赤ちゃんからのSOS!?目の周りが赤い原因を探れ!!

赤ちゃんの目の周りが赤い1
スポンサーリンク

赤ちゃんの肌ってすごくデリケートですよね。ちょっとかいただけで赤くなっちゃったり…

でも何もしてないのに目の周りが赤くなったりすると、何かの病気?って心配になりますよね。

我が家の息子もよく目の周りが真っ赤になっていました。

我が子の目が赤くて心配‼というお母さん‼考えられる原因と私が息子の為に実践した対処方法をご紹介します‼

目の周りが赤くなる原因を知る

息子が赤ちゃんの頃はよく育児書を読みましたよー‼そんな中で目が赤くなる原因としてあてはまりそうなものは次の4つです。

①乾燥

赤ちゃんの肌はすごく薄くて、特に目の周りの皮膚は薄いので乾燥しやすくて赤くなっちゃうんです。大人でも肌が乾燥すると痒くなりますよね。

②乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹っていうのはホルモンバランスが原因でできるおでこや眉毛、髪の生え際等にできる黄色いかさぶた状の湿疹のことです。

うちの息子も眉毛と頭にこの湿疹が出て、最初は「なんだこれ⁉」ってビックリしました。

乳児脂漏性湿疹はよく見られる湿疹なんであまり心配する必要はないですが、すごくかゆい湿疹なんで、掻いてしまって目の周りも赤くなっちゃうようです。

③アレルギー

もし何か特定のものを食べたり触ったりした時に目の周りが赤くなっちゃった場合は、アレルギーも考えられます。例えば食物アレルギー。

うちの息子も食物アレルギーがあったんで、原因が分かるまでは私が牛乳を飲んで授乳すると顔全体が真っ赤になっていました。

他にも息子は猫アレルギーがあって、猫を飼っている実家に行くと目の周りが真っ赤になっていました。もしも心当たりがある場合は一度小児科かアレルギー科でアレルギー検査をしてもらったほうがいいと思いますよ‼

④アトピー性皮膚炎

私自身、息子の顔に湿疹ができた時、まず始めに頭をよぎったのがアトピー性皮膚炎でした。

特徴としては『痒みのある赤い湿疹でジクジクした感じのものが2ヶ月以上続く』『再発を繰り返す』『湿疹のできやすい部分が首、背中、お腹、おでこ、関節部分、目の周り』『耳切れ』などがあります。

アレルギーでも似た症状が出るので、判断は難しいです。こういう症状が続く時は病院に受診することをおすすめします‼

原因別対処方法

赤ちゃんの目の周りが赤い2
スポンサーリンク

①乾燥

乾燥で赤くなっている場合はしっかり保湿してあげることが大切です‼

でも目の周りは特にデリケートなので、タオルでゴシゴシ拭いちゃダメ‼濡れたガーゼで優しく拭いてあげてください。当時我が家には何枚もガーゼがありました。

何かと使えるしお肌に優しいんで、買いだめしてました‼保湿剤は顔にも使えるワセリンやヒルドイドがおすすめです。

②乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹はアレルギーやアトピー性皮膚炎とは違って、かゆくはないそうです。ただ、見た目がフケの塊みたいなんで正直ギョッとしました。

乳児脂漏性湿疹は分泌された皮脂をいかに溜めないかが大切‼なので、しっかり汚れを落として清潔にしてあげることが1番ですね。

脂漏性湿疹ってなかなか取れなくって、私はゴシゴシ洗っちゃってたけど、赤ちゃんはすごく痛がるし、病院でも「それダメー‼」って注意されました。

あまりにも頑固でなかなか取れない時は、お風呂に入る直前に脂漏性湿疹にベビーオイルを塗ってふやかしてからシャンプーしてあげると取れやすくなるのでオススメです。

オイルを塗って洗っている様子が分かる動画を1度ご覧ください。

 

③アレルギー

うちの息子はまさにアレルギーが原因で、自分や育児書だけじゃどうにもできないと思って病院に相談しました。飲み薬とステロイド外用薬、保湿剤をくれました。その他に私が実践したことは、授乳中だったので、アレルギーの原因になりやすい食材(卵・乳・小麦粉・ソバ・ピーナッツ)を私自身食べないようにしました。

あとはハウスダスト(ほこり)やダニもアレルギーが出やすいから、ズボラながらに掃除はこまめにしました。特に、子どもが寝る布団の手入れは小まめにしてあげるといいですよ‼干してあげるのが1番だけど、布団用の掃除機だけでも効果的です‼

④アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎と診断された場合は、ステロイド外用薬等が処方されると思います。それ以外でも家でできるケアをまとめてみました。

  • 赤ちゃん専用の石鹸やシャンプーを使うこと。
  • 赤ちゃんが搔かないように爪を切る。
  • 軟膏やクリームで保湿する。
  • 掻きむしる場合はミトン手袋着せる。※我が家でも使ってました‼手触りがつるつるしていて滑るので掻きづらいみたいです。

まとめ

 

  1. まずは原因を知る。(乾燥・乳児脂漏性湿疹・アレルギー・アトピー性皮膚炎)
  2. 原因によって違う対処方法を知る。

目が赤くなっているのはもしかしたらお子さんからのSOSかもしれません。でもしっかり原因が分かれば、きっとお子さんに合った対処方、治療方が見つかると思います‼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です