赤ちゃんも水疱瘡はかかるの?症状・ケア・予防接種の体験談

赤ちゃんの水疱瘡
スポンサーリンク

赤ちゃんの肌にポツポツと赤い発疹。

「予防接種は1歳からだし、赤ちゃんは水疱瘡に罹らないよね?」

いえいえ赤ちゃんでも罹りますよ。

とても感染力の強い水疱瘡。

水疱瘡には流行する時期がありますので、しっかりと確認しておきましょうね。

気になる水疱瘡の原因や症状、治療法についてまとめてみました。

赤ちゃんの水疱瘡の症状

水疱瘡の流行時期

冬から春にかけて流行する感染症です。丁度今時期ですので頭に入れておきましょう。

水疱瘡の潜伏期間

2週間程。感染力は発疹が出る前の発熱の段階からあります。赤ちゃんを保育園に預けているママも多いと思いますが、登園許可が下りるのは発疹全てかさぶたになってからです。園によっては医師の登園許可書が必要な場合がありますので、水疱瘡にかかったら事前に園に確認しておきましょう。

水疱瘡の初期

  • 発疹の出る前日くらいから38度前後の発熱(でない子もいる)
  • 赤いアワ粒大の発疹がポツポツと出始め、3,4日で全身に広がります。
  • 24時間くらいで発疹の中心には白い水疱が見られる。

水疱瘡の中期

  • 米粒大から小豆大になる。
  • 水疱の中の白い液が濁り2日ほどで黒っぽいかさぶた状になる。
  • 3~5日間は新しい発疹、水疱ができ同時にかさぶたもできて、全身強いかゆみがある。

水疱瘡の治り際

  • 水疱が全部かさぶたになり、2週間程で全てのかさぶたが取れる。

赤ちゃんの水疱瘡の原因とは?

水痘ウィルスの感染によるもの。飛沫感染、空気感染、直接接触により感染します。

感染時期は基本的にはお母さんからもらった免疫が切れる生後半年からかりやすくなります。

最も罹りやすいピーク時期は5歳前後です。

水疱瘡は子供の病気と思いがちですが、大人にも感染します。

とても強い感染力なので、兄弟・姉妹間・保育園や幼稚園等集団生活で感染し、まれに生後半年未満の赤ちゃんにも感染する場合がありますよ。

赤ちゃんの水疱瘡の正しい治療法

水疱瘡は特別な治療をすることなく自然治癒する病気です。

但しかゆみが強いので病院では症状に合わせて体内のウィルスの増殖を抑える抗ウィルス剤、かゆみを抑える抗ヒスタミン、発疹の化膿止め、かゆみや炎症を抑える軟膏が処方されます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの水疱瘡ケア/跡を残さない為には?

水疱瘡は早期発見早期ケアすることが大切です。

自然治癒する病気ですが早期発見早期治療する事で、まず他の子に移すリスクが少なくなります。

また処方されたくすりで悪化が防げる場合もあります。

第2類学校感染症ですので通常感染者が出ると保育園や幼稚園からお知らせの手紙がありますので見逃さず、子供の異変に注意しましょうね。

食べ物の制限はありませんが、口の中にも発疹ができ痛みを伴いますので、口の中に入れても染みないものや口当たりが柔らかいものがお勧めですよ。

また、脱水症状を防ぐために水分もこまめに取りましょうね。

皮膚症状がでる病気の為、皮膚に炎症があると重症化する場合があります。普段からスキンケアをし肌をしっかり強くしておきましょう。

あと、ママが気になるのが跡が残らないかという所。

水疱瘡は強いかゆみがありますが掻いてしまうと跡が残ってしまうので、かゆみを抑える為に体を温めすぎない、かゆみが強い時は冷たいタオルで冷やすとかゆみが収まります。

爪は短く切り寝ている間に引っ掻く恐れがあればミトンを使いましょう。

お風呂もNGです。

水泡のうちはシャワーで優しく洗います。

お風呂は全身かさぶたになってから! 

赤ちゃんの水疱瘡の予防接種について

自然に水疱瘡に罹れば一生免疫がつきます。

ですがまれに重症化する病気なのでできればワクチンで予防したい!

2014年から定期接種となり無償で接種が受けられるのは生後12か月から36か月。

ワクチンの中身は毒性を弱めた水痘ウィルスを使った生ワクチンです。

ワクチンをしたから安心というお母さんがすごく多いのですが、生ワクチンをなので副作用も少なからずありますし一生の免疫がつくわけではありません。

接種後2割の子が水疱瘡にかかり、持続期間もはっきりした期間は不明で5年から10年程度ともいわれています。

私はワクチン反対派ではありませんが副作用も怖いです。

元気だった子が病気を予防するワクチンで何かあったら・・と思うのです。

接種する際はメリットデメリットを自分で調べて受ける・受けないを決めるのも親の愛だと思いますよ。

赤ちゃんの水疱瘡のまとめ

  1. 期間が長い水疱瘡の症状の流れを把握しよう
  2. 掻かないように注意し跡を残さないようにしよう。
  3. 予防接種はメリットデメリットを確認してから接種しよう。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です