赤ちゃんのよだれかぶれの原因と予防・ケアについて

赤ちゃんのよだれかぶれ
スポンサーリンク

赤ちゃん肌はよくトラブルを起こします。

その代表的な「よだれかぶれ」。

名前の通り「よだれ」による「かぶれ」でよだれの量や症状はさまざまですが、赤くなる・カサカサからジュクジュクと汁がでるほど重症してしまう事もあります。

そのよだれかぶれの原因と予防、自宅ケアについてまとめました。

よだれかぶれの原因

よだれかぶれになりやすい時期は3か月、4か月からが最も多いです。

ちょうどこの時期は、「指しゃぶり」「おもちゃをなめる」「歯が生える」「離乳食」等の時期と重なりますね。赤ちゃんの肌は大人の半分と薄くて乾燥しやすい為少しの刺激で傷ついたりかぶれやすくなり、よだれをうまく飲み込めず口の外に垂れ流してしまう赤ちゃんにはこのよだれが刺激物となり、「ただれ」の原因となります。

ただれる場所は頬、顎だけではなく、首、耳の後ろ、ひどい時は胸の部分まで赤くなってしまっているので注意してチェックしてくださいね。

また空気の乾燥している冬はかぶれが悪化し治りにくい時期なので注意して下さい!

肌には何も残さない事

よだれで汚れたままや離乳食の食べこぼしをそのままにしておくのは、かぶれの原因となり絶対NGですよ。離乳食が始まったらよだれゾーンを重点的に常に肌を清潔にしておきましょう。

こすると肌のバリアが壊れて悪化するので優しくトントンと拭いてあげましょうね。また、よだれかけは、よだれを改善するものではなく服を汚さない為につけているという事を頭に入れておいてください。

よだれかけをやめるとよだれかぶれが改善するという話もよく聞きます。もし、よだれかけをする場合は、よだれで濡れたままのよだれかけや洋服をそのままにしておくのは、かぶれを引き起こす原因となるので少しでも汚れたらすぐ取り換えましょう。

よだれの多い子は多めによだれかけを用意しておきましょうね。

赤ちゃんのスキンケア

こまめに拭いて清潔を保つ事。

タオルでゴシゴシではなく優しくトントンとたたくように吸い取るように拭いてあげてください。家にいるときはタオルで拭くだけではなくぬるま湯で優しく洗ってあげるといいですね。

その際は石鹸は不要ですよ。石鹸はお風呂の時、1日1回で大丈夫です。

保湿で肌バリアを強化する。

肌バリアとは「乾燥と刺激から肌を守る」役割をしてくれます。そのバリア機能を活かすために保湿は必要です。赤ちゃん用の優しい原料の保湿剤を使いましょう。

スポンサーリンク

薬局で手軽に買えるヴァセリンや伸ばしやすいローション、柔らかいテクチャーのクリームがお勧めです。優しい原料でも赤ちゃんに合う合わないがありますから、数日使ってみて悪化していないか観察をしてくださいね。

爪を短く切る。

ミトンを付ける。よだれかぶれは痒みを伴います。引っ掻いて掻き壊してしまうと悪化してしまうので、爪を短く丸く切ってあげてください。

それでも引っ掻くようであれば、手にミトンを付けて掻かないように。ただ、ミトンも乾いている清潔なものを使ってくださいね。

赤ちゃんはミトンを付けていても口に手を持っていきますから、いつのまにかミトンもよだれでビチョビチョという事もありますので汚れたら取り換えてくださいね。

病院へ行く?薬は塗るべき?

病院へ行くべきか、又小児科か皮膚科か悩むママも多いと思います。上記のケアをしても良くならない場合は是非病院へ行ってください。小児科でも皮膚科でもどちらでも構いません。

私は子供の皮膚トラブルでも皮膚の事は皮膚科へ行くようにしています。

症状によっては「ステロイド」を処方される場合もあるでしょう。赤ちゃんにステロイドは強いのでは?と思いますね。ステロイドと調べれば調べるほど「依存」「繰り返す」と怖い情報ばかり出てきます。私の経験上、薬なしで治すのが1番ですが、治らずズルズルと長期間悪い状態にしておくより、少し強い薬で短期間で治してあげる事が赤ちゃんにとってもいいように思います。

もちろん治ったあとのケアもきちんと続ける事が重要です。ステロイドには使い方があります。薬が処方されたら、医師に「1回の使用量」「塗り方」「何日間塗るのか」の説明を聞きその通りに使用すれば怖い薬ではありません。わからないことはきちんと医師に聞いてくださいね。

薬の説明をきちんとしてくれず、経過もきちんとみてくれないような医師であれば病院を変えてくださいね。

まとめ

  1. よだれかぶれの症状について。
  2. 肌をよごれたままにしない。
  3. 赤ちゃんのスキンケアについて。
  4. 病院、薬の事。

赤ちゃんのかぶれは、見てるだけで痛々しく変わってあげたいと思うお母さんは多いと思います。自宅のケアで治らない肌の弱い赤ちゃんは病院や薬と上手に付き合っていきましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です