高けりゃいいってもんじゃない!脂漏性皮膚炎の正しいスキンケアを教えます

脂漏性皮膚炎とスキンケア1
スポンサーリンク

私は脂漏性皮膚炎になってから何度も何度も皮膚科に通い、ステロイドを処方してもらい、症状を抑えていました。

しかし、症状は治まるものの、何度も再発を繰り返し、肌は酷い状態でした。

肌がボツボツゴツゴツとしていて赤くなってしまったり、症状が治まれば赤みは消えるものの、肌は元の状態に戻るという事はありませんでした。

職場に行くのも億劫ですし、近場のコンビニへ行く時でさえ化粧品で少しでも隠さなければであるきたくないのでマスクと帽子でしっかり顔を隠したり、かなし不審に見えていたはずです。

通りすがりの人に顔を覗き込まれたり、人の視線を感じるのがとても怖く感じていました。

そこで私は肌のスキンケア方法を変えてみなければいけないのではないかと思うようになりました。

ステロイド外用薬を使い続けていても、症状は治まるだけで完治することは無いという情報を目にしたからです。

しかし、私は脂漏性皮膚炎にはどんなスキンケア商品を使ったほうが良いのか分りませんでした。

脂漏性皮膚炎になる前から使用していたスキンケア商品しか持っていなかった私は、一から見直して他のものを使用してみることにしたのです。

脂漏性皮膚炎の原因とは?

脂漏性皮膚炎とスキンケア2

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌と肌のマラセチア菌の増殖によるものです。

肌が乾燥することで肌を潤わせようとした肌が皮脂を過剰に分泌してしまったり、肌に炎症が起きてから肌は皮脂だけを過剰に分泌してしまいます。

その皮脂を餌としてマラセチア菌という悪玉菌が肌に増えてしまい、マラセチア菌の影響で炎症が起きてしまいます。

それが脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎を完治させるためには

脂漏性皮膚炎を完治させるためには、皮脂の過剰分泌を食い止めなければいけません。

また、肌に増殖してしまっているマラセチア菌を減らすようにしなけれなければいけません。

ステロイドで脂漏性皮膚炎は治るの?

脂漏性皮膚炎とスキンケア3

ステロイドは肌の炎症を抑える効果はあります。

しかし、マラセチア菌を減らす効果はありません。もちろん皮脂の分泌を抑制する効果もないのです。

ステロイドで脂漏性皮膚炎は治らないということですね。

要は、一時的に炎症を抑えることしかできないという事になります。

脂漏性皮膚炎に良い洗顔フォームは?

まずは洗顔フォームですね。

私は特にこだわることなく、肌に優しいオーガニック洗顔フォームというものを使用していました。

しかし、洗い終えた後は肌の乾燥がひどくぴきぴきと張るような感覚を感じていました。

酷く乾燥する洗顔フォームだったのですね。

酷く肌が乾燥すれば自ずと皮脂の過剰分泌は起きてしまいます。思い返せば、しばらくすると肌がテカテカになっていましたが、それは潤っているのではなく皮脂のせいだったのでしょう。

また、抗菌効果や殺菌効果は無く、マラセチア菌を減らすことも出来ていませんでしたね。

おすすめの洗顔方法

脂漏性皮膚炎におすすめの洗顔方法としては、皮膚科の医師に尋ねてみたところ、洗顔フォームを使用せず、水洗顔に変えるという方法でした。洗顔フォームにより必要な皮脂を洗い流しすぎてしまっているためです。

水洗顔に変えたところ、少し肌がつっぱる感じやテカる感じが減ったように感じました。

脂漏性皮膚炎に良い化粧水とは?

脂漏性皮膚炎とスキンケア4

私が使用していた化粧水は、結構値段は良い化粧水でした。化粧水は高ければ高いほど良いのだろうと勝手にイメージしていたからです。

乳液ももちろんセットで同じ種類のものを揃えて使用していました。

しかし、化粧水を塗ると肌のベタベタ感が酷くなったり、肌に熱をもつように熱くなる日もありました。

更に少々時間が経つとパキパキするように肌は乾燥してしまっていて、何度か塗り直すこともありました。

しかし、脂漏性皮膚炎にとって高い化粧水を使用していても特に意味は無いように感じていていたのです。なぜなら炎症がおさまるということは一向にありませんでした。

また、殺菌効果や抗菌効果もないので、マラセチア菌が減るという事もなかったからでしょう。

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎におすすめの化粧水

脂漏性皮膚炎にとって、油分を多く含む化粧水や乳液は良くありません。

なぜならただでさえ肌の油分が皮脂により多くなってしまっているのにも関わらず、そこに油分の多い化粧水や乳液を塗ると、よりマラセチア菌が増えてしまう原因となります。

脂漏性皮膚炎におすすめの化粧水や乳液としては、油分の少ないもの、油分が含まれていないものが良いのです。

脂漏性皮膚炎にとって油分は大敵なのですね。

脂漏性皮膚炎への適切なスキンケアとは?

脂漏性皮膚炎を治すためには、正しいスキンケアが必要でした。

ポイントとしては・・・

  • 肌を清潔にする
  • 乾燥をしないように十分に保湿する
  • 肌の油分の割合を増やさないようにする
  • マラセチア菌を抑制する必要がある

という事となります。

スキンケアで脂漏性皮膚炎を治すことが出来る!!

脂漏性皮膚炎とワセリン3

どんなスキンケア商品が正しく、どんなスキンケア商品が悪影響となるのかという事は十分解ったのですが、実際にどの商品が良いのかよくわかりませんでした。

薬局で様々な洗顔フォームや化粧水などを見てみて使ったのですが、オイルフリーのものだと肌に塗った傍から乾燥していくほど保湿出来ていませんでした。

また、抗菌殺菌効果のあるという洗顔フォームを使ってみたのですが、それでも肌は一向に良くなりませんでしたし、乾燥がひどすぎて肌が痛むほどでした。

やっぱり私にはステロイドで炎症を抑えておくことしかできないのだろうかと諦めていた頃、インターネットで見たことのない商品を見つけました。

なんとインターネットでしか手に入れることが出来ないというものだったので、薬局では見つけられなくて当然ですね。

整菌スキンケアという神商品!!

最善

私が見つけた商品は整菌スキンケアという商品でした。

全身洗えるボディーソープ・ローション・クリームのセットでこれがあれば他のものを探す必要が無くなるかなと思いました。

そしてこの整菌スキンケアですが、肌を十分に保湿出来るだけではなく、ボディーソープで洗うとマラセチア菌を抑制することが出来る善玉菌という肌の菌を作りだしてくれるため、マラセチア菌が自由に増えることのできない環境を作り出してくれるというのです。

更にクリームとローションを塗ると善玉菌が育ち、ローションを塗ることで善玉菌が守られ、マラセチア菌が増えたり悪さをすることが出来ない肌環境を作ってくれるという商品でした。

使い続けることで、肌の菌のバランスは整い、肌トラブルが起きにくい善玉菌に守られた強い肌も作りだしてくれます。

私は脂漏性皮膚炎にはこれしかないな!!と思いました。

まとめ

私は整菌スキンケアを使用し始めました。

使っても肌がパキパキと乾燥することもなく、ローションやクリームを塗ると長時間立っても乾燥しないほど保湿されている感じがしました。

更に菌をコントロールするという事はこんなにも効果があるのかと驚くほど、肌の状態は変化していきました。

炎症は徐々に治まり、ステロイドに比べてれば治るスピードは遅いものの、丁寧に肌が回復していくような感じでした。

その後も使い続けていくと、肌は脂漏性皮膚炎になる前の肌に近くなっていき、ステロイドで治した時りも肌の状態は良くなりました。

その後再発もまたあるだろうと身構えてはいたものの、脂漏性皮膚炎の症状が出ることは無くなり、今では肌に残っていた跡も消えつつあるほどです。

十分外出はできるくらいの肌に回復しましたし、近場のコンビニくらいであればすっぴんでも行けるほど自信を持つことが出来るようになりました。

あのままステロイドで炎症を抑えるのではなく、根本的に肌の状態を改善することが出来て良かったなと思います。

私は整菌スキンケアに助けられました。

整菌スキンケアの公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です