赤ちゃんの背中や腕に気になるぶつぶつありませんか?これ何!?

Baby-eczema-outside-the-elbow
スポンサーリンク

えっ?!こんなところに湿疹あったっけ?と思ったほど突然に、湿疹を見つけました。

我子が生後3ヶ月くらいの頃、お風呂に入れようと思い、服を脱がせると背中や腕に湿疹ができていたのです。

なんで湿疹ができたのだろう、どうしたら良いのだろうと悩み、診療時間を過ぎた夜という事もあり、インターネットで調べてみることにしました。

すると湿疹とはいえ、様々な原因や病状があり、それぞれに適した対処法が必要だったのです。

放置してしまうとどんどん悪化し、取り返しのつかないほど長期に渡って悩むことになってしまいます。

また、私もそうだったのですが、皮膚科の薬を塗れば治る!安心して使える!と思いがちですが、実は赤ちゃんの体にとってできれば使いたくない薬もありました。

様々な湿疹の原因と正しい対処法

驚き

皮膚が炎症を起こしていたり、痒みを伴っていたり、赤い複数の腫れや水ぶくれができている場合、様々な原因が隠されています。

乳児湿疹

乳児湿疹に関しては出産した産科で説明を受けていました。

生まれる前、母親の体から受け継がれた女性ホルモンの影響で生後1、2週間、生後3ヶ月頃までの間に皮脂の分泌が過剰となり毛穴に皮脂が詰まった事が原因で湿疹ができてしまうというものです。

皮脂が過剰に分泌しやすい生後3ヶ月頃を過ぎると、今度は逆に皮脂の分泌量が少なくなり、肌が乾燥する事が原因で湿疹が出来る事もあり、その場合も乳児湿疹と称します。

乳児湿疹の対処法

乳児湿疹の対処法としては、肌を清潔に保ち、毛穴に皮脂が詰まらないようにするという事が大切です。また、肌を清潔にするために洗うと、洗い終えた後に乾燥しやすくなるため、肌を保湿することで、乳児湿疹は徐々に治ります。

アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの背中や腕に出来る湿疹は、アトピー性皮膚炎というものの場合もあります。

実はアトピー性皮膚炎と乳児湿疹の見分けは医師でも難しいもので、素人には到底わかりません。

皮膚科に受診し湿疹の状態を見てもらい、判断してもらうと良いでしょう。

乳児湿疹と診断されたものの、一向に治らないという場合は、アトピー性皮膚炎だったというケースもあるので、治らない場合は再度受診してください。

アトピー性皮膚炎の対処法

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚科ではステロイド外用薬を処方されます。赤ちゃんという事で、肌に一番低刺激なものを処方してくれるでしょう。

また、肌をこまめに洗浄し、清潔に保ち保湿することも大切です。

あせも

赤ちゃんの背中や腕の湿疹はあせもという可能性もあります。

まだ寝返りを打つことが出来なかったり、動く範囲が限られているという場合、布団と肌、服と肌が密着していることが多く、肌が蒸れやすい状態が続きます。

あせもの正しい対処法

あせもの場合は、汗を細目に拭き取り、清潔に保つ必要があります。石鹸で何洗ってしまうと乾燥を招いてしまい、他の肌トラブルを併発してしまう原因となるため、石鹸を使って洗うのは1日1回、そのほかは拭くだけで良いです。

肌を保湿で強い肌に!

ワセリン

湿疹には様々な種類があるのですが、一連の共通点として清潔に保つ・保湿をするという事が大切なのです。

肌は保湿をすることで、肌にとってのバリア機能の代わりになる角質層が正常に働き、肌を守ってくれるのです。

しかし、肌が乾燥していると、角質層は正常な肌バリアの機能を果たさなくなってしまい、肌トラブルが起きやすい弱った肌が出来てしまうのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌に起きているトラブルから脱出し、トラブルに巻き込まれない強い肌を作るためには保湿をしなければいけないのですね。

という事は、薬などに頼らなくても保湿をすれば強い肌が手に入れられ、肌トラブルを完治させられるのではないかと思ったのです。

また、皮膚科で処方されることが多いステロイド外用薬は、強い効果を発揮し、湿疹による炎症を直ちに鎮めてくれる優れものなのですが、効果が出なくなって来れば強い刺激のあるステロイドに変更していかなければいけませんし、炎症を抑えるだけで、症状の根本的な解決には至らないのです。

つまり一時的に炎症は治まるため治ったように見えるものの、実際は大体治ってきたものの、予防しなければすぐに再発してしまう弱った肌のままなのです。

赤ちゃんの湿疹の治し方!

上を指す女性

私は湿疹には様々な種類のものがあるという事を知ったものの、大体は保湿をしっかりと行えば治るのではないかと思ったのです。

しかし肌の表面だけをカバーするような保湿剤では物足りません。

肌の奥深くまで浸透し、常に潤った肌を持続させられるくらい保湿力の高い保湿剤を求めたのです。

様々な商品を目にした中で、一番効果的そうだなと思い、購入したのは【アトピスマイル クリーム】
というものです。

肌に優しい成分で作られていて、尚且つ肌の一番底にある基底層という部分にまで成分が行き届き、尚且つ表面をカバーして保湿するのではなく、肌の水分保持機能というものが正常に作用する状態を作ってくれるため、水分が蒸発しにくく潤った肌を持続できるようになるというものだったからです。

これなら根本的に強い肌を作れるのではないかと思ったのです。

背中と腕にアトピスマイルクリームを!

我が子の背中と腕の湿疹にアトピスマイルクリームを塗って見たのですが、特に肌への以上もなく使うことが出来ました。更に数週間塗る続けていくと赤ちゃんらしいツルツルで綺麗な肌がよみがえってきました。

私は我が子の体に湿疹が出来たら【アトピスマイル クリーム】 を塗れば一撃だと感じています。

また、ほぼ毎日保湿クリームとしてアトピスマイルクリームを塗っているのですが、ほぼ湿疹などの肌トラブルが見られなくなりました。

もしアトピスマイルクリームでも治らない湿疹ができたときは皮膚科に頼るしかないかなと思うのですが、1歳になる今でも治らなかった湿疹は無く、綺麗な肌を保つことが出来ています。

まとめ

未来

赤ちゃんの湿疹にはさまざまな種類があり原因があり、小さい子供に湿疹が出来ると慌ててしまいますが、基本的には清潔を保ち保湿することで治すことができます。

実際に湿疹ができたからといって皮膚科に行っても、一時的に症状を抑える薬しか処方されず、後は体質改善を自分で頑張って下さいという感じだと実体験を通して私は感じています。

湿疹は清潔・保湿で治せる、予防できるため、アトピスマイルクリームに助けられながら、自分で赤ちゃんの肌を守ることが出来ています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です