乳児湿疹の薬

【警告】乳児湿疹にヒルドイドを使ってるあなたへ!!危険ですよ

ヒルドイド軟膏

乳児湿疹が出来始めてから、清潔を保っていてもなかなか良くならず、顔に乳児湿疹がプツプツと増えていきました。

皮膚科に受診したところ、肌が乾燥しているせいだと診断され、ヒルドイドというものを処方され塗って保湿することになりました。

けれど、一向に良くならず、全体的に赤くなり、液のようなものが出てきてベタベタしてしまうほどまでに悪化しました。

皮膚科でのヒルドイドも塗っているし、清潔にしているのに治らない、試行錯誤しても効果なし・・・。

そんな我が子の肌は、あるクリームに救われました。

ヒルロイドは場合によって症状を悪化させてしまうことがあるのです。

ヒルドイドとは?その特徴をご紹介!

手にヒルドイド軟膏

まずはヒルドイドについてしっかりと知ることが、安心して使用、正しく使用できる事へと繋がりますので、知っておいてください。

ヒルドイドとは副作用の少ない薬で血行促進の効果や保湿力の高い外用薬です。

ヒルドイド種類は?

ヒルドイドにはいくつかの種類があります。

  • ヒルドイドソフト軟膏0,3%
  • ヒルドイドクリーム0,3%
  • ヒルドイドローション0,3%
  • ヒルドイドフォーム0,3%

この4つの種類にはヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質というものが0,3%含まれているというものなので、特に保湿力に違いはありません。

では何が違うのか・・・。

有効性分のペパリン類似物質以外の添加物が異なります。

ヒルドイド種類別の特徴

ヒルドイドの種類ヒルドイドの特徴
ヒルドイドソフト軟膏0,3%ソフト軟膏タイプは、ヒルドイドの中で一番分の量が多いという特徴があります。そのため、効果は長持ちしますが、べたべた感を感じやすい傾向があります。ほとんどの病院で処方されるのはこのソフト軟膏タイプが主流となっています。
ヒルドイドクリーム0,3%クリームタイプはソフト軟膏よりも油分が少ない為、ソフト軟膏のべたつきが気になるという方におすすめです。しかし、クリームタイプになると、アルコール成分が含まれているため、肌が弱っている場合や体質的にかぶれたり、かゆみを感じることがあります。乳児湿疹等炎症が起こっているときはアルコールの刺激を感じやすいのであまりお勧めしません。
ヒルドイドローション0,3%ローションタイプはヒルドイドの中で一番油分の少ない特徴があります。そのため、塗心地はサラッとしているので、広範囲に塗り広げなければいけない時に役立ちます。しかし、ソフト軟膏やクリーム軟膏よりは落ちやすい傾向があるため、効果が感じられにくかったり、塗り直しの回数が増えたりというデメリットもあります。
ヒルドイドフォーム0,3%フォームタイプとは泡状です。伸びが良いため、広範囲に塗るときに役立ちます。使い勝手が良いという面で人気があります。

ヒルドイドは顔にも使える?

ヒルドイドは安全性の高い薬であるため、顔にも使用可能です。

しかし、粘膜に触れると刺激を感じるという傾向があるため、粘膜は避けて塗りましょう。

また、傷口になってしまっているところや、酷く炎症を起こしている部分は血行促進の効果が影響し、症状が悪化してしまう原因となるので避けましょう。

もし粘膜が傷口に付いてしまったという場合は、ヒルドイドはすぐに浸透する薬ではないため、慌てずに拭き取れば大事には至りませんので拭き取りましょう。

使ってはいけないケース

ヒルドイドの特徴からなんとなく予想は付いていると思いますが、ヒルドイドを使ってはいけないケースもあります。

塗ることにより、逆に悪化を招いてしまうので気を付けましょう。

肌が炎症を起こしている時

ヒルドイドの効果として、血行促進という効果がありましたが、血管の拡張が引き起こります。そのため、肌が炎症を起こしている時に血管拡張効果のある薬を塗ると、炎症が悪化したり、痒みが出てしまうのです。

ヒルドイドの成分が赤ちゃんにNG

安全性の高い薬ではあるものの、小さな赤ちゃんにとってヒルドイドに含まれているペパリン類似物質というものや、軽質流動パラフィン、セレシンなどという成分が肌への刺激となることがあります。また、添加物も含まれています。

それらの成分や添加物による刺激が赤ちゃんの肌にとって負担となり、肌に合わないという状態が引き起こるケースが多いため使用させない小児科も多いのです。

炎症が起きるほど悪化した乳児湿疹や、肌の弱い赤ちゃんにとってヒルドイドの使用は良くないのですね。

ヒルドイドの使い方は?

では炎症が酷くない、使っても問題ないという場合のヒルドイドの正しい使い方を確認しましょう。

季節ごと、塗布部位ごとに使い分け

まずは、季節ごと、塗布部位ごとに4つのヒルドイドを使い分けると良いです。

広範囲に乳児湿疹があり、塗り広げなければいけないという場合は、伸びの良いローションだと塗りやすいのでおすすめです。

逆に肌を露出する部分はローションタイプだと落ちやすいというデメリットにより効果を実感しにくくなるので、クリームタイプソフト軟膏タイプのものを使用します。

季節ごとにというのは、乾燥が酷い時期、秋から冬にかけは、ソフト軟膏でしっかりと保湿し、春夏の乾燥がさほど酷くないという時期はべたつきも気になりやすいため、ローションタイプのものが良いですね。

ヒルドイドの塗布量は?

ヒルドイドの塗布量の目安としては、

クリームやソフト軟膏のチューブタイプの場合は、大人の人差し指の先端から第一関節にのる量で、大人の両方の手のひら分くらいの範囲に塗り広げるのが目安です。

瓶などに入っている場合は、人差し指の先端から第一関節の2分の1程度くらいまでの量で大人両手の平分です。

ローションの場合は、手のひらに1円玉くらいのサイズを出した分大人の量手のひら分を塗る塗布量の目安となります。

少なすぎると手のひらと赤ちゃんの肌が擦れてしまい、ダメ-ジを与えてしまいますし、多すぎてもべたつきが気になったり、べたつきでホコリなどの汚れが付きやすくなるので、このくらいの量が適量となります。

ヒルドイドの塗り方は?

まずは手を清潔にした状態で塗ります。手には様々な雑菌が付いているので、ヒルドイドと一緒に雑菌をこすり付けてしまわないようにします。

続いて、塗っていくのですが、優しく滑らせるように塗り広げます。

肌に擦り込むように塗るのは間違いです。

肌に摩擦というダメージを与えてしまい、赤ちゃんの薄い肌を傷つけてしまいます。

また、広範囲に塗る場合は、ムラなく塗るためにも、一度に全体に塗り広げようとするのではなく、何カ所かにヒルドイドを置き、そこから伸ばすように塗り広げるとムラなく塗ることができます。

赤ちゃんの肌にも使える保湿クリーム

笑顔の赤ちゃん

既に酷く炎症が起こるほどまでに悪化してしまった乳児湿疹にはヒルドイドは逆効果をもたらしました。

より赤みも帯び、ものすごく痒そうな状態に・・・。

要は乳児湿疹は保湿することが大切なのですが、ヒルドイドよりも安全に悪化した乳児湿疹や傷口があっても使用できるような保湿クリームを探しました。

そんな時に私は、ヒルロイドよりも安全でヒルロイドに負けない保湿力を持つ【アトピスマイル クリーム】という商品を見つけたのです。

成分は?効果は?

主成分であるライスパワー№11という成分が肌に潤いを蓄えておくことが出来る肌へと変化させてくれるという効果がありました。

最も気になるのは、薬品が含まれていないか?という点です。

しかし、ステロイドが含まれていませんし、カゼインというアレルギーの原因となるようなものも一切含まれていないのです。

炎症を悪化させる血行促進効果もありません。

実際に使用!

考える赤ちゃん

安全性の高いクリームだと知り、使ってみることにしたのですが、やっぱり治らなければいくら肌に優しいとはいえ、意味が無いですよね。

塗心地は?

まずは塗心地ですが、皮膚科で処方されたヒルドイド軟膏の場合、塗ったところがベタベタしていました。

ただ、アトピスマイルはすごくサラッとしています。長時間様子を見てもカサカサすることもなく、程よく潤っている感じでした。

私の赤ちゃんは、夜中寝ているときに急に大泣きして、体をかきむしり、止まらないこともしばしばありました。

しかし、【アトピスマイル クリーム】を塗った日の夜、泣くことなくぐっすりと眠り、かゆみが治まっているのだろうと思いました。

アトピスマイルクリームへの変更

泣く赤ちゃん

使用感も良いし、痒みも治まっている様子だったので、塗り続けることにしました。

肌が赤くなり、汁のようなものも出てくる状態が、2週間ほど塗り続けただけで汁はでなくなり、赤みも治まってきていました。

かなり早い効果の現れに驚きを隠せませんでした。

あんなにも必死に拭いたりヒルドイドを塗っても治らなかったので、嘘のようでした。

次の問題は、いつ使用を辞めるかですよね。

乳児湿疹は1歳頃まで出やすいという事だったので、再発はあり得るかなと思いました。

また、アトピーの場合ステロイド治療の果て、症状が治まり使用を中断すると再発するというループがあると知っていたので、アトピスマイルクリームも使用を中断したら再発するだろうと思いました。

思い切って使用を中断してみたところ、なんと3日経っても1週間経っても再発しませんでした。

再発しない理由

アトピスマイルクリームの使用を中断しても、再発しないのには訳があるのです。

皮膚科で処方されるような薬は、即効性がありますよね。塗るとすぐに症状が治まり、さすが病院だなー!

なんて思ったことがあります!

しかし、薬は一時的に症状を抑えてくれるものの、根本的に肌を改善することはできないのです。

一方、アトピスマイルクリームの場合、症状を抑えるのではなく、肌の質を改善することで再発しにくい強い肌を手に入れることができるのです。

だから使用を中断しても強い肌が刺激に耐え、再発しなかったのですね。

乳児湿疹の完治で笑顔が再来

未来

ヒルドイドを使用していた時の私は、良くならない子供の肌を見るたびに、自分を責め笑顔なんて忘れた日々でしたね。

ヒルドイドは炎症を悪化させてしまうことがあるということ、そして副作用もあるということで、我が子には、もう使用したくない薬の1つです。

また、保湿に関しても、どの保湿剤より安心で、効果も抜群です。

アトピスマイルクリームのおかげで、家族に笑顔が戻りました!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら