナアレルギーにより、アトピーが悪化しているため、摂取を控える必要があります。

バナナアレルギーの共通点

バナナアレルギーの人には共通点があります。

  • ブタクサが原因の花粉症
  • キウイアレルギー
  • ラテックスアレルギー
  • マンゴーアレルギー
  • パイナップルアレルギー

現在バナナの摂取でアレルギー症状が出ていない場合も、上記の項目に当てはまるという場合、アレルギー症状がでてしまう可能性が高いため、摂取を控えることをおすすめします。

子供は特にバナナに注意?!

特に子供はバナナの摂取に注意が必要です。

生後1歳くらいまでは、消化器官が未熟であるため、「アレルギー」を起こしやすい時期です。

ピーナッツやはちみつ、卵などは良く気を付けられる食材ですが、バナナも同じです。

栄養価が高いバナナでもあり、離乳食のメニューなどにも良くありますが、バナナアレルギーを防ぐためにも、バナナの過剰摂取には注意です。

また、バナナを食べさせるときは、アレルギーにならない為の対処として、新鮮で良いバナナを選ぶ、有機栽培のバナナ、国産のバナナを選ぶようにしましょう。

関連記事:アトピーとアレルギーの違いわかる??似て非なるものらしい!?

アトピーを悪化させずにバナナを食べるためには・・・?!

良く果物系のものはアレルギーの原因となるタンパク質が熱に弱いため、加熱をすることで食べられるというものがあります。

しかし、バナナの場合は、アレルギーに関わるタンパク質が熱に強いため、加熱してもアレルギー症状が出る可能性はさほど低下しません。

十分に良く長めに加熱するか、加熱してもアレルギー反応が出るという場合は食べないことが一番ですね。

バナナアレルギーではない場合は?

バナナアレルギーではなく、バナナを食べても異常がないという場合は、アトピーにとって良い効果を発揮してくれる食べ物でもあります。

バナナに含まれている不溶性食物繊維が豊富に含まれているため、便のかさを増し、腸内を刺激することで、排便が促され、便秘の解消になります。

「便秘」は体内に老廃物を溜めこみ、有害物質が発生し、全身に回り、毒素に対し免疫反応が起こり、炎症が起こってしまいます。

バナナが便秘の解消を促し、老廃物の排出をスムーズに行ってくれるのです。

関連記事:アトピー悪化の原因は便秘だった!!簡単に便秘を改善する方法!!

焼きバナナの整腸効果

また、ちなみに焼きバナナにすることで、オリゴ糖が増え、摂取することで腸内へオリゴ糖が運ばれ、善玉菌のエサとなり、腸内環境が整います。

  • オーブントースターにアルミホイルを敷き、皮ごと置く
  • 200度で10分程度焼き、皮に焦げ目がついたら完成

焼きバナナにしても、排泄も促されるのでおすすめです。

但し糖類が多い果物であるため、食べ過ぎには注意です。1日1本程度にとどめ、毎日の欠かさず摂取すればよいというものでもありません。気を付けましょう。

まとめ

  • アトピー悪化の原因がバナナの可能性あり
  • バナナアレルギーの場合はアトピー悪化となるため避ける
  • バナナアレルギーを起こしやすい場合も避ける
  • バナナアレルギーを防ぐため生後1歳以下の摂取に注意
  • バナナアレルギーは加熱しても防げない
  • アレルギーではない場合は、アトピーの改善に効果あり
  • 食べ過ぎには注意

アトピーにとって、バナナはアレルギーの場合は避けるべき食べ物ですが、アレルギーではないという場合は、アトピー改善にも効果のある食材ですね。

自分はバナナアレルギーなのか否かを確認してから、今後のバナナの摂取を決めましょう。