アトピーで顔の皮むけがツライ!!外出が楽しくなるまで回復した私の対処法!!

私は、顔のアトピーが最も酷く、酷い赤みとかゆみをステロイドの塗布で乗り切ったかと思いきや、激しい皮むけに襲われました。

そのうち治まって綺麗な肌へと戻るだろうと思っていたのですが、皮むけが酷い状態で炎症が再発するという連鎖を繰り返してしまっていました。

皮むけを隠すためにメイクをしてもボロボロとメイクをしないほうがまだマシかもしれないという状態になり、常にマスクで顔を隠す生活を2年ほど過ごしました。

皮膚科でももちろん相談し、赤みやかゆみなど炎症を抑えるまではステロイドが処方され、その後保湿剤が処方され、皮むけを抑えるためには、しっかりと保湿剤を塗るようにと指導されていました。

何度医師に訴えても、保湿がしっかりと出来ていないからだと言われ、私は毎日欠かさず保湿剤を何度も何度も塗り直すほど保湿をしているのに、どうして皮むけが治らないのか、当てどころのないイライラが募っていました。

医師に訴えても意味が無かった私は、自分で顔のアトピーによる皮むけを改善し、綺麗な肌を取り戻すための方法を調べつくし、実践し、綺麗な肌、アトピーの再発が起こらない肌を手に入れることが出来ました。

私が皮膚科の保湿剤ではアトピーによる顔の皮むけが治らなかった原因と、保湿ケアを正しく行うことで綺麗な顔を取り戻すことが出来た方法をご紹介します。

アトピーによる顔の皮むけを終わらせるためには?

私はアトピーの皮むけが初めて起こった時から、何度も再発を繰り返しては皮むけが酷く起こるため、年中顔の皮膚がむけてしまっているような状態でした。

皮むけが起こるのはなぜ?炎症のせい?

皮むけが起こる原因は、炎症のせいで肌のターンオーバーの周期が乱れてしまっている事にあります。

通常28日周期で古くなった皮膚が剥け落ち、新しい肌に生まれかわるというターンオーバーが起こっているのにも関わらず、炎症が起こりダメージを受け、更に酷い乾燥に襲われた肌は、7日から21日ほどの短い周期で皮むけが何度も起こってしまっているのです。

そのため、ボロボロと何度も皮むけが起こってしまっています。炎症が酷ければ酷いほど、酷い皮むけに襲われてしまうのです。

皮むけを放置するとアトピー再発?

アトピーによる皮むかが起こっている時に、正しいケアを行わなければ、私のように何度もアトピーの炎症が再発してしまいます。

皮むけが起こっているという事は、通常はまだ必要な皮膚が剥け落ちてしまい、未熟な肌がむき出しの状態となってしまいます。

未熟な皮膚が表面にむき出しになるという事は、それだけ刺激に弱い皮膚となり、刺激による炎症を起こしてしまいやすいのです。

正しいケアを行い、肌のターンオーバーの周期を正常化し、バリア機能の高い肌が表面にくるように改善する必要があります。

なぜ私の顔の皮むけは治まらなかった?!

私も皮むけに対してケアは行っていました。皮膚科で処方された保湿剤を使用し、毎日保湿していたのです。

ベタベタして気持ちが悪くても、毎日入浴後は必ず、朝の洗顔後も行っていました。それなのに顔の皮むけは治まらず、それどころがアトピーの炎症が再発してしまっていたのです。

アトピーによる皮むけに向かない保湿

アトピーによる皮むけ時には向いていない保湿が、皮膚科で処方される保湿剤や一般的に市販で販売されている保湿剤での保湿なのです。

これらの保湿は油分が多いクリームなどを皮膚の上に塗り、皮膚をカバーすることで、肌の水分を逃がさず乾燥させないという保湿ケアになります。

また、肌に対して刺激によるダメージを受けないように守ってくれる役割もあります。

そのため、健康的な肌の人にとっては有効な保湿となります。一方でアトピーの炎症後の肌には、油分だけは分泌されるため油分による保護は足りているのです。

それ以上油分を保湿ケアにより与えてしまうと、かゆみが発生したり炎症が再発したり、脂漏性皮膚炎というトラブルを引き起こしてしまう原因となることもあります。

アトピーの肌に足りず肌のターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下を引き起こしている原因は、肌の水分、潤いが足りていないからなのです。

元々水分が足りていない肌の上に油分で蓋をして水分の逃げを防いでも意味がありませんよね。

アトピーによる皮むけを改善するためには?

アトピーの炎症のダメージを受けた結果起こってしまっている皮むけに対しては、油分のほうが少なく、肌に水分を与え、潤いを十分に浸透させることが出来る保湿ケアが必要です。

まず、オイルタイプの保湿剤や主成分が油分の保湿剤は避ける必要があります。

そして、肌に水分を与えられるクリームタイプやローションタイプの保湿剤を使用し、更にその水分を肌に保持し、肌の潤いを保つことが出来る効果のある保湿剤を選び使用する必要があります。

更に、アトピーによる炎症により、未熟な皮膚がむき出しとなってしまっているため、皮膚に刺激となる成分が含まれていない低刺激の保湿剤を選ばなければいけません。

私の顔の皮むけを治してくれた保湿剤は?

私は皮膚科の保湿剤を使用していても、皮むけを改善し綺麗な肌を取り戻すことは不可能だと悟り、自分で適切な保湿剤を探すことにしました。 

そんな時見つけた保湿剤が【ADリッチクリーム】というものです。 

抗体入りダチョウ黄卵エキス配合により、肌に起こるかゆみの原因菌、黄色ブドウ球菌に作用し、かゆみの発生を防いでくれたり、肌に十分な潤いを与えるために、天然の保湿効果の高い成分がふんだんに配合されているクリームです。 

肌の水分を保持してくれたり、アトピーの肌に足りていないセラミドもフルーツセラミドで補ってくれます。 

無添加で肌への刺激となる成分も一切含まれていないため、安心してアトピー肌にも使用いすることができます。 

これなら肌の表面だけを保湿剤でカバーするのではなく、肌の奥底まで潤いで満たすことができ、皮むけを改善し、肌が綺麗な顔が取り戻せると思いました。 

現在の私の肌の状態は!! 

現在の私の肌の状態は、保湿剤を【ADリッチクリーム】に変えてから、皮むけは嘘のように治まり、ボロボロと剥けていた皮膚が落ち着きました。 

皮むけが治まると、カサカサ感のないしっとり感のある肌へと徐々に変化していきました。皮むけやアトピーの再発を繰り返している時の私の顔は今よりも老けて見えていました。 

深いしわが目立つようなくらいボロボロで酷く乾燥していたのに対し、肌に潤いが保てるようになってから、引きつるような表情も深いシワがあるように見えていた顔つきも変化してくれたのです。 

これは肌に十分な潤いが保たれるようになった結果ですが、若返って見えるようになったのは、ADリッチクリームに含まれている抗酸化作用のある有効成分のおかげでもあるなと感じます。 

現在はアトピーの再発もなく、メイクも物凄く薄いのに、肌が綺麗だと褒められるようになりました。 

また、最近は久しぶりに会う友人に若返ってない?!と言われたり、毎日会う職場の人にも、たびたび、また若くなったんじゃないの?などと言われることがひそかに嬉しすぎて、ついニヤけてしまいそうになります。 

皮むけを正しいケアで改善すると、その後にはどんどん綺麗になっていく肌を手に入れることができます。 

今では毎日肌の調子が良く、日々肌が綺麗になっていく感じが自分でも感じられ、少量でも広範囲に塗り広げられるほど伸びも良いため、塗心地も良く毎日のADリッチクリームでの保湿が楽しく感じてしまうほどです。 

あのまま皮膚科の保湿剤で治らない治らないと嘆いているよりも、自分で保湿剤を発見し、試してみて本当に良かったなと思います。

公式サイトはこちら→【ADリッチクリーム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA