スポンサーリンク

私はアトピー患者なのですが、その中でもお風呂嫌いだった者です。

何故嫌いだったのか・・・。

アトピーになるまではお風呂の時間が癒しで何時間でも熱いお湯に浸かっているタイプでした。

しかし、アトピーに襲われてからは、お風呂に入ると患部の痒みが増したり、掻きすぎた部分が沁みたり、入浴後に酷い乾燥に見舞われ、肌がつっぱったり、かゆみも酷くなり、大嫌いになったのです。

それでもアトピーの患部は医師から清潔に保つこと、炎症が起きているときは薬を塗ること、起きていない時は保湿ケアをすることという3つのルールの1つなので、毎日我慢して入浴していました。

これってどうにかならないのかな・・・。

アトピーの原因がお風呂でのかゆみの悪化や乾燥の悪化のような気がするし・・・。

アトピーにとって、本当にお風呂というものは大切なのか、はたまた悪化の原因になっているのか、お風呂に対して疑問を抱くようになりました。

医師に尋ねたり、自分自身で調べていく中で、アトピーにとってお風呂は大切なことであるものの、一方で入浴の方法によってはアトピーを悪化させてしまう原因になっていることも確かだったのです。

ではアトピーはお風呂とどのように付き合っていくのが正しいのか。

アトピーを改善するための正しい入浴方法がありました。

正しくお風呂と付き合えるようになってから、私はお風呂嫌いを克服。

更にアトピーの症状も徐々に良くなり、悪化させることなく清潔を保つことが出来るようになったのです。

アトピーにとってお風呂は必要?

アトピーとお風呂2

アトピーにとってお風呂は必要です。

1日1回はお風呂に入りましょう。

というのも、1日の生活の中で、アトピーの原因ともなるホコリや塵や化学物質類が肌に付着してしまいます。

また、ステロイドや保湿剤を塗っていると、尚更付着しやすく多くの汚れが付きます。

そこでそれらの刺激の影響を受け、アトピーが悪化しないように、お風呂で洗い流す必要があるのです。

アトピーのお風呂の回数は多い方が良い?

アトピーの悪化に繋がらないようにと、こまめに入浴し清潔を保った方が良いのでは?

これは間違いです。

お風呂に入ることで、少なからず肌は乾燥します。洗う事によってのダメージも受けます。

入浴回数が多くなればなるほど肌に必要な潤いが失われ乾燥し、ダメージもより受けてしまい、アトピーを悪化させてしまいます。

脱お風呂がアトピーに効果的って本当?

アトピーを治すためにという目的で脱お風呂というものもあります。

お風呂に入らないという方法です。

お風呂に入ることで受ける刺激を無くし、お風呂により引き起こる乾燥を防ぐために、お風呂に入らないという方法です。

しかし、これには刺激の軽減や乾燥を防ぐという効果はあるものの、アトピーの悪化になる原因も隠れています。

黄色ブドウ球菌の増殖です。

アトピーになると、肌の菌のバランスが崩れがちで、肌では黄色ブドウ球菌という悪玉菌が増殖しやすくなります。

清潔を保つことで黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることが出来るものの、お風呂に入らないということで、増殖してしまい、感染を引き起こしアトピーがより悪化するという状態に見舞われてしまうのです。

黄色ブドウ球菌が繁殖すると肌はジクジクが増し、悪臭も漂い、かゆみや痛みも加速します。

抗生物質での早急な死滅が必要となるのです。

私は脱お風呂よりも、正しくお風呂と付き合うという方法をおすすめします。

アトピーにとっての正しいお風呂の入り方

アトピーとお風呂3
スポンサーリンク

アトピーにとって、お風呂は味方でもあり敵でもあります。

悪化させるか、治りをよくするための味方に付けるかは、お風呂の入り方次第です。

アトピーにとっての正しいお風呂の入り方にすることで、悪化させることなく清潔を保ち、アトピー改善に向かうことが出来ます。

入浴時間

まずは入浴時間ですね。

湯船に浸かる時間は、15分以内に留めましょう。

湯船に浸かることで体が温まり、血流がよくなり、新陳代謝がアップしアトピーにとっても良い効果が得られるのですが、浸かりすぎには注意です。

湯船長く使っていると、肌の水分が流れ出てしまい、入浴後の酷い乾燥の原因、アトピー悪化に繋がります。

お風呂で肌がシワシワになるのは、肌の水分が逃げてしまったときに起こります。

肌がシワシワになる前にあがりましょう。

湯温度

お風呂での湯温度も重要です。

体を洗うときのシャワーの温度も湯船の温度も35度から38度のぬるま湯にしましょう。

熱いお湯は、肌の表面で肌の潤いを保つための天然保湿成分や皮脂までもを洗い流してしまい、乾燥の原因となったり、肌への刺激となります。

アトピーを悪化させないためには、ぬるま湯での入浴が適切です。

シャンプーやボディソープや入浴剤

お風呂ではシャンプーやボディーソープ、入浴剤などを使用しますよね。

それらを選ぶ時は、肌を保湿しながら洗えるように保湿成分入りのものを選ぶと良いです。

一方で、これらが肌への刺激となり、悪化の原因になることもあります。

成分の中に界面活性剤、合成着色料・香料、パラベンや防腐剤などという添加物が含まれていると、刺激となりアトピーの悪化や使用した時の沁みやかゆみ、痛みの原因にもなります。

低刺激で保湿が出来るシンプルな成分の優しいものを選んで使用しましょう。

アトピー肌を擦らない

お風呂に入ると、肌を洗いますが、擦るのはNGです。

擦ることにより、肌に必要な成分までもを洗い流してしまったり、肌に傷をつけてしまいアトピーの悪化に繋がります。

洗うときは手のひらで洗い、手のひらの肌の摩擦にも気を付けて優しく洗いましょう。

また、湯船に浸かるときも、アトピーだと肌がカサカサしていたり、皮膚が剥がれ浮いてくることがあります。

自然に剥がれるのは良いのですが、無理に剥がそうとするのは辞めましょう。

悪化につながるだけです。

お風呂後の保湿ケアもアトピー完治の鍵!

正しく入浴した後、安心してはいけません。

お風呂に入った後の肌はとても柔らかくなっています。

そして多少なりとも気を付けて入浴しても、肌の潤いを保つために必要な皮脂や天然保湿成分も流れてしまいます。

入浴後は肌がものすごく乾燥しやすい瞬間です。

ここで乾燥を食い止めなければ、アトピーは悪化してしまいます。

お風呂から出たら、すぐに保湿ケアを行い、肌の潤いを閉じ込めましょう。

入浴後の酷い乾燥防止にもなりますし、酷いかゆみも起こりにくくなります。

肌の潤いが保たれ、アトピーの悪化や再発も防げますよ。

まとめ

私が苦痛だったアトピー肌でのお風呂。

しかし、正しいお風呂との付き合い方を知り、入浴方法を変えたところ、入浴中や入浴後の酷い仕打ちは無くなっていきました。

また、それだけではなく、アトピーの症状が酷く悪化することが無くなったり、再発の頻度もどんどん低下していきました。

アトピーにとってお風呂は大切だけど、入り方を間違えただけで、こんなにもアトピーに影響してきてしまうんだなと感じた経過でした。

それからというもの、私は正しいお風呂の入り方を続け、乾燥しにくくアトピーの炎症も起こらない、強くて健康的な肌を手に入れることが出来たのです。

お風呂の入り方、アトピーを悪化させてしまっていませんか?

一度見直してみましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA