アトピーの症状

アトピーで痒い!眠れない!今すぐ痒みをなんとかする方法!!

アトピーと痒いと眠れない1

アトピーにとって夜は苦痛な時間ですね。

酷く痒いせいでなかなか眠れない状態が続き、結局痒いまま眠れずに朝を迎えてしまうという事すらあります。

なぜ夜になると眠れなくなるほどの痒みに襲われてしまうのでしょうか。

眠れないという事は、アトピーの完治を遅らせる原因にもなり、十分な睡眠をとることは大切です。

根本的に夜に痒くならない為の改善方法と、痒い状態をとりあえず今すぐになんとかしたいというときの2つの方法をご紹介します。

夜に痒いのには原因があった!!

夜に痒くて眠れない状態になるのには、しっかりとした原因や理由があるのです。

  • 精神的な面・・・日中は何かに集中しなければならなかったり、適度な緊張状態に置かれているため、交感神経が働いていたり、意識が痒いではなく、他の部分に向くため、痒みと向き合わずに過ごすことが出来ています。一方で、夕方や寝る前は特に、自分一人で痒いという感覚と向き合わなければいけなくなり、交感神経から副交感神経に変わる落差で痒みが酷く起こったり、必然的に痒いという感覚ばかりを感じてしまい、酷く痒いと感じるのです。

 

  • 天然ステロイドの減少・・・天然のステロイドとも呼ばれる、副腎皮質ホルモンというものが、夕方になるにつれて、日内変動が起こり、天然のステロイドの分泌量が減少します。

するとかゆみが抑えられなくなり、酷い痒みに襲われます。

  • 血管の拡張・・・就寝時、手足の甲の血管が拡張するため、痒みが増幅します。

 

  • 乾燥・・・就寝する部屋の湿度が低かったり、入浴後の保湿ケアが十分になされていないことで、乾燥が酷くなり、痒いと感じます。

 

  • ダニやほこりの影響・・・ダニやほこり、ハウスダストなどのアレルゲンが、空気中や布団に存在し、その影響を受け、痒みが増します。

眠れない痒いはアトピー悪化の原因に

痒くなってしまうのには理由があるのですが、どうにか改善していかなければいけません。

というのも、痒いため眠れないという状態が続くと、睡眠の質は低下します。

十分な睡眠をとることが出来ていないと、免疫力は低下し、アトピーの症状が悪化します。

するとアトピーの悪化→痒い→睡眠不足→免疫力の低下→アトピー悪化→更に痒い→睡眠不足・・・・と最悪の連鎖に陥ってしまいます。

そこで、痒みをどうにかし、質の良い十分な睡眠をとることがアトピー改善のために必要なのです。

根本的に眠れる状態を作る方法

ではまず、日々続けていくことで、痒みに負けずに眠れる状態を作り、アトピーを改善していく方法をご紹介します。

睡眠リズムを整える

睡眠のリズムを整えることで、眠りにつきやすくなったり、質の高い睡眠をとることが出来るようになります。

睡眠のリズムを整えるためには、まず、起きる時間と眠る時間を自分でしっかりと決めましょう。

朝に起きたら、日光の光を十分に浴びます。

すると夜になるに連れ、眠れる状態となり、スムーズに眠りにつくことが出来るようになります。

眠る前は、眠れないと思ったら、一度布団から出て、リラックスしてから布団に入ります。

布団の中で眠れないと過ごしていると、そこで眠れない時間を過ごすことが癖になってしまいます。

また、就寝前3時間程度前までに食事を済ませ、入浴を済ませ、くつろげる状態の衣類に着替え、ゆっくりとした時間を過ごしましょう。

寝る前1時間くらいは、スマホやパソコンなどの使用を辞め、薄暗くした部屋で本を読んだり、静かでゆったりとした音楽を聴いたり、アロマを焚いたりとリラックスした時間を過ごします。

このおかげでスムーズな眠気を誘い入眠することができ、更に睡眠の質も高く、アトピーの改善に効果的な睡眠をとることが出来ます。

乳酸菌の摂取

免疫と深い関係性のあるヘルパーT細胞というものがあり、Th1とTh2があります。

Th2活発になると痒いと感じてしまいます。

この2つがバランスを取れていると酷く患部がかゆくなるという事がない為、Th1を活性化させ、Th2を抑制する必要があるのです。

そこで乳酸菌を摂取することで、Th2が活発に活動し、痒みを抑えてくれます。

乳酸菌を摂取し、意図的にTh2を活性化させましょう。

摂取すべきアトピーに有効な乳酸菌は植物性ラクトバチルス乳酸菌です。

自律神経の乱れを改善する

日中の交感神経と、夕方からの副交感神経の差が激しいと、強い痒みを感じるようになります。

交感神経と副交感神経のバランスを整えることで、日中の夜の自律神経の差がさほどなくなり、ひどい痒みを感じにくくなります。

自律神経を整えるために、

  • 姿勢を正す
  • 深呼吸を心がける
  • 心から笑う
  • ストレスを溜めない
  • 疲れをためない
  • 頑張りすぎない

という事が大切です。

寝室・布団を清潔に

アトピーと痒いと眠れない2

寝室に行くと、「布団」に入ると痒い!眠れないという場合は、寝室や布団に問題がある場合もあります。

寝室に空気清浄器を付け、アレルゲンとなるものの除去や、布団によるダニなどの影響を無くすことで、痒みが収まり眠ることが出来るようになる場合もあります。

清潔にしてみましょう。

痒い!眠れない!一時的になんとかする方法

兎に角痒いせいで眠れないという状況を、早急になんとかするための方法です。

患部を冷やす

体が温まると、「痒い」と感じやすくなります。

患部を冷やすことで、かゆみを抑えることが出来ます。

患部の冷やし過ぎはアトピーの悪化の原因となってしまいますが、患部を一時的に冷やすことで痒みを落ち着かせ、眠ることが出来ます。

患部の冷やし過ぎは悪影響となるため、保冷剤ではなく濡らしたタオルで冷やすと良いです。

抗アレルギー薬の活用

抗アレルギー薬を使用することで、痒みを抑えることが出来ます。

抗アレルギー薬は市販のものは鼻炎にしか効かないため、医師に相談し処方してもらいましょう。

漢方の力を借りる

漢方」の力を借りてかゆみを鎮めたり、どうしても眠れないことが支障となるという場合などは、スムーズな睡眠を促す効果のある漢方を活用するのもおすすめです。

眠りにつくための漢方が習慣になってしまう事は良くありませんが、眠れない日々が続いていたり、眠れないと翌日の体調に支障が出るなどと言うときに活用すると良いですね。

室内の温度を下げ、湿度はあげる

室内の温度が温かいと、体が温まるため痒みが酷くなってしまいます。

室内の温度は適温から少し涼しいくらいにしましょう。

また、乾燥による痒みも防ぐために、室内の湿度は50%から60%を保ちます。

入浴はぬるめの温度で

入浴時に熱い温度のお湯を浴びてしますと、体温が上昇し、入浴中から痒みが酷くなり、就寝時も酷く痒いため眠れないという状態となります。

また、高い温度での入浴は乾燥の原因にもなるため、ぬるめのお湯で入浴しましょう。

スキンケアをしっかりと

就寝前のスキンケアも入念に行いましょう。

乾燥がかゆみを引き起こしてしまうため、十分に保湿を行うことで、痒みを防ぐことが出来ます。

長時間肌がかさつかないほどの潤いを肌に与えてくれる保湿剤を選び、使用するのも大切です。

アトピーが痒いせいで眠れない時でも掻くはNG!!

アトピーが痒いせいで眠れないという場合でも、絶対に掻くのだけは辞めてください。

掻いても痒みから解放されることはなく、掻いて→更に強い痒みが襲ってくる→掻く→更に強い痒み・・・という連鎖に見舞われ、結局眠れないのに皮膚が傷ついてしまい、アトピーが悪化していくだけです。

また、患部をまとめた爪楊枝でポンポン叩くというかゆみを抑える方法も、爪と同じく傷つけてしまう原因となるので避けたほうが良いです。

まとめ

  • アトピーが夜に痒いのには理由がある
  • 痒いせいで眠れない状態は免疫力を低下させ、アトピー悪化の原因となる
  • アトピーが痒くならない状態を作るためには、睡眠のリズムを整える・乳酸菌を摂取・自律神経のバランスを整える
  • 即効で痒みをなんとかしたい時は、冷やす、抗アレルギー薬の使用、漢方の使用、室温を下げる、湿度を上げる、入浴はぬるまゆ、保湿ケアが有効

アトピーにとって、夜の痒い!眠れないは本当に苦痛ですし、アトピーにとっても悪影響となるということで、なんとか痒いを抑制し、質の高い睡眠をとりましょう。

痒みを抑え質の高い睡眠をとることが出来れば勝ちです。

質の高い睡眠の効果でアトピーの改善になり、日々のアトピーによる苦痛や支障からもおさらばです。

十分な睡眠をとり、痒いアトピーを改善しましょう。