乳児湿疹っていつから始まるの??先輩ママの対策法と体験談!!

赤ちゃんとパグ犬がねている

赤ちゃんの頃はほとんどの子が経験するという乳児湿疹ですが、症状が出るのはいつからなのかドキドキしますよね。

症状が出たときも、これって乳児湿疹なの?といつから起こる可能性を知っておくことで、判断もしやすくなります。

乳児湿疹と言えども種類もたくさんあります。

乳児湿疹のそれぞれの症状がいつから起こるのかということをご紹介していきます。

乳児湿疹はいつから始まるの?

裸の赤ちゃんが泣いている

まず乳児湿疹はいつから始まるのかということについてですが、あらゆる乳児湿疹を全て括り、いつからかということになると、生後2週間頃から起こり始めます。

一番最初に襲う乳児湿疹は新生児ニキビという乳児湿疹です。

乳児湿疹別!いつから始まるの?

では乳児湿疹別に、いつから症状が始まるのかということをご紹介していきます。

はやく始まるものから順にご紹介していきますね。

新生児ニキビ

まず始めに始まるのは新生児ニキビです。

生後1ヵ月から生後2カ月の間には始まります。

頬や額、顎などに白い小さなポツポツとした湿疹が出来ます。

生後3カ月頃までには治ることが多い乳児湿疹です。

おむつかぶれ

おむつかぶれがいつから始まるかというのは、適確な期間ははっきりと決まっていません。

生後から1歳頃までの、肌が強くなるまでの期間、いつでもおむつかぶれは起こる可能性があるからです。

おむつの素材によって起こることもありますし、排泄物の刺激によって起こる事もあります。

長時間のムレで起こる事もあれば、今までおむつかぶれしていなかったのに、急に始まることもあります。

おしり」やオムツの当たる腰回りに赤い湿疹ができます。

大体1歳頃になると、肌自体が刺激を受けにくくなるため、おむつかぶれが起こる可能性は低下します。

しかし、おむつを使用している限り、いつから起こってもおかしくない乳児湿疹です。

あせも

新生時期から生後2ヶ月の間から始まります。

原因が蒸れであるため、寝て過ごすこの時期に首の後ろや背中が蒸れて「あせも」が始まります。

かゆみを伴い、掻いてしまうと悪化し、ねんね期を過ぎても続いてしまいます。

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹が始まるのは生後2ヶ月から3カ月の間です。

この時期のホルモンのバランスが整わないことが原因で皮脂の分泌量が多い時期であり、皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こし乳児湿疹となります。

皮脂腺が多く、より皮脂が分泌されやすい顔や頭皮や耳の周囲に「ジュクジュク」した湿疹が起こります。

乳児乾燥性湿疹

乳児乾燥性湿疹は生後4ヶ月頃から始まります。

皮脂の分泌量が落ち着き、乾燥しやすくなるこの時期に、肌のバリア機能が低下、外部の刺激を受けた肌は炎症を起こし乳児湿疹がスタートします。

カサカサ」した湿疹ができ、粉吹き肌なども見られるようになります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、いつから始まるかという明確な時期はありません。

なぜなら、湿疹が出始めてからアトピー性皮膚炎と診断されるのは、湿疹が2ヶ月以上続いた場合となります。

そのため、医師でも早い段階で「アトピー」なのか、はたまた他の乳児湿疹なのかということを見分けるのは難しく、大体生後4ヶ月頃からアトピー性皮膚炎だという判断が可能となります。

いつから起こるのかという明確な時期はわかりませんが、湿疹が2カ月以上続き、生後4ヶ月以降になると、アトピー性皮膚炎だという診断を受けるということになります。

食物アレルギー

こちらも、いつから始まるのかという明確な時期はわかりません。

まず第一に赤ちゃんのアレルギー検査を医師は渋ります。

進んで生後半年前の赤ちゃんにアレルギー検査を行う医師はほぼ居ないに等しいのです。

生後半年頃までの赤ちゃんは消化器官が未熟であるため、アレルギー反応が起こりやすいのですが、消化器官が整ってくるとアレルギー反応が起こらなくなることが多く、生後半年頃まで正確な判断が出来ないのです。

それなのに、赤ちゃんの肌に何度も針を刺し、検査に必要な血の量を摂るのにも時間がかかるため、リスクを負ってまで検査するほど正確な判断はできないということで医師は進んで検査を行わないのです。

食物アレルギーという診断が正確に行われるのは、生後半年以降となります。

またその後も年を重ねるごとに、乳幼児期の「アレルギー」は改善されることが多いものです。

乳児湿疹開始前に防ぐためには

赤ちゃんが横向きで寝ている

ではいつから始まるか分かった乳児湿疹。

開始前に防ぐ方法があります。

ママがすべきことは清潔と保湿です。

正しい入浴方法で「お風呂」に入れて正しい「洗い方」で肌を清潔に保つ。

汚れや汗はこまめに正しく拭く。

寝具や部屋の清潔を保つということも大切です。

正しく保湿ケアを行い、肌のバリア機能を高め強い肌を作るということが大切なのです。

まとめ

赤ちゃんと白い犬が対峙
  • 生後2週間頃から新生時ニキビという乳児湿疹の開始
  • おむつかぶれはおむつを活用し、1歳くらいまでの肌が強くなる間起こる可能性あり
  • 生後2カ月頃からあせも
  • 乳児脂漏性湿疹は生後2、3カ月から
  • 乳児乾燥性皮膚炎は生後4ヶ月頃から
  • アトピー性皮膚炎の診断可能は4ヶ月頃方
  • 食物アレルギーの判断可能は6ヶ月以降

乳児湿疹がいつから始まるかということを知っていると、湿疹を見極める手段にもなりますし、その時期に気を付けるべき事も明確になりますね。

全ての乳児湿疹を防ぐためにママができることは清潔・保湿です。

湿疹が起こってしまったときは、それぞれの乳児湿疹ごとの正しい対処が必要です。

赤ちゃんには様々な乳児湿疹に見舞われる時期なので、肌のバリア機能を高め強い肌を作りあげていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA