赤ちゃんの足に湿疹が!原因は?症状が全身でない場合は要注意!!

赤ちゃんと足湿疹1
スポンサーリンク

我が子の足に突然できた湿疹。

赤ちゃんの湿疹といえば顔に出ることが多いイメージがあったので、

「こんな場所にも湿疹って出るものなんだ」

とびっくりした経験があります。

特に、全身に症状が出ておらず足だけに症状が出ている場合は

「これって乳児湿疹なのかな…?それとも違う病気?」

と不安になるママさんも多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

そして実際に、病院で診察してもらった結果、乳児期によくある「乳児湿疹」以外の原因だったこともあったのです。

乳児湿疹は足にもできる?

生後間もない赤ちゃんにみられる湿疹を乳児湿疹と呼びます。

新生児〜生後3ヶ月頃は母親のホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになっており、それが原因で「脂漏性湿疹」ができやすいです。この脂漏性湿疹 は身体にはできず首より上にできるのが特徴です。

しかし生後3ヶ月以降は皮脂の分泌量もぐっと少なると同時に乾燥に弱くなり、この頃から「乾燥性湿疹」ができることが多くなります。

乾燥性湿疹は顔だけでなく全身に出る可能性があります。

乾燥が原因ですので、特に外気にさらされている足もできやすい箇所といえます。

足にできた湿疹が乳児湿疹であれば、生後1年頃までには落ち着くので心配ありません。

対処として、「清潔にしてたっぷりと保湿」をしてあげましょう。

私の息子の場合は、小児科で処方していただいた「プロペト」という保湿剤を、お風呂上がりに毎日使用していました。

白色ワセリンから不純物を無くしたものがプロペトです。副作用もほとんどないとされています。

「ベビーローション」「ベビーオイル」「ベビークリーム」等の市販の保湿剤でも問題ありません。

足にできた湿疹の原因は?乳児湿疹以外に何がある?

赤ちゃんと足湿疹2

足にできた湿疹が全て乳児湿疹とは限りません。

中には危険なものもあります。

乳児湿疹以外に全身に湿疹がでるものはいくつかありますが、ここでは特に足に症状が出やすいものを紹介します。

手足口病

手足に出るものとして一番有名なのでは、と思います。

「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」が原因で引き起こされるウイルス性の感染症で、口の中や粘膜、手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、発熱を伴うことがあります。

稀に脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。

私の息子も、この手足口病にかかりました。

当初は口の中の水疱に気づかず、足の発疹のみで乳児湿疹だと誤った判断をしてしまったものです。

熱が出たこと、口の中にできた水疱が潰れてできた口内炎が痛んで食事を受け付けなくなったことで、この病気に気がつきました。

スポンサーリンク

この病気に特効薬はありませんが、口内炎に効く軟膏や鎮痛薬などを処方してもらえますので、病院を受診することをオススメします。

あせも

あせもは汗をかく部分に出やすいという特徴があります。

赤ちゃんは汗をかきやすく、肌が敏感であるためにあせもができやすいです。

特に赤ちゃんには太ももにハムのようなくびれがあることが多く、そのくびれ部分や関節部分があせもになってしまうことは多いです。

また、靴下を履かせていることが原因であせもになることもあります。

あせもは清潔にしていれば治りますが、痒みが続いたり「とびひ」になってしまった場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

接触性皮膚炎

赤ちゃんがずり這いやハイハイなどで動きはじめると、これまで背中しか地面に触れていなかったのが、足も地面に触れるようになります。

摩擦による刺激や、特定の素材のアレルギー等、皮膚トラブルが起きることがあります。

布団やカーペット、畳などの素材が赤ちゃんの肌に合わないことがありますので、日頃からよく観察してあげましょう。

また、公園などに行った場合に草木の接触によりかぶれることもあります。

服で保護されていない足は草木と触れることが多いです。蕁麻疹のように腫れることがあります。

水イボ

息子の足にできた肌トラブルで一番悩まされたのが、この「水イボ」です。

1〜5mm程度のぷくっとした盛り上がりが、胸、腹、脇の下、膝の裏などの擦れやすい部分にできます。

「伝染性軟属種」というウイルスによる感染症で、同じタオルを使ったり、プールで肌が触れ合うなどして接触感染します。

3歳〜15歳前後の児童期に多く発症するそうですが、息子は0歳の時に発症しました。

免疫がつけば自然に治るそうですが、息子の場合は掻きむしったせいであちこちに水イボができてしまい…。皮膚科でイボをとってもらいました。

その際の泣き叫び様は……酷かったです。

しかも、イボを何度とっても免疫がつくまではすぐにまたイボができてしまい、完全にイボがなくなるまでに1年以上かかりました。

まとめ

赤ちゃんと足湿疹3

足にも乳児湿疹はできる!それ以外にも、

  • あせも
  • 接触性皮膚炎
  • 手足口病
  • イボ

など、足の湿疹の原因は多くあるので、湿疹の状態をよく観察してみましょう。

また、皮膚トラブルに限らないことも多いので、症状に迷ったら皮膚科ではなくまず小児科を受診して判断を仰いでみてもいいですね。

足だけだから…と思わずに、足の湿疹以外に症状がないかチェックすることも大切です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です