アトピー悪化の原因は牛乳?牛乳以外でカルシウムを摂取しよう!

牛乳

アトピーにとって悪化の原因となっている食べ物の1つ牛乳が挙げられます。

牛乳は健康に良いと言われている飲み物なのにも関わらず、アトピーにとっては、悪化の原因となってしまうことがあるのですね。

しかし、ここでただただ牛乳の摂取を辞めるだけではいけません。

牛乳に豊富に含まれているカルシウムは、アトピーの改善に有効な栄養素なのです。

そこで今回は牛乳がもたらすアトピーへの悪影響と、アトピーを改善するために摂取すべきカルシウムを牛乳以外で十分に摂取する方法をご紹介していきます。

アトピー悪化の原因は牛乳だった?

アトピーの悪化の原因の一つとして挙げられる食べ物が牛乳です。

なぜ健康に良いとされている牛乳がアトピーの悪化に繋がってしまうのでしょうか。

牛乳に豊富なタンパク質

牛乳には豊富な動物性たんぱく質が含まれています。

このタンパク質が、アトピー悪化の原因となっています。

牛乳を摂取し、タンパク質が体内に侵入すると、タンパク質はアミノ酸という状態に分解されたのち、再度タンパク質に合成されます。

しかし、タンパク質が大量に体内に摂取されると、タンパク質をアミノ酸へと分解しきれず、吸収されてしまいます

すると体内の免疫細胞は、アミノ酸に変換されていないタンパク質を異物と認識してしまい、攻撃が始まります。

その免疫反応により、アトピーの「炎症」が起こってしまうのです。

アレルギー反応による悪化

牛乳に含まれているタンパク質はアレルギーを引き起こす可能性のある栄養素です。

牛乳のタンパク質に対し、アレルギー反応が起こっていることで、アトピーが悪化してしまっていることも考えられます。

乳糖による影響

牛乳には乳糖が豊富です。

しかし、アジア圏の人々は、乳糖を消化することが出来ない乳糖不耐症の方が多く、摂取した乳糖を上手く消化吸収することが出来ないのです。

上手く乳糖が吸収できないと、乳糖は腸管に溜まり、腸内の壁に浸透圧がかかり、水分が湧き出てしまいお腹を壊します。

腸内の環境も悪くなり、「腸内環境」が悪いと、免疫機能のバランスも失い、免疫反応が過剰となり、アトピーの炎症も起こりやすく悪化しやすくなってしまいます。

子供の場合

子供の場合、保育園や小学校、中学校などで、一人一本配られ、飲まなければいけない牛乳に対し、心理的な問題で、牛乳がストレスとなり、アトピーが悪化してしまっている事もあります。

アトピーで悩んでいるという事や、牛乳が原因となることなどを話、毎日の牛乳の摂取にあたり、相談してみると良いですね。

牛乳に含まれるカルシウムはアトピーに効果的?!

牛乳によるアトピーへの悪影響が挙げられますが、牛乳に含まれているカルシウムには、アトピーに良い効果をもたらしてくれるのです。

  • 体の筋肉の収縮や緩みを抑制
  • モルモン分泌の調整、酵素の働きを促す
  • 免疫のバランスを整える
  • 出血した際の血液を固める

等と言う働きにより、アトピーにも良い効果を発揮してくれるのです。

人間にとってかなり重要な栄養素となります。

カルシウムにも種類があり、体に良い影響を与えるものと、悪影響を及ぼすものがありますが、アトピーに効果的で牛乳と同じカルシウムが豊富に含まれている食材は、小魚や海藻類です。

食事の中で小魚や海藻類を積極的に取り入れましょう。

まとめ

アトピーの完治のためには、積極的に牛乳を摂取する必要はなく、むしろかなり控えめに摂取すべきものとして扱う事をおすすめします。

もし、毎日飲まなければいけない状況下にあるという場合は、相談し牛乳の摂取を控えられるようにしましょう。

しかし、牛乳に含まれているカルシウムはアトピー改善のために必要な栄養素です。

カルシウムは牛乳からではなく、小魚や海藻類から摂取すると良いですね。

また、サプリメントでも、海藻類や貝殻などかた抽出されたカルシウムが摂取できるも音があるので、取り入れ、食事では摂取できない部分を補いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA