顔の脂漏性皮膚炎(フケ症)に水洗顔が効く? 合理的な理由はあるのか考えてみた!

スポンサーリンク

今回は脂漏性皮膚炎(フケ症)の中でも顔に出来る脂漏性皮膚炎についてお伝えします。フケというと、頭から出るイメージが強いですが、皮膚炎という名称から分かるように、頭皮に限ったものではありません。

顔の中でも眉毛の周りや口の周りなどが赤くなり、頭皮からと同じように皮膚がポロポロと剥がれてくる、という症状です。この対策として、水洗顔というものが話題になっているので、それがどういったものであるのか、というところからしっかりとお伝えしていきますね!

脂漏性皮膚炎と水洗顔1

水洗顔でしっとり肌になれるか?

そもそも水洗顔って?

私自身もフケとはなが~く付き合っておりますので、その対策としてどんなものがあるのか、もう涙目になりながら、画期的な方法はないのかと調べたことがあります。その中に水洗顔というものがありました。ま、その名の通り水で洗顔するというものですね(そのまんま!)

水洗顔の何がいい?

水洗顔という名がついていますが、冷たい水じゃなくてもぬるま湯だっていいでしょう。

水洗顔というと、正直あまりなじみがないでしょうから、もう少し身近なもので言います。

考え方は「湯シャン」と同じです。

湯シャンとは(補足)

フケに限らず頭のトラブルを抱えている人(薄毛など)にはなじみが強いと思います。シャンプー(洗髪料)を使わずにシャンプーする(頭を洗う)というもの。シャンプーを使うと、必要な脂まで取りすぎてしまうので、お湯だけで洗いましょう。お湯で十分汚れは取れます。

そうすることで頭皮が元々持っているパワーが頭皮を健康な状態に保とうとしてくれる。大ざっぱに言えばこんな感じ。

水洗顔に話を戻すと

湯シャンと同じなのは、肌本来の力を引き出そうとするところですね。お風呂上がりにする化粧水や乳液といったものは、肌にとっては栄養ドリンクみたいなもの。

栄養ドリンクに頼ってしまうとそれなしでは力が出なくなってしまいがち、だから化粧水や乳液は一切使わずに、洗顔料も使わずに顔を洗うことで肌の力を最大限に引き出そう、とするものです。

理屈は分かるが(ここからは完全な主観です)

水洗顔自体を否定するわけではありません。もちろん自分の体のパワーを高めようとすることはとても良いことだと思います。怖いのは「水洗顔さえすれば」という思考になること。人間誰しも手っ取り早い方法を求めがちです。

スポンサーリンク

これはダイエットの世界でも顕著です。(これを食べれば痩せる!なんてやつね) 水洗顔自体は効果のある方法かもしれません。

しれませんが、体というのは、食べたもので出来ています。極端に脂っこい食生活だったり、逆に食べなすぎだったりといった栄養過多・栄養不足の状態でも水洗顔すれば治るか、と言えばこれは誰しも疑問に思うところでしょう。

バランスの取れた食生活、適度な運動をしているなら、肌本来も力を持っていることでしょう。持っている力を、さらに引き出すための水洗顔であるなら全く問題ないと思います。体にとってベストな状態でないのに、水洗顔をして肌本来の力を~というのは、疲れた体にムチ打つようなもので、栄養ドリンクを飲んで無理矢理力を出す、というのと同じではないかと私は思います。

脂漏性皮膚炎と水洗顔2

広い視野で対策を練ってね。

肌トラブル対策に近道なし

脂漏性皮膚炎に限らず、肌トラブルが起きているなら原因があるはずです。仕事だったら売り上げが上がっていないのはこれが原因だからこうして対策して・・・と考える人が多いと思いますが、肌トラブルだとかダイエットの話になると、近道を探してしまいがちです。

偉そうにこれを書いている私だってフケと完全にお別れできたわけではありません。しかし、原因は何かと考え、頭の洗い方や乾かし方を試行錯誤した結果、何とかフケが出るのを抑えられているといったレベルです。脂漏性皮膚炎は、私のようになが~く付き合っている人が多い病気です。

ぜひ色んな視点から対策を練ることをしてみてください。私たちが化粧水をつけるのはなぜでしょうか?つけないと肌が乾燥し、みずみずしさを失ってしまうからです。じゃあ化粧水を使わなければどうなるか?肌が乾燥します。

これは当たり前です。化粧水を使う使わないというところだけを変えても、根本的な解決になるとは思えません。肌が乾燥するからと顔に水をかけるとどうでしょう。顔が乾くときには、水分がもっていかれて、水をつける前より乾いてしまいます。 唇が乾いているときに水をつけても治らないでしょう? それと同じです。

まとめると

  • 水洗顔とは、肌本来の力を引き出すために洗顔料や化粧水を使わずに顔を洗うこと
  • 水洗顔が効果を出すのは、肌が力を持っている場合
  • 洗顔方法だけでなく、食生活など広い視野で対策を。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です