アトピーコラム

アトピーと喘息には深い関係が?!アトピーで咳が出る方注意です!

アトピーと喘息1

アトピーに悩んでいる人は、アトピーでない人と比べ、2倍もの人が喘息にも悩んでいるのです。

日本で喘息に悩んでいる人は全体の約10~20%ほどで、割合から見ると、その中でほとんどの人がアトピーにも悩んでいるという事が分ります。

アトピーと喘息には深い関わりがあり、根本的な原因が同じであるため両方に悩まされるのです。

アトピーも喘息も改善するための方法をご紹介していきます。

喘息になる原因はアトピーの発症原因と同じ?

アトピーと喘息2

喘息という状態は、気管支が狭くなります。

気管支は、口からアレルゲンが侵入すると、異物と認識した免疫が攻撃をし、排除しようとします。

すると、アトピーの場合は、異物への反応として炎症が起こります。

一方で気管支の場合は、異物の体内への侵入を防ごうと、気管支の筋肉が収縮したり、

気管支の内側の粘膜が浮腫をお越し、痰が絡まり吐き出そうと咳が出ます。

気管支が狭くなることで、呼吸音がヒューヒューする喘鳴が聞こえるようになるのです。

アレルゲンの侵入により、アトピーも喘息も引き起こってしまっているのですね。

喘息の症状は?

喘息の症状には以下のようなものが主に挙げられます。

  • 喘鳴(ヒューヒュー、ぜーぜー)が聞こえる
  • 咳や痰が酷い
  • 呼吸の回数が多く荒くなる
  • 陥没呼吸(肋骨の下がへこむ状態での咳が出る)
  • 上半身を起こしていないと息苦しい
  • チアノーゼ(唇や顔色が紫色になる)

アトピーで悩んでいて、咳が酷かったりと上記のような症状が見られている場合、気づいていないだけで、喘息も併発している可能性が高いので注意が必要です。

喘息の治療方法は?

アトピーと喘息3

喘息の治療方法としては2つのパターンがあります。

吸入・・・気管支が広がる薬が霧状に噴出される機械を使用し、薬を吸い込み改善します。

点滴・・・気管支を広げ、気管支の内側の浮腫を軽減する薬を点滴します。また、痰を柔らかくし、排出しやすくする輸液が使用されることもあります。

喘息は発作が起こると、呼吸が出来なくなってしまう状態まで酷くなることがあります。

アトピーで喘息には気づいていないと危険です。

喘息のような症状が見られるという場合は、呼吸器科や内科、アレルギー科などに受診し、正しい治療を受ける必要があります。

アトピーも喘息も改善する方法は?

アトピーと喘息が併発しているという場合、原因となってしまっているものは大体同じです。

同じ何かしらのアレルギー物質の侵入により、アトピーも喘息も起こってしまっています。

アレルギー物質を特定し避ける

アレルギー検査を行い、アレルゲンを特定し、避けることが大切です。

また、主にアトピーや喘息の原因となっている「ダニ」やハウスダストなども生活環境から取り除きましょう。

アレルギー物質が生活環境の中で身近にある状態では、いつまで経ってもどちらも改善しません。

煙を避ける

花火の煙やタバコの煙などは、喘息の発作を引き起こしてしまいます。

煙は避けるようにしましょう。

抗アレルギー内服薬

抗アレルギー内服薬を使用することで、アトピーにも喘息にも危害を加えれいるアレルゲンの影響が起こりにくくなります。

免疫異常の改善を

アトピーの場合も、免疫機能が異常な状態で、本来反応しなくても良いものを異物ととらえ、攻撃してしまうことで、炎症が起こりやすくなります。

喘息の場合も同じく、場合によっては本来反応しなくても良いものまで異物と認識し、機気管支が狭まっていたり浮腫を起こしてしまっていることがあります。

どちらにとっても、免疫のバランスを整えることが大切です。

免疫機能が密集している「腸内環境」を整え、免疫のバランスを整えましょう。

また、アトピーにとっても腸内環境を整える際、免疫力を強くする乳酸菌の摂取は、異物への反応が増してしまうため避けなければいけません。

もちろん喘息にとっても、免疫力を高める乳酸菌は逆効果となります。

免疫力を高めるのではなく、免疫のバランスを整えることに徹しましょう。

まとめ

アトピーと喘息の原因はアレルゲンの侵入であり、根本的原因が同じであるため、両方に悩まされることが多いのですね。

もしアトピーで咳が酷い、痰が酷いなどの症状が見られている場合は、喘息も疑い、正しい治療を受けましょう。