長引く自家感作性皮膚炎、諦める前に一度食べ物の見直しをしてみては?

スポンサーリンク

私は自家感作性皮膚炎に長い間悩まされてきました。

近所の皮膚科に首元に出来た湿疹が広がり、顔やお腹付近まで広がってしまった炎症を見てもらったのです。

すると、自家感作性皮膚炎だと一目で分かると診断されました。

私はステロイドと抗ヒスタミ薬という外用薬と内服薬を処方され、使用するとその日のうちに痒みが緩和しました。

その後も使用し続けたところ、炎症はみるみる治まり、皮膚科に受診して良かったと思ったのです。

しかし、その後1ヵ月ほどで炎症が再度発生し、また皮膚科へ受診する羽目になりました。

そんなこんなで、私は1年もの間、薬を塗っては治り、再発し、薬を塗っては再発しということを馬鹿みたいに続けてきたのです。

それでも私はいつか治ると信じていたのです。

また、肌が乾燥し肌バリア機能が低下しているため、服などとの摩擦の影響を受けやすく

再発する、再発しないようにも、炎症が治まったら保湿すれば再発しないと言われていたので、一生懸命保湿ケアをしていました。

それでも再発してしまうので、私は自分の保湿ケアが悪いのだと思っていました。

その状態を発症当初から心配してくれていた友人にセカンドオピニオンとして、評判の良い皮膚科を受診してみることを勧められました。

その時通っていた皮膚科も信用していましたが、もしかしたら皮膚科を変えれば再発しないところまで完治できるかもしれないと思い、受診してみたのです。

すると、以前まで通っていた皮膚科では行われなかった診察がありました。

それはパッチテストと血液検査です。

診断は自家感作性皮膚炎と変わりませんでしたが、あることが判明したのです。

それは私がアレルギーを持っているということでした。

数値が高かったのは豆類、チョコレート、小麦でした。

これまでの間、自家感作性皮膚炎に食事までもが関係しているとは思っていませんでしたし、てっきり乾燥だけが原因だと思っていたので、物凄く驚きました。

それからというもの、食事にも気を付ける生活が始まりました。

自家感作性皮膚炎の原因は1つではない?!

自家感作性皮膚炎と食べ物1

私も驚いたのですが、自家感作性皮膚炎の原因は1つではなかったのです。

自家感作性皮膚炎の原因には外的要因と内的要因の2つが重なり引き起こるものでした。

  • 外的要因・・・毒性のある物質、細菌感染、摩擦
  • 内的要因・・・乾燥肌、アレルギー体質

私の自家感作性皮膚炎も乾燥している肌への摩擦だけが原因だったのではなく、アレルギー体質であるということも関係していたのです。

2週間の食事制限

私はまず皮膚科で本当にアレルギー反応が出たものが自家感作性皮膚炎の原因なのかということを確かめるために、2週間食事制限をして肌の状態を確認すると言われました。

それから、私は徹底的に豆類も小麦類もチョコレートも断ちました。

すると炎症が起きても以前よりも赤みが酷くなかったり、広がる範囲も少なくなったのです。

やはりアレルギーが原因だということで、その後もアレルギー反応の出る食べ物を避けるようにしました。

これまで普通に食していてもアレルギー反応なんて起きたことが無いのにと思っていましたが、アレルギーは大人になってから急に発症してしまうこともあるということも知りました。

なぜ急にアレルギー?!

アレルギーは免疫力が低くなってしまうと引き起こる可能性が高くなるということでした。

日々の生活の中で免疫力が低くなってしまっていたのですね。

また、それに加えて乾燥肌で摩擦の影響を受けていた私は、自家感作性皮膚炎の絶好の発症場所となったのです。

食事制限で自家感作性皮膚炎を改善?!

自家感作性皮膚炎と食べ物2

私はその後もアレルギー反応が起きる食べ物を避けた生活を続けました。

今までは好きな食べ物だったので、日を追うごとに物凄く辛かったです。

今まで食べてきたものにはたくさんのものに豆類や小麦が使用されていました。

気づかずに食べてしまいそうになることすらあったほどです。

しかし、辛くても食べなければ炎症が起こりにくく、起きても軽少で薬ですぐに治るようになっていたので、制限する意味はありました。

全てを避けるのが難しい

そんな生活が続く中、私はお正月で実家に帰省しました。

そこでお餅を食べたのです。

あんこもち、磯部餅、そしてきなこ餅。

久しぶりの帰省で気が緩んでいたのです。

よく考えれば避けられたはずなのに、きなこ餅を食べてしまったのです。

食事を終えてくつろいでいると、肌がものすごい痒みに襲われました。

思い返すときなこを食べてしまったということに気づき、慌てたときには既に遅し、日ごろ炎症が起きにくくなっていたので、薬を自宅に置いてきてしまっていたのです。

せっかくの帰省。近所の病院にとりあえず受診しようと思いましたが、お正月でどこもかしこも診療していませんでした。

大きな病院の救急に駆け込んでも1.2日分ほどしかもらえない、実家は田舎で大きな病院へ行くのも大変。

自宅に泣く泣く帰宅することにしました。

久しぶりに会えたのに、すぐに帰らなければいけなくなり、家族も悲しみ私も物凄くやりきれないきもちで後ろ髪を引かれながらの帰宅。

帰宅した静けさも加担し、食事制限を続けることも、少し食べただけで炎症が起こってしまうことも、もううんざりで一人で大泣きしました。

泣いても痒みは治まるわけもなく、情けない気持ちで薬を塗りおちつきました。

これ以上もう薬に頼って生きたくない、このまま食事制限を続けるしかないのか、と満足していた現状に物凄く不満を持った最悪の日でした。

スポンサーリンク

自家感作性皮膚炎を完治し、食べ物も食べたい!!

自家感作性皮膚炎と食べ物3

以前までは炎症も起きず、食べ物も好きなものを食べて過ごしてきました。

その頃の自分に戻りたくてしょうがありませんでした。

私は徹底的に自家感作性皮膚炎を克服している人の体験談などを読み漁ったのです。

そこで治ったという人に共通するある薬があったのです。

それは皮膚科で私が処方してもらっているものではなく、澄肌漢方堂という第2医薬品でした。

澄肌漢方堂がもたらす効果とは?

澄肌漢方堂を服用することで、自家感作性皮膚炎により起こるひどいかゆみ、炎症を和らげてくれると知りました。

更にアレルギー体質も改善してくれるというのです。

炎症やかゆみが軽減し、アレルギーも起こらなくなれば、あとは肌の乾燥を防ぐだけです。

私はすぐに澄漢方堂を購入してみようと思いました。

しかし・・・。

なんだか怪しいなとも思ったのです。

薬には生薬と有効成分とビタミンが含まれているというのです。

ステロイドや抗ヒスタミンなどは一切含まれていません。

それで本当に痒みや炎症が軽減するの?アレルギー体質が改善するのだろうかと疑ったのです。

公式サイトを見ながらそんなことを迷っているうちに、90日間返金保証というものが目に飛び込んできました。

3カ月もの返金保証がついているのであれば、効果が無ければ返金すればなにも損はしない。

もし効果があれば得だ!!そう思いました。

更に健康相談や飲み合わせなどの相談も電話で気軽にできるということで、もし異常が起きたら電話しようと思い、購入しました。

自家感作性皮膚炎の完治

自家感作性皮膚炎と食べ物4

私は自家感作性皮膚炎の完治のため、澄肌漢方堂を服用し始めました。

朝に3粒、夜に2粒の合計5粒です。

カバンに入れて持ち歩くこともできたので、自宅で飲み忘れでも外出先で飲めました。

私は薬自体得意なほうではなく、生薬だったら更にまずそうと思っていたのですが、粒の周りが甘くコーティングされていたので、ストレスなく毎日飲みつづけることが出来ました。

それからというもの、最初の1ヵ月は特に効果が目に見えず、炎症が起きていたので皮膚科の薬を使用しました。

しかし、いつもよりも治りが早いのです、大体1週間ほど使用しなければ治らないのにも関わらず、3日ほどで治ったのです。

もしかしてこれは澄肌漢方堂のおかげ?と思い飲みつづけました。

気づいた頃には約4ヶ月もの間炎症が起きないという生活を送ることが出来ていたのです。

炎症が起きないなーとは思っていましたが、前回の炎症から4ヶ月もの期間が開いたとなると、物凄く久しぶりで驚きを隠せませんでした。

その後も澄肌漢方堂を飲みつづけたのですが、炎症が起こることなく過ごすことが出来るようになったのです。

自家感作性皮膚炎の完治と食べ物

私は自家感作性皮膚炎が治ったのであれば、澄肌漢方堂は効果があるものだと実感しました。

ということはアレルギー体質も改善されているのでは?と思ったのです。

そこで恐る恐る久しぶりにあの悪夢のような日の原因、そして私の転機のきっかけとなったきなこを食べてみたのです。

スプーンで2杯。

以前なら炎症が起こっていたでしょう。

しかし、炎症が起こらずに1日過ごすことが出来ました。

その後も納豆、チョコレートと少しずつ試しに食べてみたのですが、炎症が起こることなく過ぎました。

私は澄肌漢方堂で自家感作性皮膚炎の炎症や痒みを和らげた、改善しただけではなく、アレルギー体質の改善までもに成功したのです。

最後に

希望

自家感作性皮膚炎がなかなか治らないと悩んでいるのであれば、内的要因と外的要因となっている具体的な原因が判明しているかということを知ることから始めることが大切です。

そして原因となっているアレルギー物質を避けることが自家感作性皮膚炎をなおすために物凄く重要です。

しかし、そこでアレルギー物質を避けるということはものすごく大変です。

食べ物も大変ですが、そのアレルギーがハウスダストやほこりやダニという場合もあります。

それらに一切触れないということは日常生活の中でものすごく難しことですよね。

そこで、澄肌漢方堂を使用すれば、アレルギー体質自体を改善することが出来ますし、自家感作性皮膚炎の炎症や痒みも抑制してくれます。

私は一番簡単に苦労せずに自家感作性皮膚炎を治すことが出来るのは澄肌漢方堂だと思います。

私をどん底から助けてくれた薬です。

公式サイトはこちら→澄肌漢方堂

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA