赤ちゃんの足に湿疹が!原因は?症状が全身でない場合は要注意!!

赤ちゃんと足湿疹1
スポンサーリンク

我が子は1歳前に足だけに湿疹が出るという症状に見舞われました。

赤ちゃんのうちは乳児湿疹というものになる可能性が高いということも知ってたのですが、乳児湿疹は顔に出るイメージだったので足だけと言う症状を不審に思いました。

乳児湿疹であれば清潔にして保湿していれば治ると知っていたのですが、「これって本当に乳児湿疹なのかな?それとも違う病気なのかな??」と心配になりました。

そこで足だけに湿疹が出る場合、乳児湿疹以外に考えられるものを調べてみることにしました。

足に湿疹がでるのは乳児湿疹?

赤ちゃんと足湿疹2

生後間もないころから、1歳くらいまでの間に湿疹が出来る場合、乳児湿疹である可能性がとても高いです。

特に生後1週間~3ヶ月の間は乳児湿疹が起きやすい時期だと言えます。

しかし、私もイメージしていた通り、乳児湿疹は顔や首元に出やすいという特徴があります。

しかし、顔だけにとどまらず、全身に湿疹が出来てしまうケースもありますし、乳児湿疹の原因の1つは乾燥であるため、外気に触れやすい足は乾燥しやすい部位であるため、足に乳児湿疹が出来る事もあります。

乳児湿疹への対処法

乳児湿疹の場合、肌を清潔にし、肌を保湿してあげることが大切です。

肌を擦りすぎないように洗い、ボディーソープなどの洗い残しには注意しましょう。

また、保湿剤は肌の潤いがしっかりと持続されるような保湿力が高いものを選びましょう。

肌への刺激となる成分が含まれているものは避けるという事も重要です。

赤ちゃんの足に湿疹が出来るのは手足口病?!

足だけに湿疹が出来てしまっている場合、乳児湿疹ではなく手足口病である可能性もありあります。

「エンテロウイルス」というものや「コクサッキ-ウイルス」というウイルスが原因となり引き起きる感染症です。

手のひらや足の甲、口の中等に湿疹が出来、発熱を伴う事もあります。

稀に脳炎を引き起こし重症化するケースもあるので気を付けなければいけません。

早期発見をするためには、手足に湿疹が見られた場合、乳児湿疹だと判断してしまわずに、口の中に湿疹が出来ていないか確認しましょう。口の中の湿疹に気づかず、乳児湿疹だと思っていた結果、重症化してしまったという場合もあるので要注意です。

手足口病への対処法

手足口病に感染した場合、病院へ受診しても特効薬は無く、湿疹に塗る軟膏や鎮痛薬などが処方されるのが一般的です。

しかし、重症化しない為にも早めの受診はとても大切です。

また、症状が治まりつつある中、湿疹がかさぶたのようになってしまい、しばらく治らなかったり、稀に跡が残ってしまう事もあるので、肌を保湿し、肌のターンオーバーがしっかりと行われるようにすることで、健康的で綺麗な肌を早く取り戻すことが出来ます。

赤ちゃんの足にできた湿疹はあせも?!

赤ちゃんと足湿疹3

赤ちゃんの足に湿疹が出来た場合、あせもである可能性も考えられます。

汗を良くかく部分にあせもはできやすく、赤ちゃんは汗を良くかくのであせもができやすいのです。

更に赤ちゃんの肌は薄く繊細で、汗などの刺激に弱くすぐにあせもが出来てしまいます。

特に足は体格がムチムチになってくると、足のクビレ部分に汗が溜まりやすく、湿疹が出来やすくなってしまいます。

また、靴下を良く履かせているとあせもができやすくなる子もいます。

あせもへの対策法

湿疹があせもである場合、清潔にしていれば治ります。しかし、清潔にするだけではなく保湿もしっかりとしましょう。

スポンサーリンク

保湿をすることで汗などの刺激に負けない肌を作ることが出来ます。

清潔を保つことが出来ず、保湿も怠ってしまうと、「とびひ」と言う状態へと悪化してしまうことがあります。あせもが酷くなってきたなと思ったら、早めに皮膚科に受診した方が良いでしょう。

足の湿疹は接触性皮膚炎?

接触性皮膚炎は赤ちゃんがずりバイやハイハイをし始めると接触性皮膚炎が引き起こりやすくなります。

赤ちゃんのうちは横になっているだけで、触れる面は背中だけだったでしょう。

しかし、ずりバイやハイハイを始めると足が床に擦れるようになり、その摩擦が肌への刺激となることで、皮膚のトラブルが起きてしまうことがあるのです。

また、ずりバイやハイハイをするときに、着ている服と肌が擦れたり、自宅のカーペットや畳が肌に合わず、湿疹が出来る場合もあります。

更に足は公園などに行き草木に触れた際にかぶれて湿疹が出来てしまうこともあるのです。

それらも接触性皮膚炎の1つです。

接触性皮膚炎への対処法

接触性皮膚炎は患部を掻きむしらず、触れないようにしましょう。

かき壊さずに保湿をしていれば治りますが、掻き壊してしまうとどんどん湿疹が広がってしまうことにもなります。

また、しっかりと普段から保湿をしてあげていれば、肌への刺激に耐えられる強い肌となるため、接触性皮膚炎になりにくくなります。

保湿をして強い肌を手にいれましょう。

足の湿疹は水イボの?

足の湿疹は水イボである可能性もあります。

よく保育所や幼稚園のプールの際などに移ることが多いので、注意しましょう。

水イボは伝染性何属腫と言うものであり、ポックスウイルスが原因で湿疹が出来てしまいます。

水イボは半年から1年ほどで抗体が出来るので自然に治るのですが、治るまではどんどん広がってしまうケースが多いのです。

水イボは治療をしなければどんどん広がってしまいます。

皮膚科では良くピンセットで水イボを摘み取る治療法です。出血と痛みを伴うので、小さな子供にとってはかなり辛いことでしょう。

水イボの予防は?

水イボの完治までとても大変なので、感染する前に予防しておきたいですね。

水イボを予防するためには、肌のバリア機能を高めておく必要があります。

肌のバリア機能を高めておくことで観戦しにくい強い肌となります。

肌バリアを高めるためには肌に十分な水分を与え、保湿することが大切です。

もし水イボが出来てしまった場合は早めに皮膚科へ受診しましょう。

強い肌をつくる事で赤ちゃんの肌は守られる!

乳児湿疹と保湿1

赤ちゃんの肌はとても繊細でとても弱く、刺激に負けてしまいやすいのです。

その為様々な肌トラブルに見舞われてしまいやすいともいえます。

しかし、肌のバリア機能を高めておくことで、多くの肌トラブルを未然に防ぐことが出来うるのです。

そこで私は我が子の肌バリアを高めてあげたいなと思い、肌バリアを高められる方法を調べていた時に、【アトピスマイル クリーム】 というものを見つけました。

アトピスマイルクリームを塗るだけで、肌バリアが高まるというのです。

私は様々な肌トラブルから我が子を守るために、アトピスマイルクリームを購入し、保湿ケアに使う事にしました。

毎日お風呂上りにアトピスマイルクリームを全身に塗る生活を始めたのですが、以前のように時より湿疹が出来て心配になるという事もなくなり、健康的な肌を持続させてあげることが出来ています。

赤ちゃんの肌にトラブルが起きるととても心配になりますが、アトピスマイルクリームで保湿をすることで、その不安が大きく軽減されました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です