乳児湿疹の原因

その乳児湿疹の原因は母乳かミルクかも??もち肌を取り戻した方法とは??

ミルク飲む赤ちゃん

母乳を与えていた私ですが、我が子の乳児湿疹が酷く健診で乳児湿疹を見てもらいました。

しかし、ほとんどの赤ちゃんにあることだから、気にせず清潔を保っていれば、いずれ落ち着くと言われたのです。

ところがいつまで経っても良くならない。

そんな時に原因として浮上したのが、私が与えている母乳でした。

母乳は母親が摂取した栄養素が直結するのですが、母親の食生活のおかげで、乳児湿疹を悪化させてしまっていることがあるのです。

乳児湿疹と母乳の関係性は医学的根拠はないのですが、実際に私は食生活の改善による母乳の見直しで乳児湿疹が鎮静するという体験をしました。

母乳ではなくミルクに変えるべき?!

乳児湿疹が酷い時は母乳をやめミルクにしなければいけないのか。

乳児湿疹を改善するためにはどうしたら良いのかということをご紹介していきます。

あなたの母乳は乳児湿疹悪化の原因になっていませんか?

乳児湿疹と母乳の関係

乳児湿疹とミルク1

母親が摂取したものはそのまま母乳に直結すると言っても過言ではないほど、母親の食事が母乳に影響をもたらします。

質の良い母乳はドロッとしておらずサラサラで色も薄い白です。

しかし、質の悪い母乳はドロッとしていて、色も真っ白又は黄色っぽくなります。

母乳の質というのは、母親が和食中心の食生活を送っていれば質の良い母乳が出来あがりますし、ジャンクフードや糖分たっぷりの洋菓子、乳製品などを多く摂取していると、質の悪い母乳がすぐに出来上がり赤ちゃんの口へと運ばれることとなります。

赤ちゃんは生まれた時、母親の女性ホルモンの影響を受け皮脂の分泌量が過剰になってしまっています。

その皮脂が乳児湿疹の原因となってしまうのです。

そこへ追い打ちをかけるように油分の多い母乳を与えてしまうと、より皮脂の分泌量が増えてしまい、乳児湿疹が悪化してしまいます。

授乳中の母親の食事内容は・・・

乳児湿疹とミルク2

母親は健康的な体を維持することが出来る淡白質や脂質、ビタミン、炭水化物、ミネラルという5大栄養素をバランスよく摂取する食事が良いです。

野菜中心の和食、根菜や煮物、魚などを中心に食すと良いということになります。

逆にケーキやハンバーガー、お菓子やジュースなどはできるだけ避けます。

しかし、ストレスがたまると、母乳の出が悪くなってしまうため、ストイックになりすぎてしまうのも良くありませんが・・・。

母乳改善で我が子の乳児湿疹を治す

乳児湿疹とミルク4

私は母乳が乳児湿疹と深い関わりがあるということを知り、徹底的に「食事」を改善することを誓いました。

というのも、それまで出産祝いやお見舞いでいただいた洋菓子類などをよく食べていたのです。

深夜夜泣きで眠れない日々が続いているせいか、甘いものが出産前よりも欲してしまっていました。

また、食事もつわりがひどく好きなものを全く食べることが出来なかった10か月の後の、つわりなりの味覚はなんでも美味しく感じ、妊娠中は吐き気を催し食べることのできなかったジャンクフードなども食べてしまっていました。

母乳を改善すると決めてから、洋菓子類は全て目の届かないところに封印し、ジャンクフードやジュースもなし、野菜、魚、卵、豆腐、鶏肉などの油分の少ないものばかりを食べる生活を始めました。

我が子の乳児湿疹を治す為だと思っていると、頑張れたのですが、やはり3週間を迎えようとするころには、そろそろ甘いものが食べたい、揚げ物が食べたい!!などの欲求が襲ってきました。

でも、乳児湿疹は明らかに食生活を改善したことで、炎症が治まってきていました。

食べなければ乳児湿疹は悪化しない、育児三昧の日々で好きなものが一切食べらばないというストレス。

その葛藤はあまりにもひどく、食欲を抑えるということはこんなにも大変なのだということを初めて知りました。

母乳は辞めるべき?!ミルクに変えた私・・・

乳児湿疹とミルク3

母乳を飲ませ続けたいという気持ちもあったのですが、誘惑に負けてしまい、たびたび油分の多い食事をしてしまう日や甘いものをどうしても食べてくなり食べてしまうということがありました。

すると本当に乳児湿疹が悪化してしまうのです。

もう私は限界でした。我が子を自分のせいで痛めつけてしまっているようで・・・。

ただでさえ夜泣きやなぜかわからないけど泣いてしまう時間を必死で頑張り、旦那が居ない時間が多く、子供と2人だけの時間が長い中です。

これ以上好きなものも食べられず、食事くらいしか楽しみが無いのに、その食事さえも憂鬱な時間になってしまうと、自分は爆発してしまうと思いました。

そこで母乳で育てたいという気持ちはものすごく強かったのですが、泣く泣くミルクでの育児に切り替えることにしました。

ミルクでも愛情は変わらない、ミルクでも立派に育つ、そんなことを言ってくれた実母の言葉で救われながら、ミルクでの育児が始まりました。

幸いにも哺乳瓶を嫌がることなくミルクを飲んでくれたので良かったです。

しかし、ミルクでの育児を始めても、乳児湿疹が劇的に良くなるということは無かったのです。

どうして?こんなにも色々なことを我慢したり諦めたり、我が子も一生懸命与えられた母乳やミルクを飲んで大きくなろうとしているのに・・・。

生まれたばかりの時のつやつやな肌はもう見られないのかと思うようにもなっていました。

母乳でもミルクでも湿疹は出る?

私はなぜ母乳でもミルクでも乳児湿疹が治らないのかということを調べてみることにしました。

母乳の場合は母乳の質によって乳児湿疹が出ます。

一方ミルクの場合は、ミルクのメーカーや成分によって乳児湿疹が出るのです。

そして母乳でもミルクでも肌がデリケートな赤ちゃんは、外部刺激や殺菌が原因となり、湿疹が出ます。

ということは 母乳を飲んでいなくてもミルクを飲んでいなくても、はたまたどちらかを飲んでいても、肌自身がデリケートで、それ以上に弱ってしまっていることで、湿疹はできてしまうということなのです。

では肌を強くしてあげるためにはどうしたら良いのでしょう・・・

肌のバリア機能を高めよう!乳児湿疹とミルク5

結局、乳児湿疹の原因は摂取しているものではなく、外部刺激が原因である場合もあるということなのですよね。

そこで私はミルクでも母乳でも治らなかった我が子の肌のバリア機能を強化してあげれば、乳児湿疹は治るということを知りました。

肌バリアを高める方法は保湿です。

保湿をすることで、肌のバリア機能は高まるものの、表面だけに潤いを与えたり、油分で肌をカバーするだけでは意味がありません。

肌の深層まで潤いが届き、更に赤ちゃんの繊細な肌でも刺激なく使用できる保湿クリームを見つける必要がありました。

そんな時、【アトピスマイル クリーム】というものをテレビで見て我が子に良いのではないかと購入してみることにしました。

アトピスマイルクリームは世界で唯一肌のバリア機能を高めてくれるために必要な肌の水分保持能を高めてくれるというからです。

また、成分的にも肌への優しさが徹底されていたのも購入した要因です。

乳児湿疹の経過は・・・

アトピスマイルクリームをベビーベットのところに置き、毎日忘れないように入浴後と朝に着替えさせるときに、顔から全身に塗るという生活を送りました。

肌に塗るとベタベタすることなく、スーッと肌に馴染むような使い心地で、すぐに服を着せてあげられるのが私としては良いなと思いました。

また、あまり乾燥しているようには見えなかった我が子の肌が、表面がテカテカしている訳ではないのに、ツルッともちもちになってきたという変化を目の当たりにして、皮脂が過剰に分泌していただけで、肌は乾燥してしまっていたのだなと実感しました。

乾燥しているということは肌のバリア機能が低下している、保湿されているということは肌のバリア機能が高まっている。

ということはこれは乳児湿疹に効果があるなとおもい、毎日塗り続けました。

乳児湿疹がほとんど綺麗に治まり、残るのは小さくなった湿疹が少しだけ・・・。

あともう少しだ!!と思い塗り続け、本当に綺麗で生まれたときよりも美白になったような綺麗な肌を取り戻すことが出来たのです。

まとめ

希望
  • 食生活の乱れが母乳の質を悪くし、乳児湿疹に影響
  • ミルクの成分で乳児湿疹が悪化する事も
  • 湿疹を防ぐためには、肌自体のバリア機能を高め強くすることが大切
  • 肌を保湿し強い肌であれば、ある程度栄養に気を使った母乳でもミルクでも大丈夫

その後もアトピスマイルクリームを塗り、肌トラブルが起こることなく現在を迎えています。

本当に我が子の肌はアトピスマイルクリームに守ってもらっています。

【アトピスマイル クリーム】さえあれば、ある程度食事に気を付けた母乳でもミルクでも乳児湿疹を悪化させることなく安心して育てられます。

乳児湿疹が悪化し、慢性化してしまうと、アトピーなどになってしまうこともあるということで、早めの対処が必要ですね。

母乳には、赤ちゃんとママが密着することで、安心感や信頼感が生まれる。母乳により免疫細胞が赤ちゃんへと与えられる。顎が強くなる。乳幼児突然死症候群の予防になるというようなメリットがたくさんあります。

私は途中で母乳育児を辞めてしまう結果になりましたが、アトピスマイルクリームに早く出会っていれば、食生活にストイックになりすぎず、適度に調整し、母乳育児が続けられていたでしょう。

(もちろんミルクでも愛情をたっぷりそそぐことには変わりありませんし、特に顎が弱いなと感じることもなく、健康に元気に大きくなってくれているので、ミルク反対派というわけではないのですが・・・。)

母乳育児のメリット、そして楽しく母乳での育児が出来るように、私は早く出会いたかったなと思いながら愛用しているおすすめアイテムです!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら