アトピーのためのボディーソープ正しい選び方&正しい使用方法!おすすめ6選

アトピーとボディーソープ

アトピーの悪化の原因が毎日使用しているボディーソープに潜んでいることが考えられます。

体を清潔にすることは大切ですが、ボディーソープの選び方には注意が必要です。

避けるべきボディーソープや悪化させないための正しい使用方法、オススメのボディーソープをご紹介します。

アトピーが避けるべきボディーソープ

アトピーが悪化してしまう原因となるボディーソープには避けなければならない成分があります。

刺激となる成分を避け、低刺激なボディーソープを選びましょう。

界面活性剤に注意

ボディーソープには、界面活性剤というものが配合されています。

油分と水分を合わせるための成分で、汚れを落とすための役割を果たしたり、ボディーソープの泡立ちにも関係します。

界面活性剤は大きく2つに分けると、合成界面活性剤天然界面活性剤があります。

合成界面活性剤

合成界面活性剤は、石油やアルコール物質から作れらているもので、肌に刺激を与えてしまう成分です。

刺激を与えるだけではなく、合成界面活性剤の洗浄力は高く、肌の潤いを保つために必要な皮脂までもを洗い流してしまい、肌を乾燥させバリア機能を破壊、アトピーの症状を悪化させてしまいます。

天然界面活性剤

一方天然界面活性剤は、牛乳などに含まれているカゼインという成分や、植物の茎から採取されるサポニン、大豆などに含まれているレシチンなどという成分で作られている成分です。

自然界の天然成分が使用され作られているものなので、肌に刺激を与えにくい優しい成分です。

しかし、注意すべき界面活性剤が1つあります。

天然系合成界面活性剤です。

一見天然合成界面活性剤かと思ってしまいますが、肌に優しい天然界面活性剤とは全く異なります。

天然由来成分を使用され作られている界面活性剤なので、肌に優しく作られていますが、実際に肌に刺激を受けないかはなんとも言えない成分です。

合成界面活性剤、天然系合成界面活性剤は避け、天然界面活性剤が使用されているものや、界面活性剤不使用のものを選びましょう。

界面活性剤の表記

界面活性剤の表記は別の名前で表記されていることが多いので気を付けましょう。

  • 合成界面活性剤の表記

ラウリル硫酸・ラウレル硫酸・スルフォン酸Na・キシレンスルホン酸アンモニウム・アルキルエーテル硫酸ナトリウム・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩・トリエタノールアミンなどと表示されています。

  • 天然界面活性剤の表記

アシルグルタミン酸・ラウロイルメチルアラニンNaなどと表示されています。

その他注意すべき成分

ボディーソープに含まれていることが多く、肌に刺激を与えてしまう可能性が高く、避けるべき成分は以下のものです。

  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 防腐剤(パラベン)
  • エデト酸塩
  • 安息香酸
  • 鉱物油

これらの成分は避けましょう。

アトピーが選ぶべきボディーソープ

肌に刺激を与えない低刺激なボディーソープという条件がまず1つありましたが、もう一つの選ぶべき条件があります。

保湿効果のあるボディーソープです。

肌を洗うと、肌は急激に乾燥しやすくなってしまいます。

アトピーは元々乾燥がひどく、より乾燥してしまうと肌のバリア機能は皆無状態となり、アトピーは悪化します。

洗いながらも保湿効果を得て、乾燥を防ぎましょう。

保湿効果のある成分

  • セラミド
  • ホホバオイル
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン

などの保湿成分が含まれているものを選びましょう。

泡立ちの良いものを

アトピー肌を洗う際、手のひらと肌が擦れてしまうと、アトピーへの刺激や洗浄力を高めてしまい、アトピーの悪化に繋がります。

泡立ちが良く、手のひらと肌が強く擦れず、優しくなめらかにすべるように洗えるものを選びましょう。

アトピーにとって選ぶべきボディーソープは低刺激で保湿効果のあるものです。

低刺激なものを選ぶと、洗浄力が低く、しっかりと汚れを落とせないのでないかという心配をされることが多いのですが、洗浄力は心配なく、落とすべき汚れや余分な皮脂などはしっかりと洗い流してくれますよ。

アトピーには液体石鹸と固形石鹸どちらを選ぶべき?

アトピーに使用するボディーソープ、液体石鹸と固形石鹸、どちらの方が肌に刺激を与えず洗浄できるかという事についてです。

実は液体石鹸でも固形石鹸でもどちらを選んでも良いのです。

やはり選ぶ時に重視すべきところは成分なので、どちらのタイプでも刺激成分が含まれてず、保湿効果もあるボディーソープであれば、問題なく使用することが出来るのです。

しかし、固形石鹸には無添加なものが多く、アトピーに優しく使用できる低刺激なものが多いです。

液体石鹸はどうしても油分と水分を混ぜ合わせ無ければいけないため、界面活性剤が使用されていることがほとんどです。

一方で泡立ちが良いのはボディーソープのほうが多かったりと、結局はどちらでも成分、泡立ちに重視し選べばと良いというわけです。

アトピーにおすすめの液体石鹸3選

ではまずはアトピーに安心して使用できるおすすめの液体石鹸を3選ご紹介します。

第1位 ミノン 全身シャンプーしっとりタイプ

  • 植物系アミノ酸洗浄剤で肌に刺激を与えず洗浄してくれる
  • 肌の潤いは奪わず、汚れはしっかりと落とす
  • 洗う保湿ケアが出来るというほど保湿効果にこだわられている
  • 肌荒れ防止成分であるアラントイン、グリチルリチン酸アンモニウム配合
  • 肌だけではなく、頭皮や髪もこれで洗える

第2位 キュレル ボディウォッシュ

  • 保湿成分セラミド配合
  • 低刺激
  • きめ細やかな泡、泡立ちが良い
  • 保湿効果及び消炎作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム配合
  • 保湿効果はあるが、洗った後のヌルヌル感が無くさっぱりしている

第3位 ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ

  • 天然セラミド配合で高保湿
  • 3つの植物エキスで肌に潤いを
  • 泡立ちが良く泡がきめ細やか
  • 低刺激

アトピーにおすすめの固形石鹸3選

続いて、アトピーでも安心して使用できる固形石鹸を3選ご紹介します。

第1位 アレッポの石鹸

  • 完全無添加固形石鹸
  • 原料はオリーブオイルとローレル
  • 防腐剤や着色料等の添加物も一切不使用
  • 肌の潤いを保った状態で汚れを落としてくれる
  • 体だけではなく洗顔、洗髪、メイク落としとしても使用可能

第2位 アブドゥールの石けん

  • 完全無添加固形石鹸
  • 人の肌に刺激を与える成分一切不使用
  • シリア政府から唯一の最高品質と承認済み
  • 泡は柔らかくさっぱりとした泡切れ
  • オリーブオイルの効果により洗い上がりしっとり
  • 大きくコスパも良い

第3位 まるごと椿石鹸(のんのん)

  • 無添加
  • 椿だけを使用
  • 椿油の効果により天然洗浄作用、天然保湿作用あり
  • 色や香りも良いが天然成分である為、使い心地よく肌にも優しい
  • かたしの実配合で除菌作用もあり
  • 洗い上がりしっとり

アトピーに刺激を与えず洗う正しい使用方法

では最後にアトピー肌に刺激を与えずにボディーソープを使用するための、正しい使用方法をご紹介します。

ただただ肌に優しい成分、保湿成分のあるボディーソープを選ぶだけでは不十分です。

正しく使用しましょう。

ネットで泡立ててから使用

ボディーソープはネットでしっかりと泡立ててから使用しましょう。

泡立てずに使用してしまうと、肌に摩擦が及び、刺激となったり、潤いを保つための皮脂までもを洗い流してしまう原因となります。

泡立てネットを活用し濃密で弾力のあるしっかりとした泡を作ってから洗いましょう。

ネットでそのまま洗ったり、タオルで洗うと刺激となります。手のひらで洗いましょう。

ぬるま湯で洗う

体を洗うときはぬるま湯で洗いましょう。

せっかく肌の必要な潤いを奪わずに、保湿効果のあるボディーソープを使用しても、熱いお湯で洗うことで、必要な皮脂までもを洗い流し、肌を急激に乾燥させてしまいます。

湯温度は38度程度のぬるく感じる程度のお湯で洗いましょう。

かゆみの酷い時はボディーソープを使用するな

ボディーソープを毎日必ず使用しなければいけないという事はありません。

使用せずに洗ったら、アトピーが悪化してしまうという事もありません。

どちらかと言えば、かゆみが酷い時や炎症が酷い時にボディーソープを使用して洗ったほうが、かゆみの増幅や炎症の悪化に繋がります。

症状が酷い時は、無理せずボディーソープなしで、お湯のみで洗い流しましょう。

汚れはお湯で流すだけでも約8割は落ちるので心配いりません。

保湿効果があっても保湿ケアは忘れずに!

保湿効果のあるボディーソープを使用した後も、水気を柔らかいタオルで優しく抑えるようにとったら、保湿ケアを直ちに行いましょう。

体に付いた水気の蒸発と共に肌の水分が奪われたり、肌を洗うことで皮膚が柔らかくなり、水分が逃げやすい状態となっています。

保湿ケアをすぐに行い、水分が逃げないように守りましょう。

まとめ

  • アトピーに使用するボディーソープは低刺激で保湿効果のあるものを
  • 刺激となる成分は避け、保湿成分配合のものを選ぶ
  • 泡立ちの良いものを選ぶ
  • 液体タイプでも石鹸タイプでも成分に注意すればどちらでも良い
  • 肌の洗い方にも注意
  • 保湿ケアも忘れずに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA