赤ちゃんにあせもが出ちゃった。症状と原因と対処法の体験談

赤ちゃんのあせも
スポンサーリンク

夏になると赤ちゃんは頭から水を被ったように汗をかきますね。

赤ちゃんの肌トラブルの1つ「あせも」。治ってもまた繰り返すのが特徴でママを悩ます皮膚トラブルです。ただの「あせも」と思うけど悪化すると大変!私の住んでいる地域は夏暑く、我が家の子供2人は真夏生まれで新生児の頃からあせもに悩まされました。

意外と知らない「あせも」の原因、症状、自宅のケアをご紹介します。

赤ちゃんのあせもの原因

汗がいつまでも皮膚に残っていることでできやすくなります。

皮膚についた汗や汚れが汗の出口に詰まり汗腺をふさいでしまうために起こる炎症。赤ちゃんは身体は小さくても大人と同じ数の200~400万の汗腺があり、汗腺の密度は大人より高く、新陳代謝が盛んな為、汗と一緒に老廃物を出すので汚れが溜まりやすく、この汗や汚れを放っておくと汗腺を塞ぎ、あせもができます。

赤ちゃんのあせもの症状

あせもの種類は3種類ありますが、日本でよく見られるのは2種類です。

水様性汗疹(すいようせいかいしん)                   

赤みも痒みもなし、透明な1~3ミリ程の水ぶくれ。角層がはがれる2日ほどで自然と治ってしまい、特別な治療はいりません。新生児の場合はこの水様性汗疹のことが多いです。

紅色汗疹(こうしょくかいしん)

汗が表皮の中でもれてしまい、炎症を起こす。かゆみを増し湿疹化しやすくなる。一般的にみる「あせも」はこの紅色汗疹です。 

赤ちゃんのあせもができやすい場所 

汗をかきやすい部分、溜まりやすい部分です。首、脇の下、手首、足首等くびれた部分。ねんねの赤ちゃんは布団に触れている背中にあせもができやすいので注意です。

赤ちゃんのあせものケアの方法4つ

汗をかかないために・・ 

赤ちゃんは暑いと思っても自分ではどうすることもできません。ですので、ママがマメに赤ちゃんの肌の状態をチェックしクーラーや扇風機を利用して部屋を涼しくしましょう。

外出するときは保冷グッズや汗取りパッドを使いましょう。赤ちゃんの快適室温は夏場が26度~28度、冬場は22度~23度、湿度は40%~60%です。外気温との差が5度程度が目安です。赤ちゃんのいる部屋には温度・湿度計を置きこまめにチェックしてください。

スポンサーリンク

 汗をかいたら・・

基本ですがタオルですぐ拭く。ゴシゴシではなくポンポンと軽く叩くように、汗を吸い取るように。服をこまめに取り換えること。お湯で絞ったタオルを使うと汗腺が開き中に入り込んでいる汚れが落ちやすくなりますよ。

家にいるときは汗をかいたらシャワーでまめに汗を洗い流しましょう。あせもが軽症の時は湯船の温度はぬるめに。体が温まるとかゆみが増してしまうので、重症の時はしばらくの間は湯船に浸からずシャワーにしておきましょう。

石鹸は良く泡立てて優しく洗いましょう。泡ポンプを使うのがお勧めです。

又授乳の際等、横抱きする時にママと赤ちゃんが触れる部分は汗でびっしょりになりますね。ママの腕にタオルを置くといいですよ。

スキンケア 

冬だけでなく、夏も入浴後や汗を拭いたあとはしっかり保湿しましょう。赤ちゃんの肌の水分量は大人の半分以下です。夏は紫外線やクーラーで赤ちゃんの肌は乾燥しています。

普段から保湿をしっかりと行う事でダメージを受けにくい肌になります。ベビーパウダーの使用について、つけるなら薄めに。つけすぎると汗腺に詰まってしまい逆にあせもを作る事になりかねません。

赤ちゃん用のスキンケア用品も沢山出ています。赤ちゃんの肌に優しい原料のスキンケア用品を使ってあげるのが望ましいですが、優しい原料でも赤ちゃんに合う合わないがあるので、赤ちゃんの肌に使ったら数日よく観察してくださいね。

肌に触れるもの

服装は通気性や吸収性のよい素材を。汗をかいても乾きやすいガーゼ素材や綿100%でできた服を着せてあげましょう。肌着はメッシュタイプがお勧めですよ。寝具も通気性や吸収性を意識しましょうね。ひんやりパッドもおすすめです。

又汗っかきの赤ちゃんには着せすぎ、掛けすぎは良くないですよ。赤ちゃんの衣服は年間通して大人よりマイナス1枚いいとされています。

私の友達も赤ちゃんに着せすぎて、冬なのに全身あせもにさせてしまった!というママがいるので大人の感覚で着せすぎるのではなく汗の状態をチェックして枚数を調節しましょうね。 

まとめ

  1. あせもの原因と症状について。
  2. 汗をかかない為にできること。
  3. 汗をかいたらすること。
  4. 赤ちゃんのスキンケア。
  5. 肌に触れるものにも気を付けよう。

赤ちゃんは体温調節が未熟な上、「暑い」「寒い」を自分でママに伝える事ができません。赤ちゃんの肌の状態や機嫌、部屋の温度管理等マメにチェックして赤ちゃんが快適に過ごせるようにし、夏を楽しみましょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です