アトピー

アトピーが岩盤浴で軽減ってほんと?私の体験をお話しします!

アトピーと岩盤浴1

私の子供は3歳頃に湿疹ができ、その後も清潔にしても治ることなく、徐々に症状は酷くなっていきました。

皮膚科に受診すると予想もしていなかったアトピー性皮膚炎という診断に驚きを隠せませんでした。

アトピーになると一生苦しまなければいけない、劇薬のようなステロイドを使わなければいけないというイメージだったので、目の前が真っ暗になったような気分でした。

言葉を失ってしまっている私に、医師と看護師の方は、そんなに不安に思うことはない、薬をしっかりと塗って完治すればステロイドも必要なくなるしアトピーも治るというのです。

私は医師の言葉を信じ、きっとすぐに治ると思い、薬を塗ることにしました。

ステロイドを塗ると、これまで悪化する一方だった肌の炎症は落ち着き、以前の肌に戻りました。

もっともっと長期戦になると思っていたので、意外とあっさりと治り安心しました。

しかし、安心したのもつかの間、なんとアトピーの症状が再発したのです。

子供が遊んでいるときに肌を掻いていたので、もしやと思い、見てみるとやはり湿疹が出てきてしまっていました。

すぐにでも対処すれば悪化を免れ、すぐにまた治って元通りになると思い、すぐに皮膚科に受診、やはり同じ薬を処方されました。

すぐに治る、このくらいならまだ大丈夫だなんて思っていたのも最初の4、5回まで・・・。

さすがにこれは完治していないのでは?アトピーではないのでは?なんで治らないの!なんで何度も再発するの!そんな思いで医師に気持ちをぶつけてしまいました。

すると呆れた様子の医師はこう言うのです。

再発を繰り返し、慢性化するからアトピーなのです。人によっては一回きりで治る人もいるので初めてお会いした時に言った言葉は嘘ではありません。しかし、肌の状態によっては長い間再発を繰り返す患者さんもいます。」と・・・。

なんだかもう思考がストップしてしまったように力が抜け、うわの空で実家に向かい、実母にアトピーだということを相談しに行きました。

母親がしっかりしないと子供がますます不安になる。岩盤浴が良いみたいだから行ってみなさいとアドバイスを受け、私はすぐにでも岩盤浴へ行きアトピーを治してあげようと決意したのです。

岩盤浴はアトピーに効果あり?

アトピーと岩盤浴2

岩盤浴はアトピーに良いとは聞いたものの、本当に効果があるのか心配でした。

そこで岩盤浴とアトピーの関係を調べてみることにしました。

岩盤浴でアトピーが治る?治らない?タイプ別

岩盤浴でアトピーが治るか悪化するかはアトピーのタイプによって分れるということが分かりました。

岩盤浴をすることでアトピーが悪化してしまうタイプの人の特徴は、アトピーの炎症が酷い、肌の炎症で皮膚に熱を持っている、患部がジュクジュクしている、体が温まるとかゆみなどの症状が悪化する人です。

一方、岩盤浴をすることでアトピーが良くなるというタイプの人は、汗があまり出ず、肌が乾燥していることでアトピーの症状が出る、乾燥肌、アトピーの症状が比較的落ち着いている、ほぼ完治に近いという特徴があります。

我が子は薬のおかげもありますが、岩盤浴でアトピーが良くなるタイプに当てはまっていました。

そもそも岩盤浴でアトピーは治らない?!

アトピーと岩盤浴3

岩盤浴がアトピーに効果があるという中で、岩盤浴でアトピーが悪化するという情報もありました。

タイプも関係なく、誰でも悪化してしまうという内容です。

しかし、それにはある原因がありました。

正しく岩盤浴を活用しないと、アトピーが悪化してしまうということです。

岩盤浴を活用する際に気を付けなければいけないポイントがあったのです。

岩盤浴でかゆみが増加・・・

岩盤浴で体が温まると、血行が良くなるため、少なからずかゆみが発生してしまいます。

しかし、そのかゆみを我慢せず掻いてしまうとアトピーは悪化してしまいます。

そのかゆみさえ我慢して乗り越えれば、岩盤浴の効果も得られますし、かゆみも軽減します。

直後のかゆみは掻かずに堪えましょう。

汗の処理

岩盤浴では良く汗をかいてもその汗を乾いたタオルで拭くくらいで良いと説明されることが多いのです。

その汗が肌をコーティングし、しっとりとした肌になるからという理由です。

洗い流してしまうと乾燥を招いてしまいます。

しかし、アトピーの人は例外です。

アトピーの場合、岩盤浴に入る最大の理由は毒素の排出です。

汗をかき毒素を排出することで、アトピーが改善するというメカニズムなのです。

ということは体から排出された汗にはたくさんの毒素が含まれているということになります。

健康な肌の場合、サラッとした汗をかきますが、アトピーの場合はドロッとした毒素を含んだ汗をかきます。

その汗の処理をしっかりと行わなければ、アトピー悪化につながる刺激となるのです。

岩盤浴の後はお湯やぬるま湯で汗をしっかりと流し、乾燥を招かぬように汗では無く保湿クリームなどを活用して保湿してあげましょう。

岩盤浴でアトピーを治そう!

アトピーと岩盤浴4

私は直後のかゆみに我慢し、汗の処理を怠らなければ、アトピーは治るということを知り、我が子を岩盤浴へ連れていく事にしました。

ところが小さな子供は岩盤浴に入場規制があるところがあるので、岩盤浴が出来る施設科どうか確認してから訪れたほうが良いですよ。

小さな子供でも利用可能のところへ連れていったのですが、個室の岩盤浴はあまりにも高く1回5000円くらいしたので、他のお客さんもいるフロアで岩盤浴が出来る1回3000円ほどのところにしました。

しかし、相手は子供、初めての岩盤浴に怖がるということが無かったのは幸いで、泣きはしなかったのですが、逆にテンションがあがってしまい、うるさい・・・。

多くの人がリラックスしながら岩盤浴をしているところで、子供が話す声はかなり目立ち、静かに座らせていましたが、5分も経たずに限界で、岩盤浴を後にしました。

やはり子供を岩盤浴に連れていく時は、個室がおすすめです。

その後、1回5000円は痛手でしたが、子供のアトピーが治るならと思い、個室の岩盤浴を予約しました。

それでも子供が岩盤浴に耐えられる時間は5分、最高でも10分は持ちません。

じっとしていられないというのもそうですが、暑い!もうやめる!もうしたくない!暑い暑い!!

それでも治るためと必死の形相で岩盤浴に座らせよとしていた私は、客観的に見ると嫌がる子供を押さえつける酷い母親だったでしょう。

でも、その時は治してあげたいという一心だったのです。

結局5000円分の時間を岩盤浴で過ごせたわけもなく、20分程度で終了です。その20分もしっかりと岩盤浴をしたのではなく、実質10分ほどでしたね。

その岩盤浴の帰り、喉が渇いたとごくごくと飲み物を飲むと、すぐにぐっすり車の中で眠ってしまいました。

岩盤浴は水分もかなり奪われますし、大人でも体力を消耗するので、子供にとってはものすごく疲れるのでしょう。

そんな寝顔を見て、これ以上無理に岩盤浴を頑張らせることはできないと思いました。

それと同時にもアトピーは治せないと諦めきれない気持ちを必死で抑え、薬で抑えて生きていくことを決めました。

自宅でアトピーを治すお風呂に?!

アトピーと岩盤浴5

そんなこんなでアトピーの症状が出たら皮膚科へ行き、薬をもらって落ち着かせるという生活をしていました。

もうアトピーの患部を見るとやるせない気持ちになっていました。

そんな時、実母から連絡があり、岩盤浴が出来なくて諦めていた旨を知っていた母は、自宅でアトピーを治すことが出来るという方法を一生懸命探ってくれていたようなのです。

そしてみんなの肌潤風呂という入浴剤のようなものを購入したから取りに来てと言われました。

岩盤浴も無理だったし、今回も結局治らないかもしれない、そうなった時のショックを恐れ、あまり期待せずに実家に向かいました。

みんなの肌潤風呂でアトピーは治る?

みんなの肌潤風呂というものは自宅の湯船に入浴剤のように入れて、そのお湯に浸かるだけでアトピーが治るというものでした。

それだけでアトピーが治るわけないじゃんと思っていたのですが、実はアトピーに最も重要な2つの事を満たしてくれるものだったのです。

  • 肌を清潔に
  • 肌の保湿

アトピーを治すために本当に必要なことは?

アトピーを治すために必要なことは汗をかくことではなかったのです。

というのも体内の毒素を排出する際、便からは75%もの毒素が排出されています。尿からは20%、爪や髪などからはたったの2%、そして汗からの毒素の排出は3%。

体内全体の約3%ほどの毒素しか汗からは排出することが出来ないのです。

それだけではなく、もし体内から毒素を排出したとしても、アトピーが完治するということは期待できないのです。

アトピー肌の表面は、肌のバリア機能が異常を起こしており、刺激に弱い肌となっています。

いくら、毒素を排出していても、肌のバリア機能を正常に取戻し、肌を強くし、刺激に負けない肌を作りださなければ、いつまでもアトピーは再発を繰り返してしまうのです

肌バリア機能を高め正常を取り戻すためには、保湿が必要です。

アトピーを治すために汗をかくことが全く効果無いと言えば嘘になるかもしれませんが、一番重要なことは肌を清潔に保つことと、保湿をし肌のバリア機能を高めるということだったのです。

自宅で楽しく肌ケア!アトピーの改善も

アトピーと岩盤浴6

私は自宅に持ち帰り、みんなの肌潤風呂を試してみることにしました。

私も一緒に入浴します。

入浴すると、保湿力が高いということで、ドロッとしていたりするのかなと思っていたのですが、意外にもサラッとしていて、入り心地はふつうでした。

しかし、入浴後は肌がものすごくしっとりとしていて、我が子の肌もツルッといつものお風呂あがりとは肌の質感が全く異なりました。

薬を塗るときは、湯冷めしてしまいそうなほど時間をかけて患部に塗っていくという形でしたし、保湿をするとなっても全身に塗るのに時間がかかってしまいます。

みんなの肌潤風呂は入浴で全身が保湿されるため、湯冷めすることなく温かいまま眠れるということで、子供に寒い思いをさせることが無くなり良いなと思いました。

その点、こんなので朝まで本当に保湿されるのかな・・・とも不安でしたが、意外にも保湿されたおかげか、就寝中に掻いてしまっている様子もなく、朝も肌のしっとり感が続いていました。

これって本当にこの調子で肌の質が変わっていくかもと期待して続けてみることにしました。

アトピーとの別れ!!

実母が購入してくれたみんなの肌潤風呂1ヵ月分がそろそろ使い終わるという頃、肌の状態はかなり良くなっていました。

まず、薬を使用していないのに、アトピーの症状が新たに出るということは無くなっていました。

また、保湿のおかげか、肌はものすごく以前よりも潤っていて、さわり心地もツルツルもちもちになっていたのです。

薬を使用せずアトピーを完治させることができたのです!

最後に・・・

アトピーと岩盤浴7

自宅で入浴するだけでアトピーが治るというのは本当に子供にとっても私にとっても物凄く助かることでした。

子供に我慢させて嫌なことを無理やりさせることもない、子供と楽しく入浴するだけ、私にとっても子供にとっても岩盤浴よりもものすごく楽しく良い時間を過ごすことができます。

そして、私としてはアトピーが治るまで、1回5000円の個室岩盤浴を週2から3回ほどのペースで続けていくということは不可能に近い事でした。

しかし、みんなの肌潤風呂は1ヵ月分で2500円と家計的にも助かります。

岩盤浴を続けているよりも効果が出るのも早く、岩盤浴に費やさずにみんなの肌潤風呂を試して良かったと心を撫でおろす気持ちでした。

今でもみんなの肌潤風呂に入浴しています。

子供の肌も物凄く綺麗に治り、アトピーのかきむしった跡も徐々に綺麗に消えて行きました。

そしてうれしいことに私の肌まで潤うので、友人からなんか若返った?と言われることもしばしば・・・。笑

子供がアトピーと診断されてからの精神的な面も関係しているかもしれませんが、毎日の子供とのお風呂の時間が楽しくて1日の楽しみとなっています。

ただ入浴するだけなのにアトピーが治り、予防もできる。こんな最高なものを見つけてくれた実母に感謝しきれません。

実母もアトピーが治ったことを一緒によろこんでくれましたし、たまに子供と一緒にみんなの肌潤風呂に入っています。

実母も肌が潤っていいわ~と言います。笑

商品名のごとく、本当にみんなが潤いみんなが笑顔になるような入浴剤ですね。

公式サイトはこちら→アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』