アトピーの症状

アトピーで粉は最悪!!ここでの対処の違いで悪化!?完治!?

アトピーと粉1

アトピーの症状の1つ、肌から粉が吹く状態があります。

皮膚が剥け落ち、粉のようになり、衣類や髪の毛に付き目立ちますね。

比較的軽度なアトピーでも重度なアトピーでも、アトピーにより白い粉が吹くことがあります。

これ悪化の症状だと思っていると損します。

アトピーによる粉は、もうすぐアトピーが治る合図です。

正しくケアしアトピーを治しましょう。

重度のアトピーによる粉

重度のアトピーの場合、炎症がおさまり、治っていく過程で、浸出液が染み出てくるのですが、その下では新しい皮膚の再生が行われています。

浸出液への正しい対処法を行ってください。

新しい皮膚が出来あがってくると、古くなって要らなくなった皮膚が粉のように剥け落ちてきます。

見た目的な状態は、悪化してしまっているようなほど酷いでしょう。

しかし、ここで焦らずに正しいケアを行うことが大切です。

軽度のアトピーによる粉

軽度のアトピーの場合も粉のような皮膚が剥け落ちてきます。

皮膚や頭皮から、小さく細かい皮膚が粉のようになり、フケのように見える事もあります。

軽度の場合は、新しい皮膚が再生され、古い皮膚が剥け落ちてきているというよりも、肌のバリア機能が正常に働いていないことで、乾燥が酷く、皮膚がガサガサと剥け落ちてしまっていることが多いのです。

また、頭皮から「フケ」のように白い粉が落ちてきている場合、アトピーの場合もありますが、脂漏性皮膚炎の可能性も捨てきれません。

アトピーによるものなのか、脂漏性皮膚炎によるものなのかでは、治療方法が異なります。

脂漏性皮膚炎が疑われる場合は、皮膚科に受診し、正しい診断をうけ、正しい治療を行いましょう。

アトピーによる粉へ、正しいケア方法は?

ではアトピーにより皮膚が粉のように剥け落ちてきている際、アトピー完治の為の正しいケア方法をご紹介します。

重度のアトピーの場合でも、軽度のアトピーの場合でも、粉になり剥け落ちてきている皮膚を無理に剥がしたり、掻き毟り剥がしてしまうという行為は、悪化の原因となり、完治から遠ざかってしまいます。

剥がしたり掻いたりはNGです。

保湿ケアでバリア機能の回復を

重度な場合は、剥がれてきた下の皮膚の肌のバリア機能を早く高め、強い肌を作り、アトピーに再度見舞われない状態を作る事が大切です。

軽度な場合は、肌のバリア機能が正常に機能せず、乾燥により皮膚が粉のように剥がれて来てしまっているため、保湿により乾燥を改善し、肌のバリア機能を高め、正常な肌を取り戻す必要があります。

そのため、粉のように皮膚が剥け落ちてきたら、重度の場合も、軽度な場合も、保湿ケアを入念にする事が大切です

毎日、正しく選んだ保湿剤を使用し、正しい保湿ケアを続けましょう。

ちなみに、重度のアトピーの場合、患部がジュクジュクしている部分を乾燥させるために、亜鉛華軟膏を使用している場合があります。

しかし、皮膚が粉のように「皮むけ」してきたら、亜鉛華軟膏を使用するのは辞めたほうが良いため、医師に使用の中断を相談しましょう。

頭皮の粉へのケアは?

頭皮の場合は、洗浄力の高いシャンプーを使用していると、乾燥が促され、粉のような皮膚のむけ落ちが止まりません。

アトピーの頭皮に使用できるシャンプーを正しく選び、正しく洗髪し、乾燥を防ぎましょう。

頭皮への保湿も大切です。

シャンプー」にも保湿成分が配合されているものを使用し、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージしながら保湿してから洗うことで、洗髪後の乾燥を防いでくれます。

洗髪後に頭皮に保湿剤を塗る方法もありますが、髪が長くてベタベタしてしまうなどという場合は、洗髪前のオイルでの保湿と、ドライヤーのかけかたを工夫し、乾燥を防ぎましょう。

アトピー・粉を悪化させないために気を付ける事

アトピーによる粉を悪化させないために、保湿ケアも大切ですが、皮膚や頭皮を乾燥させないために日々気を付けるべきこともあります。

  • 室内の湿度(50%から60%を保つ)
  • エアコンによる湿度の低下に注意
  • 入浴時の湯温度(38度以上のお湯で乾燥に)
  • 入浴時間(15分以上の入浴で乾燥)
  • インナー(ヒートテックなどは肌の水分を奪う)

保湿ケアで乾燥を補うだけではなく、乾燥を促してしまう事を避けるという事も大切ですね。

まとめ

  • 粉が吹いたら新しい皮膚が出来あがってきている証拠
  • 粉のように皮膚が剥けてきていても、掻いたり無理に剥がしたりしないこと
  • 粉が落ちるようになったら、保湿ケアを入念に行い、肌のバリア機能を正常に
  • 頭皮も乾燥させない、保湿ケアが必要

アトピーにより、粉が吹いているときは、保湿ケアを入念に行い、乾燥を防ぎ、バリア機能を正常に機能させることが大切ですね。

無理に剥がしたりせず、完治まであともうひと踏ん張りです。