アトピーの原因

アトピー肌はリンパマッサージが効果的!!簡単1日3分で驚く程良くなった!!

アトピーとリンパ

アトピーの改善にリンパが関係するということがあるのです。

アトピーの原因は原因不明な部分も多く、必ずしもリンパの流れを改善することで、アトピーが治るとは断言されていませんが、リンパにアプローチすることで、アトピーが改善することがあるのです。

今回はなぜリンパへのアプローチでアトピーが改善するのか、その方法をご紹介します。

アトピーの原因となっていることが多い状態をリンパについて知ることで、改善することができ、アトピーの改善にも繋がりますよ。

アトピーとリンパの関係性

アトピーの原因としてよく挙げられる中に、血行が悪いという事があります。

血行が悪いと、肌の健康を保つために必要な栄養素が肌に行き届かない、免疫機能に異常をきたします。

また、老廃物の排出も滞り、肌から排出されるようになり、炎症が起こる事もあります。

栄養が足りず弱った肌になり、免疫機能が異常に反応し炎症が起こる。老廃物もたまってしまうという悪状況になり、アトピーは悪化してしまいます。

そこでリンパの流れを良くするためのマッサージを行うことで、血行が良くなり、肌に必要な栄養素がしっかりと送られるようになる、免疫機能が正常に整い、老廃物の排出もスムーズに行われるようになり、アトピー改善に効果を発揮するのです。

アトピー改善のためにリンパマッサージを

アトピーの改善のためにリンパマッサージを取りれることをおすすめします。

リンパマッサージを行うことで、リンパの流れは良くなります。

アトピーの原因は人それぞれですが、アトピー改善の効果があり、自宅で自分で出来て、お金もかからず行えるリンパマッサージをしてみる価値はありますよね。

失うものは無く、上手くいけばアトピー完治に繋がるのです。

リンパの流れを理解し、リンパマッサージをしよう

リンパマッサージを行うにあたり、リンパの流れについて理解し、正しくマッサージする必要があります。

リンパマッサージを行う順番通りにご紹介していきますね。

鎖骨のリンパを流す

まずは1番最初に首の後ろに通るリンパを鎖骨に向かって流します。

首の上の方から頸動脈を沿う形でリンパの方へ下へ下へと流します。

鎖骨の上の部分に沿って、外側へ(肩の方へ)向かって流していきます。

脇の下までリンパを全て流すようなイメージで行います。

腕のリンパを流す

続いて腕のリンパを流していきます。

手の方から腋の下まで流すように下から上へ、下から上へと流していきます。

脚のリンパを流す

脚のリンパを流します。

脚も腕と同様に足から股関節に向かって下から上へと流していきます。

腰回りのリンパを流す

最後に、腰回りのリンパを流します。

腰から上の背中のリンパは腋の方へ、腰回りからその下のリンパは体の後ろ側から腰骨の方へ流し、腰骨の方から股関節の方へ流します。

リンパマッサージを行う注意点

リンパマッサージを行う際、注意しなければいけない点があります。

気を付けましょう。

リンパを流す方向を間違えない

リンパの流れを理解しマッサージを行うことが大切です。

リンパの流れる方向を守って行いましょう。

方向を間違えてしまうと、効果が得られません。

同じ方向に流していくことが大切なので、例えば手から腋までリンパを流したら、一度手を離し、もう一度手の方に当てがい、流す必要があります。

一度流したリンパを戻してしまうようなマッサージは効果が無いので気を付けましょう。

炎症がある程度治まった状態で行う

アトピーの炎症が酷い時にマッサージを行ってしまうと、患部への刺激となり、炎症を悪化させてしまうことがあります。

炎症が酷い時はマッサージを行わずに、炎症がおさまってから行いましょう。

マッサージの力加減に注意

リンパマッサージを行う際、力を入れたからといって効果が出るということはありません。

逆に力を入れてマッサージしてしまうと、皮膚への刺激が強く、炎症の原因や悪化の原因となります。

リンパマッサージを行う力加減は、肌を撫でる程度で良いのです。

動物を撫でる時のような力加減で十分に効果が得られます。

保湿剤を使用して行う

手のひらに何もつけずにマッサージを行うのは辞めましょう。

手のひらの皮膚の摩擦により、肌が傷つき炎症の原因となります。

保湿剤を活用し、滑りが良い状態でおこないましょう。

リンパマッサージを行うタイミングは?

毎日のリンパマッサージを行うにあたり、より効果を得ることができるタイミングがあります。

入浴中と入浴後です。

体が入浴により温まることで、血行の流れが良くなっているため、より効果を得られやすいのです。

また入浴中はたっぷりの泡を使用し、滑りが良い状態で行うことが出来ますし、入浴後に欠かせない保湿ケアを行う際に保湿剤の滑りを利用し行うとよいです。

まとめ

  • リンパの流れは良くなると、血行がよくなる
  • 血行が良くなると血行がよくなる、免疫機能が正常化、老廃物の排出もスムーズに
  • リンパマッサージを行うことで、アトピー改善が見込める
  • リンパの流れを理解しマッサージを行う
  • 力の入れ過ぎに注意し、炎症が起こっているときは行わない
  • 入浴中・入浴後におこなうと効果的
  • 泡立てた石鹸や保湿剤を活用し行う

リンパとアトピーには深い関係性があり、リンパマッサージを行うことで、アトピー改善のために効果を発揮してくれます。

しかし、アトピーの原因は人それぞれ異なり、様々な原因、未知の原因までもがあります。

リンパマッサージは原因を取り除くために効果的なものですが、アトピーの原因がまた違うところにあれば、効果があまり感じられないという場合もあるでしょう。

しかし、リンパマッサージは自宅で自分で行うことができ、使用するのは保湿剤と自分の手と、毎日の少しの時間です。

体を洗う時、保湿剤を塗る時というやらなければいけない事と共に出来てしまいます。

アトピーが改善する効果が期待でき、コストもかからず行えます。

トライする価値あり、損なしの方法です。