アトピー

アトピーでガサガサ粉吹き(泣)劇的に改善した私の簡単な4つの方法

足を痒がる女性

私はアトピーに悩んでいたころ、もちろん痒みにもかなり辛い思いをさせられましたが、私がもう一つ嫌だったことといえば、粉吹き肌です。

体もガサガサしていて、顔までもがカサカサするのです。

体のガサガサは服で隠すことが出来ますが、顔のガサガサ感はどうしても隠すことが出来ません。

ガサガサする見た目だけではなく、皮膚がつっぱる感覚も痛くてとても嫌でした。

皮膚科に受診し、ガサガサ肌が気になるという事を伝えたところ、「いつも以上に十分な保湿をしてください。」と言われるばかり・・・。

肌のために保湿はしっかりとしているのです。それでもガサガサしてきてしまいます。

一体どうしたらアトピーのガサガサを改善することが出来るのでしょうか。

アトピーで肌がガサガサする原因は?

なぜ?

肌がガサガサしている原因はやはり乾燥です。

粉がふくように見えているものは、乾燥が原因で肌の角質が異常に剥がれ落ちてしまうことで起きています。

肌の代謝異常が起きてしまい、肌細胞は機能低下が起こり、新しく健康的で強い角質が作られない為、肌の表面はどんどん固くなってしまい、角質には亀裂が入り、角質がむけ落ちてきてしまうのです。

要は、校庭を思い浮かべてみてください。全く雨が降らずに数日間経つと、土が乾燥しすぎて土の表面には亀裂が入りますよね。

それと同じく、皮膚が乾燥しすぎて亀裂が入り、ぽろぽろと落ちてきてしまっているのです。

また、特にアトピーのように肌の水分がかなり足りておらず、肌の内部、深層まで乾燥してしまっていると、粉吹き肌もより酷くなってしまいます。

アトピーでガサガサ粉吹き・・・改善方法とは?

アトピーでガサガサと粉吹き肌が起こってしまっているときは、保湿はとても大切です。しかし、そのほかにも改善するためには行うべき改善方法があります。

洗顔を見直す

まずは顔のガサガサについては、洗顔を見直してみてください

洗浄力の強いメイクも洗顔と共に落とせるというクレンジング洗顔料は、肌の必要な潤いまでも取っていってしまいます。

また、強く擦るのはやめましょう。肌への大きな刺激、負担となり、ガサガサ肌は悪化します。

洗顔によって肌に必要である脂分までも取り払うと、肌の水分はどんどん蒸発してしまい、それに伴い、肌のバリア機能も低下していき乾燥もしますし、アトピーも悪化してしまいます。

乾燥が酷い時期は特に、洗顔料を使わずに洗顔を行いましょう。ぬるま湯で優しく洗うだけで汚れは十分落ちます

それでもメイクを落とさなければいけない、皮脂が気になってしょうがないという場合は、低刺激の洗顔料を使用し、たっぷりの泡で手と顔が擦れ合わないように優しく洗いましょう。

洗顔料の洗い残しにも気を付けて下さいね。

お湯の温度を調節

アトピーによるガサガサ肌を改善するためには、入浴時のお湯の温度にも気を付けましょう。

アトピーの場合、もともと乾燥しているのにも関わらず、熱いお湯で洗ってしまうと、肌はより乾燥しやすい状態となってしまいます。

お湯から上がった瞬間、一気に酷い乾燥に襲われてしまいますよ・・・。

お湯の温度は38℃から40度程度にしましょう。

触れない事

アトピーによるガサガサ肌に悩んでいると、つい患部に触れがちになってしまったり、剥けそうで剥けない皮膚が気になり、剥いてしまうこともありますよね。

しかし、ガサガサしている部分に触れることで、手についている沢山の菌が肌に付着してしまい、炎症の原因となったり、手で触れたことで角質にキズが付き、より炎症もガサガサ下粉吹き肌も悪化させてしまうことになります。

気になると思いますが、肌に極力触れないように心がけてください

保湿剤の選び方

保湿剤の選び方もとても大切です。

現在使用している保湿剤は肌の深層まで潤いを与えられていますか?

肌の表面だけに潤いを与えたところで全く意味が無く、すぐに肌は乾燥してしまいます。

しかし、肌の深層まで潤いを与え閉じ込めることが出来たらどうでしょう。

しばらく亀裂が入るほど乾燥することは無くなりますよね。

しかし市販の保湿剤のほとんどのものは、ワセリンなどの油分を配合することで、肌の表面に蓋をして偽の潤いを作りだしているだけなのです。

肌の深層にまで潤いを与えてくれる保湿剤を選びましょう

私が選んだ保湿剤

バリア機能

私が使用していた保湿剤は、やはり表面だけにベタベタ感を与え、数時間経てば乾燥する、というか塗った部分を拭き取れば、すぐにガサガサ粉吹き肌に戻ってしまうような保湿剤でした。

そこで何か良い保湿剤は無いのかと調べてみたところ、肌の深層まで潤いを与えながら、肌自身が水分を保持し、潤いを長時間保つことが出来る肌を作れる保湿剤を見つけたのです。

更に肌に余計な肌への刺激となる成分が一切含まれていませんでした。

それが【アトピスマイル クリーム】 です。アトピスマイルクリームのようにアトピー肌にも問題なく使用でき、保湿も十分に出来る保湿剤は私は一生懸命探しましたが、他にありませんでした。

まとめ

前向き

私はアトピスマイルクリームを使用してから、肌のガサガサとした粉吹き感は日を重ねる毎に無くなっていきました。

塗れば塗るほど肌が潤う時間が長くなっていったというか、肌が生まれ変わったように健康的差を取り戻していきました。

更に乾燥だけではなく、アトピーによる炎症で赤みがかっていた肌も赤みが徐々に落ち着いていきました。

もちろん顔や体の洗い方や極力触れないという事も大切ですが、やはり最終的には肌に直接与えるものは適切なものを選ぶべきだなと思いました。

現在は肌のガサガサ感もありませんし、アトピーの症状すらも起きなくなっていました。

私はアトピスマイルクリームのおかげでメイクも楽しめる、どんな服も着られる肌を手に入れることが出来たなと思います。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら