痒みをアトピーと片付けてるあなた!!真菌の可能性も考えてみて!!

真菌
スポンサーリンク

真菌と呼ばれるいわゆるカビがアトピーを悪化させるらしいのです。

確かにもともと体にいいものではないし、できるだけ自分の生活する環境に真菌(カビ)は繁殖してほしくないですよね。

でも、真菌がどのようにアトピーの悪化に影響してくるのでしょうか?

少し調べてみました。

真菌とアトピーの関係

真菌がどのように関係しているのか、主に真菌によっておこる肌トラブルなどを「真菌感染症」と呼ぶそうです。

真菌感染症は主に、水虫やカンジタ、癜風(でんぶう)などがあげられますが、どれもこれも肌や体内などに潜伏している真菌(カビ)が原因なんだそうです。

基本的には、ベッドと人や人と人などからの感染が主になります。裸足でスリッパなどを履くのも感染の原因になりますね。

それぞれ原因になっている真菌は異なると思いますが、その真菌がアトピー肌へ刺激を与えたりただれさせてしまうことによって炎症が起こり、悪化してしまうんです。

また、逆に炎症している部分は真菌に感染しやすくもなるそう。

炎症部分に感染してしまったら大変ですね。

私も、身内に水虫持ちの人がいたりしますが、はっきりと自分がそうかどうかなどはわからずにいます。

ムシムシと湿気の多い時期などになると、真菌(カビ)は繁殖しやすくなるので、足の裏など「皮がむけてる。」と思ったら水虫なんかを疑ってみてもいいのではないでしょうか?

真菌は体中に広がる可能性があります。

そう考えると少し恐ろしいですが、きちんとした対処法をとれば大きな問題ではありません。

 真菌の対処法

カビたタイル

まずは、感染しないように先にカビ対策をしましょう。

先ほども言ったようにジメジメした湿気の多い環境だと真菌が繁殖してしまいます。

なので適度に窓を開けたり換気扇を回したりして空気を流すようにしましょう。

他にも除湿して乾燥した環境を作るようにしましょう。

また、空気だけではなく身に着けるものやベッドなんかもカビ対策が必要になります。

布団などはこまめに天日干しするようにしたり、掃除機をかけるようにしましょう。

スポンサーリンク

他にも洗濯物はすぐに干すようにしたり、洗濯機もそのままにしておくとカビが繁殖してしまうので洗浄するようにしましょう。

私も、できる限り洗濯物が上がったらすぐに干すなど気を付けてやっています。

それだけで自分の体につく真菌をかなり減らすことができるのでお勧めです!

他にも他人から菌が移ってしまう場合もあります。

なので、できるだけ裸足にならないようにするなどの対策をとることも大切です。

真菌に感染してしまったのであれば、病院に行くようにしましょう。

お医者さんはその道のプロなのでたくさんの知識で対処法を教えてくれます(笑)

しかし、感染する前に対策をとったほうが自分の為になると思います。

しかし、人対人の場合はあまりにもやり過ぎてしまうと惹かれてしまうかもしれないのでご注意ください(笑)

人が気にならない程度に行うことをお勧めします。

私の周りの同じアトピー患者の人でかなり気にしている人がいますが、女同士なのに「ジュースひと口ちょうだい」などと言っても「移ったら困る」という理由を言われてしまうとかなりショックです。。。

なのでほかの人を傷付無いように気を付けてください。

 まとめ

  1.  真菌には色々と種類があります。
  2. 感染は人からや布団などから感染します。
  3. 湿気の少ない乾燥した空間を保つようにしましょう。
  4. 特に裸足などで靴を履いたりしないようにするといいでしょう。
  5. 感染してしまったと思った時は病院で診てもらいましょう。
  6. 手洗いなどをしっかりすることも効果的です。

これらのことに気を付け参考にしてみてください。

「真菌に感染した」とは気づきにくいですが、それぞれ症状の特徴がありますので、「いつものアトピーの炎症とはちょっと違うな。」などと思ったら真菌感染を疑ってみるといいと思います。

真菌感染もアトピーも消して治らないものではありませんので、その時その時に合った対処法をとるようにすればより早く治すことも可能です。

私自身たくさんのアトピーに関する情報の中色々とアトピーを治すための方法を試してきましたが、自分に合うもの合わないものがそれぞれあります。

なので皆様もこの情報ももとにたくさんの方法の中から自分に合った対処方法を見つけていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です