その皮膚のガサガサは乾燥じゃないかもしれない!脂漏性皮膚炎とは!?

「最近、なんだか皮膚がガサガサするな~」そう感じた時、乾燥のせいかなと思う人が多いのではないでしょうか。

私もアトピーもちの超乾燥肌なので、皮膚のガサガサがあればまず乾燥を疑います!というか、乾燥としか思わないかもしれません。

でも、皮膚がガサガサするのには、乾燥以外にも様々な理由があるんです。例えば、内臓の病気で皮膚に異常がでることだってあるんですよ!

様々な体の不調が現れる皮膚ですが、今回は脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)についてまとめました。

皮膚のガサガサが気になるけれど、これはただの乾燥なのか!?と悩んでいるあなた。脂漏性皮膚炎を知っておいても、きっと損はないと思います。

脂漏性皮膚炎ってどんな皮膚炎!?

皮膚とガサガサ2

脂漏性皮膚炎は、真菌というカビの一種が原因で起こる皮膚炎です。症状で特徴的なのが、頭皮のフケです。また、頭皮に赤みを帯びた斑点ができることもあります。

それ以外だと、鼻の横や、額、耳の裏側などがガサガサして赤くなり、皮がポロポロ剥けてきます。

体だと、わきの下や足の付け根など、擦れやすいところや汗をかきやすいところに症状が出やすいです。湿疹が出たり、痒みを伴うこともあります。

特に頭皮は、症状が毛穴に起こりやすいので、ひどいと抜け毛にもつながってしまうんです。

皮膚がガサガサするだけでも憂鬱なのに、フケが出たり顔が真っ赤になり、しかも抜け毛にもなるなんて気分はどん底ですよね。

これって、すごくアトピーの症状に似ています。皮膚のガサガサも、頭皮の皮が剥けるのも、それによる抜け毛も、顔の赤みや湿疹も、私はアトピーで経験しています。

だから、そのどん底の本当に憂鬱な気持ちがすごく分かります。外に出るのも、人に会うのもためらわれてしまうことだってありますよね。

そして、脂漏性皮膚炎は、左右対称に出るのも特徴のひとつなのですが、これもアトピーみたいですね。

実際、皮膚のガサガサやその他の症状に悩んで皮膚科へ行ったら、アトピーや酒さ様皮膚炎(さかさようひふえん◇赤ら顔などが特徴の皮膚炎)と勘違いされてしまうこともあるんです。

それくらい、似ているんですね。そんな脂漏性皮膚炎は赤ちゃんもなります。生後すぐにかかる、脂漏性湿疹という乳児湿疹です。

でも、大人になってからも発症します。大人になってからの発症は、その症状が慢性化しやすく、繰り返しやすくなります。

マラセチア菌が増殖してしまう原因とは

皮膚とガサガサ3

脂漏性皮膚炎は、「マラセチア菌」が増殖することで起こります。マラセチア菌は、皮膚の常在菌。皮膚のバランス状態が良ければ皮膚の健康を守るために活躍してくれている菌です。

でも、様々な原因で異常に増殖してしまうと、皮膚の炎症を起こす脂肪酸を作りだします。すると、皮膚が刺激されて脂漏性皮膚炎の症状を発症してしまうのです。

マラセチア菌が増殖するのはなぜ?

マラセチア菌のエサは皮脂です。なので、皮脂が過剰に分泌してしまうとマラセチア菌も増殖してしまう可能性が高まるのです。

皮脂が増える原因として、

  • 睡眠不足
  • 糖分や油の多い食事
  • ストレス
  • アルコール飲料

などがあります。過剰な皮脂の分泌を抑えるためにも、睡眠や食事などの生活習慣が大切だということですね。

ステロイドで皮膚のガサガサは治っても…再発しやすい脂漏性皮膚炎

皮膚とガサガサ4

治療はステロイドを使います。でも、ステロイドで炎症が治まっても、そこでマラセチア菌が増殖を続けていればすぐに再発してしまいます。

その時は、抗真菌剤を併用して菌の増殖を抑えていきます。しかし、大人になってからの発症は慢性化しやすいので、治療も長期的に続けていかなければならないのです。

それと同時に、先ほども言った生活習慣の見直しや、日々のスキンケアもとても重要になってきます。

スキンケアと食事の見直しで皮膚のガサガサを治す!

皮膚とガサガサ5

マラセチア菌のエサは皮脂でしたね。なので、お風呂の時には余分な皮脂をきれいに洗い流しましょう。

特に頭皮は、髪の毛が邪魔して十分に洗えず、汚れや皮脂が残ってしまうこともありますよね。そこで、頭皮をキレイに洗うポイントをご紹介します。

  • 入浴前にブラッシングをして頭皮の皮脂や汚れを浮かせておく
  • シャンプー前にお湯で汚れを十分に流す
  • シャンプーは泡立ててから使う
  • ごしごし洗いはNG
  • すすぎはしっかり

ごしごし洗いは肌を傷つけてしまうので、優しく撫で洗いがベストです!

こちらは脂漏性皮膚炎や抜け毛対策に有効な正しいシャンプーの仕方の動画です。参考にどうぞ。

保湿

脂漏性皮膚炎とアトピーは似ているけれど、アトピーは保湿をして肌を整えるのに比べ、脂漏性皮膚炎は保湿をしすぎるのは良くない、と言われたりします。

一方で、皮膚の中の水分量が足りておらず、乾燥しているから体が皮脂を分泌している、という考えもあるんです。

難しいところですが、自分の肌は一体どちらなのか、見極めることで保湿の仕方も変えなければなりません。でも、保湿が一概に良くないとは言いきれないと個人的には思います。

ただ、色々調べてみると、油分の多い保湿剤は使わない方が良さそうだということが分かりました。

正しい保湿で、肌の水分量をあげるのは、脂漏性皮膚炎でも健康な肌でも、共通して言えることですね。

食事による改善策

食事は脂っこいものや糖分の摂りすぎには注意です。バランスの良い食事をこころがけましょう。

特に、ビタミンBは肌の細胞を修復してくれるのでおすすめです!

  • ほうれん草
  • 牛乳
  • レバー
  • 豚肉

などをバランスよく取り入れてみてくださいね。

まとめ

皮膚がガサガサしてしまうのは、乾燥ばかりが原因ではありません。病気だったり、様々な要因があるのです。今回は、脂漏性皮膚炎についてまとめました。

脂漏性皮膚炎は、

  • 皮脂の分泌が過剰になり、マラセチア菌が増殖することが原因
  • 症状は、皮膚のガサガサや頭皮のフケ、顔や体の湿疹や皮むけなど
  • 治療はステロイドや抗真菌剤を使う
  • 日頃のスキンケアや生活習慣の改善が必要

ということでした。乾燥とは違う皮膚のガサガサに悩んでいる場合、脂漏性皮膚炎の可能性も無きにしもあらずです。

症状が当てはまったり、思い当たることがあれば、いちど病院で診てもらうと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA