おでこのかゆみや赤みをなんとかしたい!改善に必要な3ステップ

アトピーとおでこ1

アトピーの症状がおでこに出ることがあります。

おでこは人目に付きやすい場所でものすごく苦痛です。

前髪で隠そうとしても、痒みが誘発されてしまったり、リンパ液により前髪が湿って不潔に見えたり、髪をなびかせる風すらも敵に感じてしまいます。

そこでおでこにアトピーの症状が出てしまうのには、原因があり、正しく対処することで改善することが出来ます。

今回はおでこのアトピーを改善する方法をご紹介します。

おでこにアトピーが出る原因は?

おでこにアトピーの症状が出てしまう原因は主に2つ挙げられます。

  • 老廃物の排出のため
  • おでこの乾燥によるバリア機能の低下

です。

老廃物排出がおでこから?!

老廃物は通常臓器により解毒されたり、排泄物や汗などの分泌物により排出されます。

しかし、アトピーの場合、老廃物の排出がうまくできず、体内に蓄積してしまっていることが多いのです。

体は溜めきれなくなった毒素を排出するために、弱った皮膚から老廃物を一時的に排出し、ピンチを切り抜けようとします。

脳も臓器の一部であり、頭蓋骨は呼吸をしているようにゆっくりと動いています。

臓器である以上、老廃物を排出することができ、脳を保護している骨の隙間から老廃物が排出されて、弱ったおでこの皮膚から老廃物が排出され、アトピーの症状が発症しています。

顔の中でもおでこや前髪の生え際、こめかみは排毒されやすい箇所であり、老廃物がスムーズに排出されず、体内に滞った状態が続くと、おでこにもアトピーの症状が出てしまうのです。

おでこの乾燥によるバリア機能の低下

おでこが乾燥してしまっていることで、おでこの皮膚のバリア機能が低下し、刺激を受けやすく、炎症が起こってしまっています。

  • スキンケアが不十分
  • 洗顔やクレンジング方法の誤り
  • シャンプーの選び方の誤りや使用方法の誤り
  • ドライヤーの使用方法の誤り
  • 摩擦
  • 生活習慣の乱れ

等により、おでこが乾燥し、バリア機能が低下、おでこのアトピーの原因となるのです。

おでこのアトピーを改善する方法?

ではおでこのアトピーを改善するための方法です。

まずは炎症を食い止める

まずは炎症を食い止めましょう。

炎症が起こった状態で改善するためのケアなどを始めても、炎症が悪化してしまうばかりです。

皮膚科に受診し、「炎症」を食い止めるための薬を処方してもらいます。

ステロイド外用薬を処方された場合は、目や粘膜に入らないよう、十分注意して塗布しましょう。

炎症がおさまったら正しい改善を行い、肌の状態を回復し、アトピーを防ぎます。

老廃物を蓄積しないための食事

まずは、体内に老廃物を蓄積しないことが大切です。

体内に溜まってしまう老廃物のほとんどは、食事により摂取した食べ物や食べ物に含まれている添加物となります。

糖分や油分の多い食べ物は、老廃物の原因となるため避けます。

また、インスタント食品やファーストフード、コンビニ食品などに含まれている添加物は老廃物となります

出来るだけ体内に有害なものとなるものを摂取しないように心がけましょう。

また、糖分や油分を正常に消化吸収するためには、ビタミン類が必要不可欠です。

ビタミン類を積極的に摂取しましょう。

そして、摂取した食べ物を排泄物として正常に排出するためには、「腸内環境」を整える事も重要なポイントです。

老廃物の排出を促す

老廃物を溜めこまぬよう、促すことも大切です。

腸内環境を整え、排泄物として排出するのも大切ですし、「」をかくことで排出する事も出来ます。

サウナなどを上手く活用したり、適度な有酸素運動により老廃物の排出を促すことが出来ます。

おでこへの正しいケアを

おでこは意外とスキンケアが怠りがちな部位となります。

メイク」を刺激を与えずにしっかりと落とし、洗顔や保湿ケアを十分に行います。

肌に刺激を与えず、乾燥を助長しない洗顔料や保湿剤をしようし、正しく洗顔し正しく保湿することが大切です。

また、アトピー悪化を防ぐために、髪の毛を乾かすことはとても大切なのですが、おでこはドライヤーの風が当たり乾燥しやすいため、ドライヤー後の保湿も行いましょう。

乾燥に陥っている肌は、外側からだけのアプローチでは肌質の改善になりません。

体の内側からも肌質を改善するための、十分な睡眠や正しい生活習慣、バランスの良い食事なども心がけましょう。

肌のバリア機能を正しいケアにより高めることで、おでこのアトピーを予防する事にも繋上がります。

まとめ

  • おでこのアトピーの原因は老廃物の蓄積と乾燥によるバリア機能の低下
  • まずは炎症を食い止める
  • 老廃物の排出を促し、正しいケアにより、バリア機能を高める

おでこのアトピーは炎症を食い止め、原因である老廃物の排出を促し、乾燥を改善しバリア機能を取り戻すことで改善します。

但し、アトピーの症状が治まってからも、おでこに使用するメイク用品が刺激となってしまう事もあるため、正しく選ぶことが求められます。

また、夏などは「日焼け」しやすい部分でもあるため紫外線予防も行い続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA