赤ちゃんのアトピー発症時のおすすめ石鹸!!石鹸選び間違ってませんか!?

赤ちゃんとアトピーと石鹸1
スポンサーリンク

大人が思っている以上に赤ちゃんは汗っかき、そして肌がデリケートなので

汗でもお肌のトラブルになりやすい特徴を持っています。

そのため日々肌を清潔に保つことが重要ですが・・・。

皆さん、アトピーを患っているという赤ちゃんにはどのような石鹸を使っていますか?

赤ちゃん用の低刺激な石鹸なら何でも良い、と思っている方がいたら、

それは違いますよー!

赤ちゃん用の石鹸といっても成分や仕様は千差万別!

石鹸は肌を清潔に保つのに有効ですが、間違ったものを使うとアトピーの症状を

悪化させてしまうこともあるんです。

肌が大人の半分くらいの厚さしかなく、とってもデリケートな赤ちゃんの石鹸選びは

大人のアトピー患者の石鹸選び以上に重要なのです。

赤ちゃんのアトピーの具合が今後良くなっていくか、の大きなポイントになっていると言っても

過言ではありません!

赤ちゃんの石鹸選びはどのようなことをポイントに選ぶのが良いのでしょうか?

そのポイントをまとめました。

石鹸選びのポイント

赤ちゃんとアトピーと石鹸2

無添加のもの

大人のアトピー患者でも同様ですが、基本はこれです。

香料、着色料等使用していないものを選びましょう。パッケージに「敏感肌用」等々記載されている商品もありますが、無添加ではない商品もあったりしますので注意が必要です。

また石鹸に限らず肌に触れるものは衣服等天然成分由来のものを選びましょう。

肌への刺激が少ないもの

石鹸に使用されている成分にも関連するのですが、

当然肌に刺激の少ないものの方が良いです。

具体的には、液体の石鹸より、固形石鹸の方がその製法によって、

肌に優しいと言われています。

また泡で出てくるタイプでも固形石鹸と同じく肌に優しいものもありますので、

お父さん、お母さんが赤ちゃんの体を洗う際、洗いやすいメリットがあります。

我が家では、泡で出てくるタイプの石鹸を使用しています。

保湿効果の高いもの

なるべくグリセリン等保湿に関わる成分が配合されているを選びましょう。

石鹸も過度に使ってしまうと、石鹸の持っている洗浄力で必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリヤー機能が奪われてしまうこともあります。それを補うには保湿が重要です。

スポンサーリンク

石鹸選びのポイントをまとめましたが、実は良い石鹸を選べばそれでOKという訳ではありません。

石鹸を使うタイミング、つまり赤ちゃんが入浴する時にも石鹸の使い方や注意点があるのです。

選ぶだけではない!石鹸の使い方

赤ちゃんとアトピーと石鹸3

ゴシゴシ洗わない、拭かない

これ絶対NGです!アトピーでない赤ちゃんでも肌を痛めます。

石鹸を使うときは、お父さん、お母さんの手のひら、指の腹でなでるように汚れを落としましょう。さらにお風呂から出て、体を拭く際もタオルでゴシゴシと拭かず優しくポンポンと水気を取るようにしましょう。

石鹸を使う順番

身体を清潔に保つ石鹸もすすぎ残しがあっては、痒みの原因となり逆効果です。

しっかりと洗い流せるような順番で体を洗うことが大切です。

一般的には、頭から体へ、という順番で洗っていった方がすすぎ残しは少なくなると言われています。上から下に洗うことで効率的に石鹸を落とすことができます。

また、石鹸をすすぐ際ですが、石鹸が長時間肌に付着した状態にならないように注意しましょう。前述の必要な皮脂まで落としてしまう、ということが発生するためです。

さっと洗ってさっとすすぐ、がポイントです。

症状によってはお風呂に入れない、石鹸を使わない、という判断を!

私の息子(3歳)の話になりますが・・・

息子はとにかく掻き壊しがひどく、体中血だらけの日が多々ありました。

そんな時はお風呂に入れるのも、石鹸を使うのも逆効果となるので、

お風呂に入れないようにしたことも何度もあります。

お風呂に入れないときは、お湯で濡らしたタオルで体を拭く等して汚れを落としました。

私が出会った皮膚科の先生の中には「幼児の間はお風呂に入れなくても良い!石鹸も使わなくて良い!」とまで言い切る先生もいらっしゃいました。

少し極論かな、とは思いつつもお風呂に入れないという判断は、場合によっては

選択肢の中に必要だと思います。

まとめ

アトピーの治療は、お医者さんの中でも意見が割れることがよくあり、

それだけ治し方に正解や正攻法がない難しいものだと感じたのをよく覚えています。

やはり一番身近でその症状やちょっとした変化に気づけるのは親しかおらず、

わが子を救ってあげられるのも親だけです。

わが子にあった石鹸や入浴方法をきちんと見定め、ぜひ改善へと導いてあげましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です