赤ちゃんのおしりのブツブツ。おむつかぶれの対策は?でもそれカビかも…

赤ちゃんとおしりとぶつぶつ1
スポンサーリンク

赤ちゃんのに多い肌トラブルの一つ、おむつかぶれ。

おむつをしている間は親の目にブツブツが見えませんし、赤ちゃん本人もおむつをしていれば掻くこともないかもしれません。しかし、おむつをとった瞬間に目に入るおしりいっぱいの赤いブツブツ!ぽりぽりと痒そうに掻く姿。とっても心配になりますよね。

私の息子も何度もおむつかぶれに悩まされてきました。

おむつの機能上、おしりにできたブツブツって、本当にみるみるうちに悪化してしまうんです。だからといって、赤ちゃんにおむつをしないわけにもいかないし…

これっておむつかぶれ?それともあせも?なかなか治らないけれど何かの病気じゃないのかな?と悩み病院へ行った結果、小児科の先生がおむつかぶれの対策を教えてくださいました。

こまめにおむつを替える 

おむつかぶれの主な原因は「おしりが蒸れること」にあります。高温多湿な環境を続けることで赤いブツブツやかぶれの症状が出やすくなります。

なので、とにかくおしっこやうんちで赤ちゃんの肌が湿った状態を続けないことです。

排泄後は早めにおむつを替えてあげると良いでしょう。

といっても、赤ちゃんが動くようになってくるとおむつ替えが億劫で…なんて方もいるのではないでしょうか。

ズボラだった当時の私もあまりこまめにおむつを替えておりませんでした。おしっこが大量に溜まったパンパンのおむつを息子に履かせたままにしていたのが、おむつかぶれを悪化させる原因となっていたのでしょう。

赤ちゃんが泣いてからおむつを替えるのではなく、時間を決めておしりの状態を確認してあげると良いですね。

おむつを替える際の注意点として、新しいおむつをつけてあげる際には必ずおしりが乾いてからにしてくださいね。

おむつやおしりふきを見直す

赤ちゃんにサイズや素材があっていないおむつやおしりふきは、おむつかぶれの原因となってしまうことがあります。

おむつのサイズがあっていないと摩擦でかぶれることもありますので、一度確認してみましょう。

おしりふき自体が刺激になってしまい、悪化している恐れもあります。柔らかい素材のおしりふきに変えてみると良いかもしれません。

うんちの時に洗ってあげる

赤ちゃんとおしりとぶつぶつ2
スポンサーリンク

おしりふきってとっても便利ですよね。程よい水分で多少時間が経ったうんちでもゴシゴシ擦ると綺麗に拭き取れてしまった気になります。

ところが、どれだけ綺麗に拭いたつもりでも菌まで拭えているとは限りません。また、擦りすぎると赤ちゃんの繊細な肌を傷つけ、悪化しやすくなります。

ちょっと面倒なのですが、「うんちのたびにおしりを洗ってあげる」のが最も効果的です。

この時、石鹸が刺激となって悪化させる原因にもなりますので、ぬるま湯のみで洗い流してあげます。

もちろんおむつ替えの時と同様、新しいおむつをつけてあげる際には水気をしっかり拭いておしりを乾燥させてからにしましょう。

ところが

実は私の息子の場合、以上のような対策を全部試したにも関わらず、なかなか治らずむしろ悪化したことが一度だけありました。

それには別の原因があったからでした。

おむつかぶれ用の薬を塗って悪化した場合は要注意!カンジダ皮膚炎って?

カンジダ皮膚炎とはカンジダ菌という真菌(カビ)の一種の感染症で、一般的なおむつかぶれと同じく高温多湿な環境下で発症することが多いようです。

したがって赤ちゃんのおむつが触れている股やおしり等に赤いブツブツができやすく、おむつかぶれと症状もよく似ています。

おむつかぶれとの違いとしては、おむつかぶれより広範囲にただれている、水ぶくれのようなブツブツができている、おむつと接していないシワの部分にも赤いブツブツができている等があります。

私の息子も病院で診てもらった結果、カンジダ皮膚炎と診断されました。

何度も繰り返したおむつかぶれですが、大抵は清潔にしていれば治るのにも関わらず、この時は悪化する一方でとても心配になったことを覚えています。

おしりのブツブツの原因がカビだった場合、通常の乳児湿疹やおむつかぶれで処方される薬を塗ると悪化する可能性があります。

カビの場合のケア方法

カンジダ皮膚炎と診断された場合、抗真菌薬を使って治療します。私の息子の場合はエンペシドクリームという薬を処方されました。

薬を塗る以外は上記のような一般的なおむつかぶれの対策と同じようなケアをして、清潔に保ってあげましょう。

まとめ

おしりに赤いブツブツができたら、まずは

  • こまめにおむつを替える
  • おむつやおしりふきを見直す
  • うんちの時に洗ってあげる

といった方法で赤ちゃんのおしりを清潔にして、サラサラしたムレにくい状態を保ってあげましょう。

そして治らない場合はカビなど別の病気の可能性がありますので、早めに病院を受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です