赤ちゃんがプール熱に??原因や症状・対策についての経験談

赤ちゃんとプール熱
スポンサーリンク

暖かくなりこれから、夏本番!夏と言えばプールや海水浴ですね。ですが「夏の大3風邪」の1つ、プール熱はこれから流行時期、ピーク時期を迎えます。

学校伝染病にも指定されている病気なので、今からしっかりと病気の特徴や予防方法を確認しておきましょう。 

プール熱の原因

正式名称は咽頭結膜熱といいます。夏風邪の一種、アデノウィルスが原因の病気です。6月頃~ピークは7~8月。季節的には夏の病気ですが現在は温水プール等で冬でも流行することがあります。

感染源は、目やにやのどの分泌物、便などです。咳やくしゃみなどの飛沫感染、感染者の唾液等の接触を介して感染する接触感染、便の中に排泄されたウィルスが口の中に入る経口感染でうつります。

プールの水が汚染されて集団感染をすることからプール熱と呼ばれていますが、もちろんプールに入らなくても感染しますよ。

プール熱の症状 

5~7日の潜伏期間の後発症します。

喉が腫れて痛み出す、白目やまぶたの裏が赤くなり結膜炎を起こします。目やにが出る、目がしょぼしょぼする、まぶしい等の症状と前後して急に39度前後の高熱がでます。

首のリンパが腫れ、頭痛や全身の倦怠感、鼻水、鼻つまりも見られることがあります。

赤ちゃんの場合は下痢や嘔吐の症状が強く出て、結膜炎は出ない事もあります。幼児・学童期の子供にかかりやすい病気ですが感染力が強いので、上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが感染すると赤ちゃんにもかかる事があります。

熱は3~5日程で下がり、他の症状も1週間程度で治まります。

プール熱は伝染病

プール熱は学校伝染病第二種に指定されています。                           目の充血が見られますが小児科でOKです。特効薬はないので、熱が高い時は解熱剤、目の炎症には細菌による二次感染を防ぐため、抗生物質の目薬が処方されます。

保育園や幼稚園の登園については、感染力が強いので解熱、喉の痛み、結膜炎の症状が消えたあと2日経過、医師の登園許可が下りてからの登園になります。

登園の基準

  • 熱が下がり平熱になっている事
  • 白目の充血がなくなっている
  • 咳、鼻水がないこと
  • のどの腫れが治まっている事
  • 食欲も普段通りにある事。

プール熱かな?とおもったら、、、

初期症状を確認したらできるだけ早く、病院を受診しましょう。プール熱は、流行性結膜炎ととても症状が似ています。

スポンサーリンク

流行性結膜炎は熱こそでませんが、どちらも目がしょぼしょぼし真っ赤に充血するという特徴があります。

プール熱は学校伝染病第二種に指定されていますし、流行性結膜炎は失明にもつながる危険性があります。自己判断は控えて必ず医師の診断を受けましょうね。

プール熱の対策・対応

プール熱には特効薬や予防のワクチンはありません。安静と十分な睡眠をとる事で体力を回復させ免疫力を高める事が治癒の大前提となります。

感染力がとても強いので家族にうつらないように十分な配慮が必要です。

子供の目やにやオムツ替えをした後は薬用せっけんで手洗いをしっかりと行いましょう。

目やには湿らせたカーゼなどで優しくふき取りましょう。目をこすったり触ったりするのはやめましょう。

その手であちこち触ると、そこが感染のもとになります。

家族や兄弟で一緒にお風呂に入るのは避けましょうね。湯船につかる順番を感染者最後にするなり、シャワーのみにするなりの工夫をしてください。

又タオルの共有だけでも、あっという間に簡単に感染してしまうので、症状が収まるまではタオルの使用や洗濯物も別々にしましょう。

症状が収まった後も、咳からは約2週間、便からは約1か月近くはウィルスが検出されますので、自宅でも十分気を付けるようにしましょう。

水分や食事について

喉が痛むので食欲は低下しますが、脱水症状を起こさぬよう、こまめに授乳や水分を与えてください。

味が濃い物や酸っぱい物等刺激の強い物は避けて牛乳やヨーグルトやゼリー、おかゆやうどん、ポタージュ等口当たりが良く飲み込みやすい物を食べさせてあげてください。

夏風邪の時のお勧め食材は、卵は消化がよく栄養価が高いです。葛湯や発酵食品は整腸作用がとても強く消化もいいので食欲不振の時でもお勧めです。

まとめ  

①原因と症状をしっかり確認しておきましょう。                                ②プール熱は学校伝染病第二種に指定されています。                            ③自宅でのケア。                                            ④水分や食事について。   

子供に多い病気ですが感染力の強いウィルスなので年齢関わらず感染します。家庭内感染を防ぐ為に看病するお母さん、お父さんも十分注意してくださいね。高熱が続く等、症状が良くならない場合は再診してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です