赤ちゃんがアデノウィルスに!!原因や予防や対処方法の経験談

赤ちゃんとアデノウィルス
スポンサーリンク

小児科で「アデノウィルス」はよく聞くウィルス名ではないでしょうか?

それもそのはず!アデノウィルスは子供の間で頻繁に感染・流行を繰り返すウィルスです。私の子供達や近所の子供達もアデノウィルスに感染したことがあります。

これからの夏に流行時期を迎えるアデノウィルスの症状や特徴をしっかりと確認しておきましょうね。

アデノウィルスとは

アデノとは扁桃腺やリンパ節を意味する言葉、扁桃腺やリンパ節で増えるウィルスです。

発熱、結膜炎、咽頭炎等を引き起こす非常に感染力が強いウィルスです。

インフルエンザの次に人体から検出される頻度が高いウィルスです。

アデノウィルスは現在50種類以上の型が確認されていて、病状や発症する病気によりA~Gの7種類に分類されています。

種類が非常に多いウィルスなので一度感染しても何度も感染します。

アデノウイルスの症状

5~7日の潜伏期間。38度~40度の高熱が5日前後続くことが多く、喉の痛み腫れがひどく喉に白い膿のようなものが付くのも特徴の1つです。

あとは、鼻水・鼻づまり・咳・倦怠感・下痢や嘔吐なども症状として現れます。

肺炎や脳炎の合併症にも注意が必要です。

アデノウィルスに感染しているかの診断については綿棒で喉等の粘膜を取り調べる事で30分程度で検査結果がでます。

又、アデノウィルスの感染は咳やくしゃみに含まれるウィルスを吸い込む事で感染する飛沫感染・感染者の皮膚や粘膜に触る事で感染する接触感染・ウィルスに汚染された食べ物や感染者の便に触った手を介して口に入る事で感染する糞口感染により感染します。

アデノウィルスが原因の主な病気 

肺炎

乳幼児がかかる事が多い病気です。肺炎を引き起こすアデノウィルスの型は複数ありますが、中でも7型は重症化する事が多い。症状としては咳がひどく、呼吸が乱れ顔色が悪くなります。

髄膜炎や肺炎、心筋炎等を併発する事があるので、異変に気づいたらすぐ病院へ行きましょう。

胃腸炎

これも乳幼児に多くみられます。症状は腹痛、嘔吐、下痢を伴います。乳幼児は「乳幼児嘔吐下痢症」とも呼ばれます。皮膚や口の中がカサカサしている、おしっこの量が少ない、顔色が悪い、ぐったりしている等症状があれば脱水症状を起こしている可能性があるのですぐ受診してください。

スポンサーリンク

咽頭結膜炎

39~40度の高熱と喉の腫れと痛み。白目やまぶたの裏が赤くなり、目やにが出て結膜炎を起こします。幼児・学童期の子供に罹りやすいですが、赤ちゃんにも感染するので注意が必要です。

学校伝染病第2種に指定されている伝染病。

流行性結膜炎

目が充血し、目やにがです。咽頭結膜炎程高い熱は出ず、喉の痛みも少ない。結膜炎の症状は2~3週間程で治まりますが、角膜まで炎症が進んでしまう事があります。学校伝染病第3種に指定されています。

アデノウィルスの感染予防とケア

感染予防は、基本ですが普段から手洗いうがいをすることです。

ただアデノウィルスは消毒への抵抗性が非常に強いです。塩素消毒が有効とされていますが環境から除去するのは難しいです。

手袋やマスク等で予防しましょう。感染者が触ったドアノブ等もアルコール除菌する等注意が必要です。手洗いは石鹸で十分な洗浄+アルコール消毒剤の使用する事で効果が期待できます。

また熱にも弱いウィルスなので、嘔吐等で汚してしまったシーツやタオル等は、ビニール等で密封して処分するか、85度以上の熱湯で10分間洗濯すると殺菌できます。

そのほか、同じ食器は使わない、食器は熱消毒か塩素消毒を行う。タオル類を共有しない事です。

アデノウィルスには特効薬はありません。高熱、喉の炎症が特徴の病気ですので、食欲が低下してしまう事があります。食事は消化が良く喉ごしの良い物、脱水症状にならないよう水分補給は十分と行ってください。

我が家でも胃腸炎にかかった子供から家族全員に感染した事があります。その時は子供より大人の方が重症だったように思います。

感染してしまった時は、そのあと重症にならないようにしっかりとケアをしてあげる事が重要ですよ。

まとめ

  1. アデノウィルスとは。
  2. アデノウィルスの症状について。
  3. 子供が感染するアデノウィルスが原因の病気について。
  4. 感染予防とケアについて。

アデノウィルスは、ウィルスの型がいくつもあるので1回では免疫は付きにくくまた殺菌にも強いウィルスで、ちょっとやっかいな風邪のウィルスですね。

感染してしまったら、とにかく二次感染を起こさないよう感染予防をしっかりと行っていきましょうね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です