アトピーの治し方

アトピーに使える市販の保湿剤は??正しい選び方とおすすめ5選!!

アトピーと保湿と市販1

アトピーを改善するためには欠かせない保湿ですが、保湿に使用する保湿剤選びは慎重に行う必要があります。

アトピーのように、肌が弱っているのにも関わらず、市販の保湿剤を適当に選んでしまうと、アトピー悪化の原因となってしまうことがあるのです。

アトピーに使用する保湿剤の正しい選び方と、おすすめの市販で手に入れられる保湿剤をご紹介します。

アトピーにとって保湿は必要不可欠

アトピーにとって、保湿は必要不可欠です。

保湿ケアはアトピー改善、アトピー再発予防の基本ともいえます。

抗菌・抗炎症・肌のバリア機能を高めるための保湿を欠かすわけにはいきません。

しかし、正しく選ばなければ、肌に刺激を与えてしまうだけではなく、この3つの効果も得られず、意味のなさない保湿ケアとなってしまいます。

正しい保湿剤を選び、効果的な保湿を行いましょう。

アトピーに使用すべき保湿剤の選び方

アトピーでも安全で安心して使用できる保湿剤の選び方です。

成分に注目してください。

保湿成分配合の保湿剤を

アトピー肌は乾燥しがちで、肌はカサカサ状態です。

高い保湿効果を必要としています。

セラミド」・コラーゲン・ヒアルロン酸などの高保湿成分が配合されている物を選びましょう。

中でも、アトピーの場合、肌に必要なセラミドが不足しているという特徴があるため、セラミドの含有量が多く、肌にセラミドをしっかりとたっぷりと与えられるものを選びましょう。

ヘパリン類似物質配合の保湿剤

ヘパリン類似物質配合の保湿剤は炎症が起こりそうな状態の肌の保湿に効果を発揮してくれます。

保湿効果だけではなく、炎症を抑えてくれる作用があり、皮膚科で処方されるヒルロイドと同じ成分です。

副作用が少なく、炎症を食い止められるので、アトピー肌にも使用できます。

炎症が完全に治まった状態で使用する保湿剤であれば配合されていないものでも良いのですが、常に炎症が起こりそう、皮膚科の薬は使用したくないなどという場合は、ヘパリン類似物質配合の保湿剤が良いです。

尿素配合

尿素は水分と結合しやすいため、保湿効果に似た肌の水分を保つ効果を発揮してくれます。

アトピーが避けるべき保湿剤

アトピーにとって、使用することで悪化させてしまう保湿剤もあるので要注意です。

避けるべき刺激成分

アトピー肌に刺激を与え、炎症を引き起こす原因となったりアトピーを悪化させてしまう成分があります。

  • 合成界面活性剤(天然界面活性剤は可)
  • 合成着色料
  • 香料
  • 保存料
  • 防腐剤
  • アルコール成分

このような添加物が含まれている保湿剤は避けましょう。

肌への刺激を与えてしまいます。

添加物が含まれていない低刺激なものを選びましょう。

アトピーにおすすめ!市販の保湿剤5選

ではアトピーでも安心して使用でき、アトピーを悪化させることなく保湿効果が十分に得られる、市販の保湿剤を5選おすすめしていきます。

キュレルクリームFジャー

  • 弱酸性のクリーム
  • 浸透力が高く、高い保湿効果を実現
  • セラミド配合
  • 無香料、無着色、アルコールフリー
  • アレルギーテスト済み

フェルゼアクリームM

  • 尿素配合で高い保湿
  • 肌荒れ防止、血行促進効果のある成分配合
  • ヒアルロン酸配合
  • 無香料、無着色

パスタロンSEクリーム

  • セラミド配合
  • 尿素による水分保持力を高める
  • 肌荒れにも効果あり

ケナチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

  • 酷い肌荒れを抑える
  • 黒ずみにも効果アリ

HPクリーム

  • 保湿効果
  • 抗炎症作用
  • 血行促進効果
  • 乾燥肌の再生
  • 肌のバリア機能を修復

まとめ

アトピーに使用できる保湿剤は市販だと以上がおすすめとなります。

  • 保湿効果のある保湿剤を選ぶ
  • 抗炎症作用のある保湿剤を選ぶと良い
  • 低刺激な保湿剤を選ぶ

この3点に気をつけて選びましょう。

市販の保湿剤は添加物が含まれているものが多いので十分に注意してください。

※オススメした成分のペパリン類似物質配合の保湿剤を使用した場合、重度なアトピーだと刺激を受け、発疹や痒みなどが引き起こることがあります。

尿素については、ピーリング効果があり、炎症が起きている部分に塗ると、刺激を受けアトピーの炎症が悪化してしまうことがあります。

アトピーにとって、メリットのある成分ですが、肌の状態によっては刺激を受けてしまうことがあるので、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。