赤ちゃんのあせも対策!!ケアや予防法の治し方を徹底解説

赤ちゃんとあせも1
スポンサーリンク

赤ちゃんのお肌ってデリケートですよね。

色々ある赤ちゃんのお肌トラブルの中でも、必ずといって経験するのが『あせも』じゃないでしょうか。

うちの娘もすごく汗かきで、よくあせもができていました。

あせもって結構かゆいし長引くし厄介なんですよね。

お子さんのあせもで悩んでいるお母さん、あせもの予防法と治し方を我が家の経験からご紹介します‼ 

ベビーパウダーを使ってみた

まず娘にあせもが出来た時に相談したのが母でした。

「あなたが赤ちゃんの頃はベビーパウダー塗ってたよー‼」と言われたので使ってみることにしました。

母親にアドバイスをもらった通り、お風呂上りやオムツ替えの後にベビーパウダーを塗ってみたら…

まさかの悪化‼

もしかしたらこれはあせもじゃないのかもと思って病院に行くことにしました。

病院で診てもらうとやっぱりあせもでしたが、「ベビーパウダーは毛穴をつまらせるから逆効果だよ。」と言われてしまいました。

あせもの薬

あせもを早く治したいならステロイドの塗り薬を使うとすぐに効くと言われましたが、ステロイドは強いイメージがあったので非ステロイドの塗り薬を処方してもらいました。

「あせもって薬なんか塗らなくても治るでしょ!!」と思ってたけど、「子どもはかきむしってとびひになっちゃうからしっかり薬を塗ってあげた方がいいよ。」と病院で言われました。

ステロイド軟膏の方が治りは早いそうですが、非ステロイド軟膏でもうちの娘はかきむしらなくなったので効果はあると思います。

ちなみにうちの娘が処方してもらった薬は『フエナゾール』(非ステロイド)です。

ステロイドの中でももちろん赤ちゃんから使える弱いものもあります。 

あせもの予防

赤ちゃんとあせも2

一度は病院でもらった薬で治ったあせもですが…なりやすい子はなりやすいですね。

夏は特にしょっちゅうあせもになって、かきむしるととびひになるので、できればなる前に予防したいですよね‼

我が家ではこんなことに気をつけるようにしました。

家にいる時はしっかりエアコンで室温調節をする。

エアコンの中にばかりいちゃ不健康かな?とも思いますが、赤ちゃんは体温調節ができないのでしっかりエアコンは使わないとダメですね‼

スポンサーリンク

汗をかいた時は濡れたタオルで拭いてあげる。

大人ならこまめにシャワーを浴びれますが、赤ちゃんだと何度も沐浴するのは大変ですよね‼そういう時はお湯で濡らしたタオルで拭いてあげるといいですよ‼

こまめに着替える。

お出かけの時も何組か着替えを持っていつでも着替えられるようにしていました。

ベビーカーやチャイルドシートの背中に保冷剤を入れる。

これはかなりオススメです‼夏のベビーカー、チャイルドシートってかなり暑くて、背中が汗だくになるんですよね。

でも保冷剤を入れるだけで赤ちゃんも気持ちよさそうだし、汗もかかなくなります。

衣類の素材に気をつける。

衣類は汗を吸収する素材や、速乾性のある素材を選ぶようにする。

これだけでだいぶあせもを予防することができました‼

あせもじゃなかった⁉

うちの娘は何回もあせもが出来たことがありましたが、寒い時期に背中にあせもらしきものができたことがありました。

「夏はすごく気にしていたけど、冬は油断していたなー。」とちょっと後悔しながら薬を塗ってケアを続けても一向に治らなかったんです。

「これはもしかしてあせもじゃないんでは?」と思って病院に相談すると、それはじんましんでした。

原因は柔軟剤が肌に合わないことでした。

あせもとじんましんは見分けがつけにくいです。

じんましんもあせもと同じようにかゆがります。見た目も似ているのでなかなか見分けがつけにくいと思います。

ただ、あせもと同じようにケアしてもずっと治らない場合や、逆に数時間で消えてしまう時はもしかしたらじんましんかもしれません。

一度病院に相談してみてください。

ちなみにうちの娘のじんましんは柔軟剤を変えたらすぐに消えました。 

まとめ

赤ちゃんとあせも3
  1. ベビーパウダーは毛穴がつまってしまう。
  2. 非ステロイド軟膏を処方してもらって治療。
  3. あせもは予防が大事。汗をそのままにしておかないこと‼
  4. じんましんとあせもは似ています。長引くあせも、それって本当にあせもですか?

たかがあせもと思うかもしれませんが、なってしまうとすごくかゆがるし、悪化するととびひになってしまいます。

もしもあせもが長引いたり、悪化する場合は一度病院に行くことをオススメします!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です