アトピーで粉!どうしたら気にならなくなる?これがかしこい対処法です!

アトピーと粉1
スポンサーリンク

アトピーになってしまった!という人は、自分がかゆかったり、ヒリヒリしたりして大変なだけでなく、人からどう見られているのか?も、とても気になりますよね。

腕や頬が乾燥していて、肌が粉をふいた状態だけでも、なんとかしたいという人も多いのではないでしょうか。

私も、子供の頃からアトピーだったので、肌の粉ふき状態には悩まされてきました。今回は、そんな肌が粉をふいてしまった時の対処法について書いていきたいと思います。

忘れた頃にやってくる!粉ふきの季節

アトピーは超敏感肌というだけでなく、乾燥肌でもあるので、一年中どんな季節でも肌は乾燥しています。

でも、いくらアトピーが乾燥しているからって、粉をふくような状態は普通ではありません。

いつもより乾燥がひどいのです。そして、そんな風に乾燥がひどくなる季節は、やはり冬です。

最近は、暖冬や暖房などで、冬でも汗をかくことがあります。

アトピーにとっては、汗も炎症の原因となりますので、乾燥していて汗もかくことがある冬は、まさに試練の季節と言えます。

粉ふき肌のケアで大事なこととは?

アトピーと粉2

肌が粉をふいていると気がついた時に、保湿剤を塗ってもいいですが、できれば粉ふき肌にならないようなケアをしたいものです。

保湿剤を塗るのに、一番良いタイミングは、お風呂上りです。

お風呂に入って、肌がしっとりしている時に、それを閉じ込めるようにして、保湿剤を塗ります。

ですので、保湿剤は脱衣所に置いておくのがおすすめです。

そして、寝ている間にも肌はどんどん乾燥していきます。

ですので、朝起きたら保湿するのがいいです。服を着る前に、保湿剤を塗ります

ちなみに、皮膚科から処方される塗り薬も、保湿剤と同じように、お風呂上りと朝に塗ります。

また、使い方を誤ると逆効果ですので、湿疹や掻き傷には塗り薬、炎症がなく乾燥しているところには保湿剤と、しっかり使い分けてください。

また、肌着にも気をつけると良いです。スーパーなどで売っている防寒肌着は、着ると暖かくなると大人気ですが、肌の水分が奪われる素材だったりするようで、あまりおすすめではありません。

綿素材の肌着は、インターネットやデパートなどで売っていますので、そういう肌に優しい肌着を選びましょう。

スポンサーリンク

部屋の乾燥が気になる・・・おすすめの暖房は?

ただでさえ冬の大気は乾燥していて、肌が粉をふくほどなのに、暖房をつけると、部屋の中がさらに乾燥して、とても悩ませられます。

一番乾燥するのは、エアコンですが、どんな暖房機も乾燥は避けられません。

こたつも足がカピカピになりますし、オイルヒーターも部屋の気温が上がれば、乾燥します。

加湿器を使うのも良いですが、調整がなかなか難しいです。

お部屋の状態によっては結露してカビが生えてしまいますし、カビもアトピーには良くないので要注意です。

ものすごく原始的ではありますが、やはり着込むのが一番です。

私は、お気に入りのあったかい部屋着や、レンジでチンするジェルの湯たんぽなどを使って、なるべくエアコンは使わないようにしています。

でも、風邪をひいたら元も子もないので、無理は禁物です!

心が折れそう!でも頑張って!いや、そんなに頑張らなくていいよ・・・

アトピーと粉3

一年中乾燥した肌に対処しているのに、冬はさらに乾燥して、ついに肌は粉をふき始める・・・。頑張ってアトピーと闘っているのに、時にはさすがに心が折れそうになります。

医師や、周りの人たちは保湿や薬を頑張って塗りなさいとか、掻くのを我慢しなさいとか、いろいろ言って来られると思います。

でも、頑張ってないアトピーの人がいたら会いたい!

私もアトピーに悩まされて、周りの人にいろいろ言われて来ました。

肌に粉なんかふいていると、何か言われそうで嫌で嫌でたまりませんでした!でも、好きでアトピーになったわけじゃないし、仕方がなかったです。

人目を全く気にしないのは、他人に対する振る舞いとして、あまり良くはありません。

でも、アトピーに一番良くないのは過度のストレスだと思います。だから、あまり気に病まず、時々ケアはサボってしまいましょう!

まとめ

肌が粉をふいた時についてのまとめは、

  1. 冬は乾燥の季節!粉ふき肌のケアに注意。
  2. 粉ふき肌のケアに有効なのは、湯上がりと寝起きの保湿。
  3. 暖房は乾燥するので控えめに!部屋では暖かく着込もう。
  4. 粉ふき肌は仕方がない!ケアに疲れたらサボろう。

お肌が乾燥で粉ふき状態になると、テンションも下がってゆううつですが、ある程度はケアできるものでもあります。

乾燥する冬の季節は、粉ふき肌の対処で大変になりますが、あまり神経質にならずに、風邪なども引かぬよう暖かくしてケアしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA