赤ちゃんの肘のカサカサ。これって乾燥?それともアトピー?

赤ちゃんと肘カサカサ1
スポンサーリンク

我が子は1歳くらいになり、急に肌が乾燥するようになりました。

冬の寒い時期だったこともあり、乾燥かなと思っていましたが、市販の保湿クリームを買ってきて塗ってあげてもなかなか治りませんでした。

更に、我が子は痒くて痒くて掻きむしり、湿疹のようなものが出てきたり、肌がかなりザラザラしていました。

一番ひどいのは肘の外側及び内側です。かなりカサカサになり、酷い時はあかぎれのようになり、ひび割れていて痛々しくなってしまっていました。

皮膚科に受診してみると、乾燥が酷いから保湿してね~。と言われたので、その後も保湿クリームを塗り続けましたが、3カ月ほど一生懸命塗り続けても治りませんでした。

夜中も寝ながらかゆいのか掻きながら泣き、ぐっすりと眠る日は無くなりました。

そんな時、ママ友から、「○○ちゃん(我が子)ってアトピー持ちなの?」と聞かれたのです。

え?!アトピーってこんな感じなの??と思って聞き返したところ、友人の姉の子供はアトピーで同じように見えたというのです。

驚きましたし不安になり、以前とは別の皮膚科に見せに行く事にしました。

最初はまた、乾燥がひどいね。と言われたのですが、この状態が3カ月以上続いている、保湿しても治らないということを伝えてみたところ、アトピーかもしれない、と診断がかわりました。

こうして我が子のアトピーが発覚し、ステロイドを処方されるようになりました。

酷い乾燥とアトピーに違いとは?

アトピーと赤ちゃん1

なぜ我が子は乾燥と診断されていたのにアトピーだったのか意味が解りませんでした。

どうしてアトピーと最初から判断されなかったのでしょう。

また判断基準は無いのかも気になりました。

実はアトピーの症状なのか、ただの乾燥なのかという判断は医師でも間違えるほど識別しにくいそうです。

ただ違いが1つあり、長期的に(2~3カ月)くらいずっと症状が治まらずに続く場合、アトピーである可能性が高いと判断できるそうです。

我が子は3カ月以上続いたのでアトピーだと診断されたのですね。

また、アトピーの場合は再発を繰り返すそうです。

慢性的な症状がみられるということですね。

また、乾燥肌が続くと、肌のバリア機能が低下し、弱った肌はアトピーになってしまう可能性を高めるそうです。

乾燥かも?対策は?

肌が乾燥しているなというときの正しい対策方法とはどうしたら良いのでしょうか。

まず入浴時ですが、擦らずに優しく叩くように洗いましょう。

また湯温度が高すぎると乾燥を招いてしまうため、湯温度は40℃以下と低めに設定することをおすすめします。

肌を刺激しないようにゆったりとした服を着せ、洗剤は合成洗剤を避けて低刺激の成分で出来ている洗剤を使用すると良いです。

部屋は湿度を高め、湿度は一定に、温度差をあまり感じさせないようにします。

やはり保湿は大切です。乾燥しやすい入浴後はすぐに保湿クリームで保湿し、乾燥を防ぎましょう。

我が子も肘部分の症状が酷くなっていましたが、よく動かすことになる関節部分は症状が酷くなりやすいので入念にケアすると良いです。

ステロイドを塗った経過は・・・

赤ちゃんと肘カサカサ2

我が子はアトピーと診断され、ステロイドを始めて処方されました。

ステロイドを塗ると驚くほど早く肌の症状が治まっていきました。

意外とすぐに治りアトピーってこんなものかと当時の私はたかをくくっていました。

その時はこんなにも悩むようになるとは微塵も感じていなかったのです。

再発・悪化するアトピー

赤ちゃんと湿疹と病院1ステロイドにより肌の赤みやザラザラとした感じ、あかぎれやかゆみは治まり、完治したように見えるのですが、ステロイドは長期的に使用できないので、治ると使用を辞めなければいけません。

予防には使用できないので、治ったら市販の保湿クリームを塗る生活を続けていました。

しかし、アトピーは急に再発し出します。

再発したらすぐに病院です。またステロイドをもらい塗ると治ります。

再発→病院(ステロイド)→保湿クリーム→再発を繰り返していたのです。

更に再発するだけではなく、徐々に再発した時の症状も酷くなっていく様子が見られ、ステロイドを塗っても治るまで時間がかかるようになっていました。

これって徐々に酷くなっていく?!

一生我が子はステロイドと生きていかなければいけないのか?!

と不安になってきました。

スポンサーリンク

ステロイドを使い続けると・・・

ステロイドを使い続けるとステロイドの成分が体内に吸収され、体調に悪影響を与えたり、ステロイドの副作用により肌が象のように硬くなってしまったり、今使用している弱いステロイドでは炎症を抑えることが出来なくなってしまい、どんどん強いステロイドを使っていかなければいけなくなるということを知りました。

急にステロイドで治してあげていることが怖くなりました。

今まで塗っていたことを後悔するほどでした。

正しく使用すれば安全であり、炎症を抑えるためには有効な薬だとも言われていましたが、本当に一生安全に使用できるかなんてわかりませんよね。

また、ステロイドには炎症を抑える抗炎症作用しかなく、肌の状態を改善するということはできないということも知ったのです。

ステロイドを塗ったとしても再発は当たり前のことで、アトピーが完治することはないということですね。

どうしたらアトピーは完治するの?

ではステロイドを使用せずにアトピーを完治させるためにはどうしたら良いのかを調べてみることにしました。

乾燥が酷くなると肌のバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなりアトピーに発展してしまうことがあると最初にもお伝えしましたが、アトピーになってしまった肌は乾燥している肌よりもより肌のバリア機能が低下してしまっています。

肌に炎症が起きると、肌に必要な水分も皮脂もゼロになってしまいます。

皮脂は体内から炎症が起きた部分をカバーしようとして分泌されますが、水分は体内から自動的には分泌されません。

肌の外側から水分を与え潤う肌にしてあげなければいけません。

肌を保湿して肌のバリア機能を高めてあげることで、アトピーの症状が引き起こらないようにすれば再発を防ぐことが出来るということです。

市販の保湿クリームでは治らなかったよ?

私はステロイドで炎症が収まってからしっかりと市販の保湿クリームを塗っていました。

それなのにアトピーの再発は防ぐことが出来なかったのです。

考えられる原因としては、肌に刺激となる保存料や香料、界面合成剤、パラベン等が含まれていた、保湿力が足りなかったということが考えられました。

私はアトピーに効果のある保湿剤を探してみることにしました。

アトピーに効果的な保湿クリーム?!

市販の保湿クリームを見に行ってみたのですが、肌に刺激となる成分が一切含まれていないもの、肌のバリア機能を高められる保湿力があるものを探してみたのですが、良さそうなものを見つけられませんでした。

そこでインターネットでアトピーに効果的な保湿クリームがあるのかどうか口コミを見てみようとみていたところ、あるクリームが好評だったのです。

【アトピスマイル クリーム】というものでした。

アトピスマイルクリームは肌に刺激となる成分が含まれておらず、更に肌に十分な水分を与えてくれるというのです。

そして購入しようとおもった決定打は、肌の水分保持能というものを高めてくれる成分、ライスパワー№11という成分が含まれていて、水分を肌自体が蓄えてくれるため、乾燥しにくい肌を作り出し肌のバリア機能を高めてくれるというのです。

アトピスマイルクリームで完治?!

赤ちゃんとアトピーといつまで2

ステロイドで炎症が治まったところで、アトピスマイルクリームを塗ってみました。

まず今までの市販の保湿剤に比べ、肌の表面に塗り乾燥しないようにカバーしてる感じではなく、肌にスーッと染み込み水分が肌の奥底まで届いているような塗心地を感じました。

また、塗ってから乾燥する様子が無く、夜も体を掻かずに寝てくれました。

その後も塗り続けました。アトピーが再発しませんようにと願いながら・・・。

半信半疑で、治るとは思っていませんでしたが、とにかく最後の砦だと思いながら塗り続けました。

毎日塗り続けていたところ、いつのまにかアトピーが再発せずに月日が流れていました。

あれ再発しないな?と思い続けてからも【アトピスマイル クリーム】を塗り続けていたところ、それからアトピーが再発することはなくなったのです。

まとめ

今では我が子の肌は乾燥することも無くなりアトピーの症状が起きることも無くなりました。

綺麗な肌で羨ましくなるほど子供らしい肌を維持しています。

ステロイドで炎症を抑え続けていても意味がないということに気づき、保湿クリームで肌のバリア機能を高めることが大切だということに気づき、更にアトピスマイルクリームに出会うことが出来て本当に良かったなと思います。

今ではぐっすりと眠る我が子の姿を見ると、本当に治って良かったな、これからも再発を防ぐためにもアトピスマイルクリームを塗り続けてあげようと思っています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です