アトピーこそ海へ行くべき!!海から得られる恩恵は想像以上ですよ。

綺麗な海

アトピーで悩んでいたのに海水浴を取り入れたら改善した。

海水浴を治療法として取り入れている医師がいる。

これにわかには信じられませんが本当なのです。

なぜアトピーの改善に海水浴が有効なのか、実際に海水浴でアトピーを改善する方法や注意点をご紹介していきます。

海水浴でアトピーが良くなるのはなぜ?

ではなぜ海水浴でアトピーが治るのかということについてご紹介していきます。

かゆみや炎症の抑制

海水には塩分が含まれていますよね。

その塩分が、細菌の増殖を食い止めてくれることで、かゆみや炎症が抑制されるのです。

アトピーの場合、正常な人の皮膚に比べ、常在菌の一種黄色ブドウ球菌という菌が多いのです。

その菌が湿疹や膿を作りだし、強い「かゆみ」や炎症をひきおこしているのです。

そこで海水浴による海水の塩分で黄色ブドウ球菌が減少、かゆみや炎症が抑えられます。

肌質の向上

海水にはミネラルが豊富です。

このミネラルは皮膚にとって若返りの効果をもたらす成分です。

海水浴により新鮮なミネラルが皮膚に補給されることで、細胞は活性化、肌の代謝がよくなり、健康的で綺麗な肌を手に入れられるのです。

保湿力・保温力のアップ

ミネラルが皮膚の細胞と結びつくと、皮膚の表面に膜ができ、保湿効果や保温効果を発揮します。

肌のバリア機能となり、外部からの刺激を守ったり、肌の潤いを逃がさないようにしてくれたりと、アトピーの症状が緩和し強い肌となります。

ストレス軽減

海水浴には「ストレス」解消効果があります。

綺麗な風景や楽しい時間、さざ波の音などがリラックス効果をもたらします。

アトピーとストレスには深い関わりがあり、ストレスを解消することはアトピーの改善にも繋がります。

海水浴でアトピーが治るのは約70%

海水浴によるアトピー改善の効果は確かです。

実際に海水浴でアトピーの改善が見られたという人は、アレルギークリニックの調査では70%の人が良くなったと回答しています。

しかし、10人に1人の割合で、海水浴によりアトピーが良くなかった、悪化したという回答もあります。

体質や肌質により海水浴が合わないタイプもいるという事はわかっていますが、海水浴の効果について、科学的には証明されていない部分があります。

そういった面で、皮膚科の医師から海水浴による治療を止められることもあるでしょう。

海水浴治療が合う人と合わない人がいるということ、海水浴治療を進める医師もいるが、海水浴を禁止する医師もいるという事は事実です。

海水浴による治療を行うにあたり注意点

綺麗な海水浴場

海水浴を行う際、逆にアトピーの悪化になってしまう事もあるので注意が必要です。

気を付けて正しく海水浴を行いましょう。

日差しが強い時間帯は避ける

日差しが強い時間帯の海水浴は避けましょう。

紫外線による影響を受け、アトピーが悪化してしまうことがあります。

また、海水浴場の紫外線は照り返しや周囲は開けていることで、より強い紫外線を浴びやすいので注意しましょう。

午前9時ころから、午後4時ころまでは紫外線が強い時間帯なので避けてください。

紫外線対策を行う

日差しが強い日はもちろん、日差しのない日でも紫外線は降り注いでいます。

紫外線によるアトピーの悪化を防ぐために、皮膚の露出を出来るだけ無くすか、「日焼け止め」を活用し、紫外線を予防してください。

日焼け止めの選び方にも注意し、アトピーを悪化させないようにしましょう。

アトピーの症状が酷い場合はNG

アトピーの症状が酷い時の海水浴は辞めましょう。

患部が膿んでいるときや傷口があるとき、湿疹が酷い時は避け、炎症がおさまっているときに行いましょう。

海水浴後はできるだけ早く清潔に

海水浴の後はできるだけ早く「シャワー」を浴びて肌を清潔にしましょう。

清潔にした後は保湿ケアも忘れずに。

日焼け止めもしっかりと落とし残しなく洗い流してください。

海水浴後は十分な休息を

海水浴後の体の疲れが原因となり、自律神経のバランスやホルモンバランスの乱れなどをお越し、本末転倒となってしまいます。

また多少なりとも肌に紫外線などの刺激もうけるので、十分な休息をとり、肌も体も休めましょう。

まとめ

海水浴によるアトピーの改善効果はありますが、場合によっては合わない可能性もあります。

また、アトピーを悪化させないためにも、正しく行うことが大切です。

ちなみに、塩分やミネラルの効果は自宅でも得ることができます。

塩水入浴」を行うことで、海水浴とほぼ同じ効果となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA