乳児湿疹にはローションが1番と思ってた…私は痛い親でしたorz

赤ちゃんと犬
スポンサーリンク

我が子は顔や体の乳児湿疹が生後3か月頃にピークを迎え、かなりひどい状態でした。

湿疹だらけで全体が赤く、なにか赤いボツボツしたものを張り付けているかのように、綺麗な肌が見えなくなるほど酷くなりました。

親の私でさえ、直視するのが辛いほどでしたので、周囲の人からの目線はいつもビックリされたり、可哀そうにという顔で盛られたり、時に「あなた何を子供にしたの?!」と言わんばかりのしかめっ面で見られることもありました。

皮膚科に連れて行き、診断してもらっても乳児湿疹だから清潔に保ち保湿すればいずれ治ると言われていたのに、なかなか治りませんでした。

保湿をしっかりとすれば肌の調子はとても良くなると聞き、様々な保湿剤を探したのですが、赤ちゃん用の保湿剤にはベビーパウダーやベビーオイル、ベビーローション等々様々なものがあり、どれが一番効果的なのかが良く分らず、悩みました。

薬局で尋ねてみても、人それぞれ合うものがあるという回答、更に極めつけは子供の顔を見て「皮膚科へ行った方が・・・」。

そんなのはわかっている・・・。皮膚科に行ってもなかなか治らず保湿を勧められるから保湿剤を探しているんだー!!と叫び狂いそうでした。

早く治してあげたい、人目を気にせず外出したい、私だって早く治してあげたいけど治らない、世間からは酷いままだと思われているんだという考えがどんどん膨らみ、外出を拒むようになりました。

乳児湿疹の原因は?

赤ちゃん水浴び

まずは本当に保湿をすれば治るのか不安で、何かほかに菌などの原因があるのではないかと思い調べてきました。

汗と皮脂の分泌量

赤ちゃんは肌の新陳代謝がものすごく活発です。そのため汗をよくかきます。

更に生後三カ月くらいまでの赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいたときに受け継いだ女性ホルモンの影響により、皮脂の分泌量が過剰になるのです。

しかし赤ちゃんの毛穴はとても小さいため、すぐに皮脂が毛穴に詰まってしまい、乳児湿疹のように炎症が起きてしまいます。

皮膚の角質層の薄さ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、角質層がとても薄いため、外部刺激から肌を守り切れずダメージを受けやすいという特徴があります。

そのため、寒暖差やハウスダストという刺激だけもダメージをうけ湿疹ができてしまいます。

乾燥しやすい

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎる頃、一気に皮脂の分泌量が落ち着き、乾燥しやすくなります。

乾燥した肌の角質層はもともと薄いのに更に正常に働かなくなってしまい、炎症を起りやすい弱った肌になってしまいます。

やはり乳児湿疹は菌やウイルスなどが原因であるわけではなく、乾燥や肌の角質層が原因なのですね。

赤ちゃん用の保湿剤の種類は?

赤ちゃんとお人形

赤ちゃん用の保湿剤には主に4つの種類があります。

  • ベビーパウダー
  • ベビーオイル
  • ベビーローション
  • ベビークリーム

それぞれの保湿剤の特徴とメリットデメリット

様々な保湿剤がある中でどれを遣えば一番乳児湿疹に効果があるのかを自分で調べてみました。

ベビーパウダー

ベビーパウダーの主成分は商品によって多少異なりますが、でんぷん・酸化亜鉛

タルクなどで出来ています。

粉を肌に塗るという形になりますね。

メリット

湿度を適度に保ってくれるため、肌をサラサラにしてくれます。あせもやジュクジュクした乳児湿疹などに効果的だとされています。

デメリット

また、粉上なので、塗る際に散布し、目や呼吸器に入り込んでしまう危険性もあります。

ベビーパウダーを塗り肌がさらさらしているときはよいのですが、ベビーパウダーを塗った肌が汗をかいたり水で濡れてしまうと、肌の表面の毛穴や汗腺を塞いでしまう原因となります。更に乳児湿疹が悪化してしまうこともあるのです。

ベビーオイル

ベビーオイルはまさに油のようなものですね。手の平に乗せて温めてから肌に塗ってあげると保湿できます。主成分はミネラルオイルと酢酸横フェロールです。

メリット

オイルを塗ることで肌の滑りが良くなり、マッサージをしながら塗ってあげられます。

デメリット

その為肌の表面に脂分であるオイルを塗ることで、肌の内部の脂分が表面に移動してしまい、表面上は潤って見えるものの、内部が乾燥してしまうインナードライな肌になってしまう場合があります。

肌には水分と脂分が共存しているのですが、それぞれ正反対の物質なので同じもの同士集まる性質があります。

スポンサーリンク

ベビーローション

ベビーローションの主成分はベビーオイルと同様に主成分がミネラルオイルなのですが、そこに水も主成分として使用されています。大人が良く使用する乳液にとても近い使い心地です。

メリット

ベビーローションは肌に水分を与えてくれるため肌が潤います。

デメリット

肌に水分を与えてくれるものの、保湿力が少々弱く、せっかく肌に与えた水分が蒸発してしまいやすいという特徴があります。

ベビークリーム

ベビークリームはベビーオイルとベビーローションの間のようなものです。

メリット

肌に水分を与え潤わせてくれるベビーローションと肌をオイルでしっかりカバーし水分の蒸発を防いでくれるベビーオイルが混ざったようなものなので、水分を与えつつ保湿もしてくれます。

デメリット

他にも界面活性剤やアレルギーの原因となるカゼインが含まれているもの、ステロイドが含まれているものは、肌に優しくなく、悪影響を及ぼす場合があります。

良い香りのするものには香料や着色料が含まれており、肌に刺激wp与えてしまう場合があります。

私が選んだ保湿剤は?

様々な保湿剤の特徴やメリットデメリットを調べたうえで、私はベビークリームが一番肌の保湿に効果的であると思いました。

なぜなら、ベビークリームは保湿効果には最も効果出来であり、成分に気を付けて選べば、、特にデメリットは無いと感じたからです。

しかし、市販のベビークリームをいくつも見つけては成分を確認していたのですが、香料着色料なし、ステロイドなし、カゼイン一切なし、保存料なしという項目を全てクリアするベビークリームを見つけることが出来ませんでした。

肌にやさしく保湿に優れたアトピスマイルクリーム!

どんなに探しても見つけられなかった私は、同じように保湿に優れ肌に優しい成分のクリームを使っている人は居ないのか、本当に販売されていないのか、インターネットで検索してみることにしたのです。

すると、【アトピスマイル クリーム】 という薬局では見かけなかった保湿クリームを発見したのです。

肌に優しい、無駄な成分が含まれていない、市販のクリームには配合されていない特有のライスパワー№11というものが主成分のものでした。

はじめは見たことのない名前の成分で怖いなと思ったのですが、よく見るとライスパワー№11はお米から抽出されている肌に優しい成分で、水分保持機能という肌の潤いを保つ機能を正常に働く手助けをしてくれるというものでした。

医薬外部品では唯一の水分保持機能に作用する成分という事で、使ってみる価値があるかもと思ったのです。

肌自体が潤いを保てるようになれば、薬や保湿剤に依存せずに済むだろうと思いました。

アトピスマイルクリームを使用してみると、、、

良い

 

もう治らないのではないかと思うほど酷かった我が子の乳児湿疹は、塗り始めて1ヵ月ほどで、かなり回復し、限りなく綺麗な肌に近づいていっていました。

塗心地はベタベタとしすぎないものの、いつまでも肌が潤っている感じがあり、口の周りがミルクで汚れ、拭いても肌の深層から潤っているお陰でカサカサしなくなりました。

肌の深層まで潤いを与え保湿し、更に肌の水分保持機能を正常に働くようにしてくれる【アトピスマイル クリーム】 だからこそ、乳児湿疹がこんなに良くなったのだなと思います。

どんな保湿剤よりも優秀でした。

まとめ

前向き

現在では乳児湿疹は完全に治り、その後も肌トラブルが起きることなく過ごしています。

あの酷かったころの顔を見ていた友人や近所の人には「どうやってそんなにきれいに治ったの?」「どこの皮膚科に受診したの?」などとよく聞かれます。

それほどひどかった肌が綺麗に治り周囲の人を驚かせたのでしょう。

私もこんなにきれいに治るとは思っていなかったので、我が子に綺麗な肌を取り戻させてくれたアトピスマイルクリームに大感謝しています。

今では外出時に体がこわばることもなく、毎日散歩や買い物を我が子と楽しめています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です