赤ちゃんの手足口病の原因・症状や予防方法について

赤ちゃんの手足口病
スポンサーリンク

暖かくなりいよいよ初夏ですね。インフルエンザ等沢山の病気が流行した冬を終えホッしたのも束の間、夏にも大流行する感染症があり気を抜けないですね。

「3大夏風邪」の1つ手足口病。これからの季節がピークとなります。大人、特に妊娠しているお母さんや出産直前のお母さんは赤ちゃんに影響が出てしまう場合もあります。

その前に手足口病の特徴や症状、注意点、ケアの方法をしっかり確認しておきましょうね。

手足口病の原因

5歳以下乳幼児に見られる夏風邪の一種です。流行時期は6月~8月です。コクキッサーウィルス・エンテロウィルスによる感染症で、咳くしゃみなどの飛沫感染・直接接触やおもちゃなどを介しても感染します。

又、糞口感染と言ってうんちの中に排泄されたウィルスからも感染します。うんち自体だけでなく、うんちによって汚染されたものを触った手で口を触る事で感染するので、オムツ替えの際は注意が必要です。

耐熱・耐湿と夏の環境に強く対抗できる性質で消毒にも強いため除去の難しいウィルスになります。

手足口病の症状

潜伏期間は3~5日程。熱は出ない事も多く、発熱しても38~39度で1~3日程で下がります。

  1. 頬の内側の粘膜、歯肉、唇等に赤く真ん中が白いポツポツができます。
  2. 口の中にできた赤い発疹は水ぶくれになり、小さな潰瘍ができます。この為口の中を痛がりよだれも多くなります。
  3. 手のひら、足の裏、膝に米粒ほどの水疱ができます。この時肘やおしりまで広がるタイプや口の中はひどくても手足にでない等さまざまです。
  4. 水疱はしぼみ、口の中の潰瘍や炎症も静まり、痛みも和らいできます。
  5. 発症から1週間程で跡は残さず消えていきます。

比較的軽い病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎等の合併症がありますので、注意深くしっかりと経過観察を行う必要があります。

頭痛・嘔吐・ひきつけを起こした場合はすぐ病院へ行きましょう。

うつしやすい時期

発疹が水ぶくれになっている間は感染するので注意しましょう。

予防 

手足口病は有効なワクチンはありません。

感染した場合の特効薬もありませんので以下の事に注意して予防してください。また頻度は少ないですが大人が感染することもあります。

耐性のない大人が感染すると重症化しやすいです。又、お母さんが妊娠中の方も注意が必要です。妊婦は抵抗力が低くなっているので重症化しやすく、また出産直前にエンテロウィルスに感染すると、赤ちゃんが感染してしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

その場合多くは軽症ですが、まれに臓器に感染し死亡してしまう場合もありますので要注意です!

  • 手洗いうがいを徹底的に行いましょう。
  • 排泄物の処理はきちんと行う事。オムツ交換の際はゴム手袋を使うなど工夫をしましょう。その後は必ず手を洗う事。
  • 感染力が強いので集団生活では十分注意してください。
  • タオルや食器等ものの共有をすることもNGです。
  • 水疱を掻き壊さないようにする事。爪の中にウィルスが潜んでいる場合もあるので、爪は短く清潔にしておきましょう。

手足口病のケア(自宅)

  • こまめに水分をたっぷりとあげることが大事です。
  • 口の中の発疹が潰瘍になる頃が一番痛みがひどい時期で、食欲が落ちます。辛い物や酸っぱい物等刺激の強い物は避けて、ぬるめのミルク、ヨーグルト等口当たりが優しくのど越しの良いものを与えましょう。
  • 入浴は水疱が消えてからにしましょう。水泡の中にウィルスがいるので熱がなくても水疱が完全に消えるまでは入浴は控えシャワーにしましょう。
  • 1週間程で治り合併症も少ない比較的軽い病気です。コクサッキーウィルスはとても強い耐性ウィルスです。どんなに注意しても感染してしまうこともあります。感染しても神経質になりすぎず、家庭内感染を防ぐこと、症状を緩和させることに努めましょうね。

登園はいつから?

手足口病は潜伏期間中や症状が収まってもしばらくは便の中にウィルスがいるのでその間感染してしまう可能性があります。流行を阻止するのは困難という事で、手足口病は保育園、幼稚園を休まなければいけない感染症には指定されていません。

登園の目安は完全解熱して24時間経過している事、発疹の水疱がない事です。

但し、園によっては症状が完全に改善するまでは登園禁止や医師の診断書が必要な場合があるのであらかじめ園に確認しておくことです。

まとめ

  1. 手足口病の原因と症状について。
  2. うつしやすい時期。
  3. 予防方法。
  4. 自宅ケアについて。
  5. 登園について。

小さな子は抵抗力が弱く、特に保育園などの集団生活をしている場合は感染してしまう可能性が高くなります。

日ごろから抵抗力を高める為に、しっかりと睡眠をとる、バランスの良い食生活、良く体を動かす、うがい手洗いの徹底で健康面をサポートしてあげましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です