アトピーの原因

アトピーだから汗はダメ!?知っておきたいアトピーと汗の意外な関係性

アトピーのかゆみや炎症の原因になるから汗はかかないようにしようと思っていませんか?

実はアトピーの人は汗が元々かきにくく、それがアトピーの原因になることがあるのです。

また、汗をかかないように気を付けることで、アトピーの症状を悪化させてしまっている事もあります。

アトピーにとって、汗はかかないほうがよいものではなく、汗をかいてしっかりと処理するという事が正しい方法だったのです。

アトピーと汗の関係性や効果、汗を正しくかく方法、汗をかいた時に注意すべき処理についてをご紹介していきます。汗を有効活用することで、アトピーの改善につながるのですよ。

汗をかかないとアトピーは悪化する

汗をかいた時にアトピーの症状が酷くなり、かゆみを感じた、炎症部分が沁みて痛かったという経験、アトピーにとって汗は悪いものだという面だけを見た情報などにより、アトピーのために汗をかかないようにしている人って本当に多いです。

しかし、実は汗は良いものだという面もしっかりと知ると、実は悪者ではなく、むしろアトピー改善の手助けをしてくれるものだったのです。

汗は人間の体に必要だから兼ね備えられ、恩恵を受けるものです。

それなのに汗をかかないようにするという事は、人間に必要な器官を使用せず、必要である理由となる有効性を得られていないという事になります。

汗をかかないと肌のバリア機能は低下する

アトピーの症状に悩む人の肌は、肌の機能が低下した状態です。

肌の角質層に必要な水分が足りず、角質層が機能せず、外部刺激から肌を守るためのバリア機能正常に機能せず、刺激を受けてしまいます。

また、肌の水分の蒸発を防ぐ役割も担う角質層が正常に機能していないため、いくら肌に水分を与えても、効果を得られません。

更に肌の潤いを保つために必要な「セラミド」もアトピーの場合不足しています。

これらの状態は、汗をかかない事により、引き起こってしまっているのです。

アトピーは健康な肌に比べ発汗量が少ない

アトピーの肌と健康的な肌を比べると、アトピーの方が圧倒的に発汗量が少ないという事が研究で判明しています。

また、アトピー肌でもアトピーの症状が出ている部分の発汗量はすくなく、症状が起きていない部分のほうが発汗量が多いという事も判明しているのです。

汗をかかないことで熱がこもり悪化

汗には発汗する事により、体内の温度が上昇した時に熱が放出され、体内に溜まった熱を逃がすことが出来ます。

しかし、アトピーの場合は、汗をかきにくいため、体内の熱を放出することが出来ず、体温が高くなり、炎症が悪化し、かゆみも増してしまうのです。

肌の乾燥も汗をかけないせい

汗をかかない生活を続けていると、より汗腺は衰退し、汗をかくことが出来なくなってしまいます。

すると熱は体内にこもり、どんどん肌の水分が蒸発し、肌が乾燥してしまいます。

乾燥した肌はバリア機能が機能せず、炎症は更なる悪化を迎えます。

汗をかいていると思っていても・・・

腋汗がひどい、額に汗をかきやすいなどなど、汗をよくかいてしまうと思っている場合も要注意です。

汗には代償性というものがあり、汗をかくことが出来ない部分の代わりに、ある一点から蓄えを放出しようとし、汗をよくかいているように感じるのですが、実はしっかりと汗をかくことが出来ていないのです。

また、普段汗をかかない部分に汗が付着すると、乾燥が酷い部分であるため、汗が付着すると刺激をうけやすく、炎症が起こってしまう事もあります。

アトピー改善のためには汗をかくことは大切!

汗の成分の中には、もちろん肌に刺激を与えてしまう物質も含まれています。

そのため、汗をかくことで、かゆみが増したり炎症が酷くなってしまうことがあるのです。

汗をかかない生活をしていると、より肌に刺激を与える成分が多く含まれた汗をかきやすくなります。

一方で日頃から汗をかくことが出来ていると、汗に肌い良い影響を与えてくれるようになるのです。

体温の上昇を放出しかゆみの発生を抑える、角質層に水分を補充、肌のバリア機能が高まります。

また、汗には刺激を与える物質が含まれている反面で、肌に良い影響を与えてくれる物質も含まれています。

抗菌ペプチドという物質が含まれており、それにより皮膚にある善玉菌を守ってくれるのです。

すると善玉菌が有害な病原菌の侵入を防いでくれるようになり、肌を菌から守り刺激を受けない肌へと改善され、アトピーも改善されるのです。

汗には、

  • 皮膚の水分保持し、肌のバリア機能を高める
  • 体温の調節
  • 抗菌成分で善玉菌に守られた強い肌へ

というアトピー改善のために必要なものなのです。

汗をうまくかけない原因は?

ではなぜ汗を上手くかくことができないのでしょうか。

自ら汗をかかないようにしているという以外にも原因があるのです。

  • 自律神経の異常
  • 汗腺の異常

肌のバリア機能が正常に機能していないと、炎症が起きている部分の汗管が詰まってしまうこと衣より、汗をかくことが出来なくなってしまうことがあります。

また、自律神経は汗の分泌のコントロールを担う場所であり、自律神経が乱れていると、汗をかくコントロールが出来ず、うまく発汗できません。

アトピーの原因として、自律神経系の異常が挙げられる事が多く、自律神経の異常により汗をかくことが出来ない人はアトピーが非常に多いです。

汗をかいてアトピーを改善するためには?

では汗をしっかりとかき、アトピーを改善するためには、どのような事に気を付け、どのような方法で汗をかくとよいのかという事についてです。

快適すぎる生活は避けるべき

夏の暑い時期には汗を良くかき、汗腺は発達し、体自らが熱を放出し、体温を下げ、快適に生活するという事が出来るはずなのです。

しかし、現代の生活の中で、暑い時にわざわざ汗をかいて熱を放出せずとも、エアコン1つで涼しくなり、体温を下げ快適に過ごすことが出来てしまいます。

ものすごく快適ではあるものの、汗をかくことが出来なくなり、汗腺は衰退し、汗をかくことが出来なくなってしまいます。

また、入浴の際も、湯船を必ず溜めて入浴せずとも、シャワーをひねればお湯がでて、入浴することが出来るという快適な環境も、汗をかく機会をなくし、汗腺の衰退に繋がっています。

快適で便利な暮らしですが、汗をかくという面からみると、快適すぎる生活は汗をかけない体にまっしぐらです。

汗をかくことを目指すためには、快適すぎる生活を謳歌しすぎないことが必要です。

入浴・運動で汗をかく

汗をかかない生活を続けていると、汗腺は衰退し、汗をかくことが出来なくなってしまいます。

しかし、一方で、普段から入浴や運動により汗をかくことを習慣づけていると、汗腺は強化され、正常に汗をかくことが出来るようになるのです。

入浴や運動は生活の中に取り入れやすいことです。

軽い運動や入浴時に湯船を活用するなどという方法で、汗を積極的にかき、汗を正常に描けるようにしましょう。

入浴時は湯船をはり、短時間でよいので湯船に浸かり体を温め発汗させます。

運動はまずは散歩やジョギングで汗をかける状態を作り、徐々に運動量を増やし激しめにとレベルアップさせていくと良いです。

寝ている時の汗も有効なもの

寝ているときに汗をかいたという場合、アトピーにとって最悪だと感じるでしょう。

しかし、寝て居る間にかいた汗は、翌日の肌の水分量となり、日中の乾燥を防いでくれます。

また、寝ているときに汗をかくことで、肌がしっとりするため、就寝時の酷い痒みの軽減にも効果があります。

汗を怖がらずにかこう!正しい対処で刺激はうけない!!

汗をかいた後、45分間は皮膚に汗が留まり、保湿効果や抗菌効果を発揮してくれます。

しかし、長時間放置してしまうと、肌に刺激を与えたり、水分の蒸発により乾燥や体の冷えを招いてしまいます。

サラサラとした汗は放置してもそれほど悪影響を与えませんが、べたべたとした汗やテカるような汗は肌に悪影響をもたらしてしまいます。

汗をかいた後に汗の処理をすることで、肌に刺激を受けず、汗の恩恵だけを受けることができます。

また、せっかく汗をかくことができる正常な発汗状態に回復しても、汗を放置しあせもなどができてしまうと、汗をかきにくい状態へと後退してしまいます。

汗はかかないほうが良いのではなく、汗をかいて正しく処理するのが正しいのです。

汗をかいたら洗い流す

汗をかいたら洗い流しましょう。

シャワーをサッと浴び、水気を取ったら保湿ケアを行います。

汗をかいたら拭く

汗をかいても入浴できないという状態の場合は、拭き取りましょう。

清潔なタオルやガーゼでふきとり、保湿ケアを行います。

まとめ

  • 汗はアトピーに良い効果をもたらすもの
  • 汗をかかないとアトピー悪化の原因に
  • 汗は悪者ではなく協力者である顔を持つ
  • 汗をかかないは誤り、汗をかいて正しく処理するが正しい形

汗を悪者だとばかり思っていると、アトピーは確実に悪化してしまいます。

汗を放置すると悪者になってしまいますが、汗をかき正しく処理をすれば、アトピー改善のために効果的なのです。

発汗できる体つくり、汗を積極的にかき、アトピーを改善しましょう。