赤ちゃんからのSOS!?目の周りが赤い原因を探れ!!

赤ちゃんの目の周りが赤い1
スポンサーリンク

ある時、私は我が子の目の周りが赤いことに気が付きました。

ついさっきまで泣いていたという訳でもないのに赤いのです。

掻いてしまったのかな、何かに擦れたのかなとも思い、しばらく様子を見ていたのですが、1日経っても赤みが収まらず、心配になりました。

赤ちゃんなので泣くことしかできません。痛いのか痒いのか何ともないのかもわからず、どんどん不安は募りました。

何が原因なのだろう、皮膚科に行けばいいの?眼科?などと悩み、赤ちゃんの目の周りが赤くなってしまう原因や病院は何かに受診すべきなのかということを調べてみることにしました。

するとなんだか原因は乾燥かアトピーかも?という結果に・・・。

そしてこの後私は我が子の目の周りについてこんなにも悩むとは思いませんでした。

赤ちゃんの目の周りが赤くなってしまう原因は?

赤ちゃんの目の周りが赤い2

赤ちゃんの目の周りが赤くなったらとても心配ですよね。

なぜ赤ちゃんの目の周りが赤くなってしまうのでしょう。原因を調べてみました。

乾燥や涙などによる刺激

赤ちゃんの皮膚は大人の3分の1と言われるほど皮膚が薄いのですが、大人でも目の周りの皮膚は薄いですよね。赤ちゃんの目の周りの皮膚は大人の3分の1よりももっと薄く繊細なのです。

赤ちゃんは良く泣きます。その涙が刺激となり赤くなってしまうことがあります。また、その涙を放置していると、乾燥してしまい、乾燥によって赤くなってしまう事もあるのです。

対策

涙が流れた後は、ガーゼ等で優しくふき取り清潔を保つようにすると良いです。

乳児脂漏性湿疹

赤ちゃんの目の周りが赤くなってしまうのは、乳児脂漏性湿疹が原因であるという場合もあります。

病院や一般的には乳児湿疹と言われますね。

生後2週間から3週間頃から2か月頃によく乳児湿疹は見られます。

乳児湿疹の場合は自然と症状が治まってくるのですが、生後2か月を過ぎても乳児湿疹が治らないという場合や症状が悪化してしまっているという場合は、他の原因が考えられます。

対策

乳児湿疹の場合は、お風呂で優しく丁寧に洗い流し、清潔を保つようにしましょう。

また、乳児湿疹の跡が黄色いかさぶたになってしまったという場合は、自然と剥がれるまで待ちます。

石鹸などは刺激となってしまうので、使用しないほうが良いですね。

アレルギー

離乳食が始まった頃に目の周りが赤くなってしまっているという症状が見られた時は、食物アレルギーが原因である場合があります。

また、他にも花粉や動物、ハウスダストや金属などというものが原因となりアレルギーが起きてしまったときに目の周りが赤くなることがあります。

目の周りが赤くなり、咳や息切れが見られる、嘔吐する、泣くという場合は、アレルギーである可能性が高いので、早急に病院へ受診しましょう。

検査を薦められたら是非検査しアレルギーの原因を突き止めると今後の生活に役立ちますね。

アトピー性皮膚炎

目の周りが赤くなる原因はアトピーである場合もあります。

アトピーの原因ははっきりとは解明されていないものの、肌が乾燥などにより肌のバリア機能が低下し、そこに何らかの外部刺激が及ぶことで炎症が起きてしまったり、肌のバリア機能が低下しているときに、肌に影響を与える黄色ブドウ球菌という菌が繁殖してしまい、その菌が影響を及ぼし炎症を起こすなどとされています。

アトピーは全身に症状が出る傾向があり、もちろん目の周りに症状が出ることもあります。

乳児湿疹などとの見分けがつきにくいので、受診し診断してもらうことをおすすめします。

赤ちゃんの目の周りが赤くなったら何科に受診するの?

皮膚科医

赤ちゃんの目の周りが赤くなり受診しようと思ったときに私も悩みました。

目の周りは皮膚だし皮膚科?それとも目の近くだし眼科?と悩みます。

赤ちゃんの目が赤くなったとき受診するのは実は赤ちゃんの場合は小児科でも診てもらえます。

皮膚科でも診てもらえます。

目の周りが赤くなったときは皮膚科です。

もし目の周りだけではなく、眼球も赤みを帯びているという場合は、眼科に受診しましょう。

皮膚科に受診したら・・・

皮膚科に受診してみたところ、乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎と診断されました。

全身も診てもらったところ、体全体的にも乾燥が酷く、私は気づいていなかったのですが、耳の後ろなどもカサカサで湿疹も見られました。

アトピーにはステロイドが処方されるということを知っていたのですが、まさか目の周りには処方されないだろうと思っていました。

ところが処方されたのは、ステロイドでした。

目の周りに塗っても大丈夫なのかということを尋ねてみたところ、目の周りに処方するのはステロイド眼軟膏というもので、瞼の内側にも塗ることがある薬だということで安心して使用できると言われました。

スポンサーリンク

また、乾燥させないためにということで、ワセリンも処方されました。

経過は・・・

ステロイドとワセリンを処方され、塗るとみるみる治りました。

良かったと安心し、治ったらステロイドは長期的に使用してはいけないということで、使用を辞めました。

再発するアトピー

絶望 - 女性

目の周りの赤みも、全身の症状もステロイドを塗れば治まりました。

しかし、しばらくすると再発してしまうのです。

症状が出たら受診し、薬を塗るという生活を続けていましたが、徐々に再発する症状は酷くなっていきました。

また、大人でもステロイドの影響で色素沈着により黒ずんでしまったり、皮膚が固くなってしまったりという副作用に見舞われてしまうということを知り、もう再発しないようにしたいと思うようになりました。

しかし、アトピーは慢性的だという特徴があるため、ステロイドと上手く付き合い過ごしていくことが大切だと医師から告げられました。

アトピーが治るクリーム?!

医師は正しく使用していれば肌に副作用は現れにくければ健康にも異常をきたすことはないと言われましたが、それでも強い薬だと言われている物を我が子に塗り続けたくありませんでした。

アトピーが再発しないようにするためにはステロイドで炎症を鎮めたあと、十分な保湿を続け、肌のバリア機能が低下しないようにするということが大切だということを知り、アトピーになりやすい敏感な肌の我が子にも使用できる保湿クリームはないかと調べてみることにしました。

そこでアトピーに効果があると評判の高い【アトピスマイル クリーム】
というものを見つけました。

ステロイドが配合されておらず、アトピーでも使用でき、アトピーにならない肌を作りだせるということをウリにしているようなクリームでした。

そんなこと言って本当にアトピーの再発は防げずに、個人差がありますという結果の治らないほうになるだろうなんて思いながらも、とりあえず保湿するクリームが欲しかったですし、ステロイドも配合されていないし、安全そうだったので購入してみることにしました。

その後の経過・・・

ステロイドで症状は治まっていたので、アトピスマイルクリームも届いたので使用してみることにしました。

目の周りにも塗って良いのかということを調べると、顔にも使用でき、目の周りにも実際に使っている人がいたので、目の周りにも塗りました。

全身にももちろん塗ります。

夜に塗り、翌朝、肌がしっとりと保湿されているのが分るのです。

ワセリンで保湿していた時とは全く違う感じです。

乾燥せず、しっかりと保湿されるとなると、肌バリアは低下せずに済みそうだなと思い、少し【アトピスマイル クリーム】に期待を寄せるようになりました。

その後も塗り続けていると、肌はとても潤い乾燥知らずの肌になっていっていました。

保湿をするだけで、これまで再発していたアトピーが完治するとは思ってもなかったのですが、アトピーの再発が見られなくなったのです。

こんなにも効果があるとなんだか逆に本当に普通の保湿クリームなの?と疑ってしまいます。本当は強い薬品などが入っているの?などと心配になり、今更感はありましたが、アトピスマイルクリームの成分をよく確認してみました。

アトピスマイルクリームにはライスパワー№11という成分が含まれていました。これが肌の水分保持成分であり、アトピーが再発しない要因だったのです。

この成分は唯一世界で認められている成分で、安全で尚且つ肌が水分を蓄えておけるように改善してくれるものだったのです。

また医薬部外品ということで厚生大臣にも認められているということで、安心して使用できる成分です。

肌に充分な水分が蓄えられているため、乾燥知らずで肌のバリア機能は高まった状態で維持でき、刺激に負けずに健康的な肌を保つことが出来たのです。

まとめ

前向き

アトピスマイルクリームの力を借りて、我が子の目のまわりの赤みが起こることは無くなりました。

また、全身も潤い、炎症が起きたり乾燥するということもありません。

あのままステロイドを塗り続けていたら、肌への色素沈着などで今のようにきれいな肌は取り戻せなくなってしまっていたと思います。

今後もアトピスマイルクリームで肌を保湿し、アトピーが再発しない肌を保つお手伝いをしていきたいなと思います。

やはり健康的な肌の我が子が笑っていると、私まで幸せな気分になれますね。

肌への不安なく過ごせる我が子との日々はとても幸せです。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です