赤ちゃんが蕁麻疹になった。症状と原因と対処法の体験談

赤ちゃんの蕁麻疹
スポンサーリンク

赤ちゃんに突然蕁麻疹ができたら、それがなかなか消えなかったら、「何が原因なんだろう」とママは心配します。私も子供の頃に蕁麻疹が出てかゆみに悩まされました。

私の娘も蕁麻疹が出たことがあります。

蕁麻疹にも種類があります。丁寧にケアをしてあげると早期改善が見られるので、私の体験談や蕁麻疹の症状、原因と発症したあとのケアについてまとめました。

蕁麻疹の症状

全身に強いかゆみのある赤い発疹。形は大小色々、表面が平らで全体的に盛り上がっている。いくつかの発疹がくっつき、大きく広がり地図のような形になります。

蕁麻疹の原因

7割~8割が特発性蕁麻疹で原因の特定ができない蕁麻疹です。出たり消えたりを数時間~数日繰り返しますが治療しなくても自然に治る事がほとんどです。

離乳食を始めた頃に見られる、食物アレルギーの初期症状としても蕁麻疹はよくみられます。そば、卵、小麦、エビが多いです。

月齢が低いとアレルギー検査やアレルギーを特定することが難しいです。食品だけではなく、薬や添加物、ダニやカビ、日光、汗、気温の変化、物理的な刺激や体調不良、ストレス・・

と蕁麻疹の原因を突き止めるのは難しいです。

私の蕁麻疹体験談

子供の頃、蕁麻疹を発症したのが夜中で一気に全身に広がったのを覚えています。

その時は「食物が原因かな」と思い、何度か血液検査をしたけど結局特定できませんでした。

主にできやすかった所は背中やウエストのゴムが当たる所やお腹でしたね。私の場合は期間が長く数年出たり消えたりを繰り返していました。

とにかく痒くて当時はアレルギーを抑える薬を処方されていました。でも気づいた時には治っていました。それから大人になったら今度は冷たい風に当たると蕁麻疹が出るようになりました。

服から出ていて冷たい風が当たる場所で主に首や足首や手首、頭皮にもでました。

去年の冬も久々に蕁麻疹がでたけど今年の冬は出ませんでした。

結局原因不明のままです(笑)

私の娘は3歳の頃、引っ越ししてきた直後に蕁麻疹が出ました。娘は1日の間に出たり消えたりを繰り返しましたが数日で治り、現在も出ていません。恐らく引っ越しのストレスが原因だったと思います。

蕁麻疹の対処法                                                                                                      

赤ちゃんの肌の様子をしっかり観察しましょう。

スポンサーリンク

どのような時に発症してどのように緩和したのかを記録しておきましょう。

また、すぐ消えてしまう場合もあるので、写真や携帯のカメラに撮っておくと診察の際にとても役に立ちます。

自然に治る蕁麻疹がほとんどなので症状がひどくなければ家で様子をみていましょう。

但し何度も繰り返し、症状が良くならない場合は小児科か皮膚科を受診してくださいね。

また、アナフィラキシーの前触れとして蕁麻疹が現れる時があります。呼吸がおかしい、顔色が悪い、ぜいぜいしている場合は速病院へ行ってください。

着るものにも気をつける                 

肌が直接当たる衣類や寝具によってかゆみがひどくなる場合があります。

生地が固かったりジャージ素材は肌に触れるとそれが原因で治まっていた痒みがまた出てきたりします。

肌に刺激の少ない柔らかい肌触りの良い生地を選んであげましょう。

自宅でできるケア 

  • 患部に強いかゆみを伴うため肌を清潔にしておかないと悪化します。汗をかいたらすぐ拭くなどのケアを怠らないようにしましょう。
  • 多くの場合かゆみは冷やすと収まります。患部を冷やす等かゆみを抑えてあげる。ただし、私の様に冷えが原因の蕁麻疹の場合は逆効果なので症状にあった対処法をしてあげましょう。
  • 温まるとかゆみがひどくなることがあるので蕁麻疹が出ている時は入浴は避けシャワーにしましょうね。
  • かゆみで掻いてしまわないように爪を短く切りましょう。
  • 何かに夢中になっていると意外とかゆみは忘れる物です。おもちゃ等で一緒に遊ぶなどし、赤ちゃんの気分が紛れる様にしてあげましょうね。

まとめ 

  1. 症状や原因について。特発性の場合が多いので発症しても慌てず!
  2. 私の体験談も参考にしてください。
  3. 蕁麻疹が出た時は細かく記録しよう。
  4. 肌に触れる生地は刺激の少ないものに。
  5. 自宅でできるケアで症状がグンと改善しますよ。

 

蕁麻疹は本当に大人でも辛いもので、症状も原因も様々です。

原因が特定できればそれを除去することでグッと改善しますが、多くの場合は特定もできず突然発症するので予防も難しいです。

もし発症したらその後の家でできるケアと病院で処方される薬でうまく乗り切りましょうね。         

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です