衝撃!アトピーはうつります。その真相と語られない真実とは??

女性が驚き何かに気付いた様子
スポンサーリンク

我が子は数年間アトピーに悩まされてきました。保育所でも小学校でもアトピーが原因で、親御さんに

「アトピーが移るかもしれないのでガーゼなどを・・・」

「アトピーって移りますよね」

「プ―ルは休ませるのですよね」

などと言う事を言われることもありました。

また、子供は友達に「移るから近寄るなー!」「汚いからくるなー」といじめられたこともあります。

アトピーの我が子と一緒に暮らしている家族には移らないので、移らないだろうとは思っていましたが、実際に移るのか移らないのかははっきりと言いかえすことが出来ずにいました。

そこで私は子供を守るためにアトピーが他人に移ることはあるのかを調べてみることにしました。

また、いじめられたり煙たがられる我が子を救いたく、アトピーを完治させることを目標としました。

アトピーの原因は?

image002

アトピーの原因は主に、黄色ブドウ球菌が原因であると言われています。

また体質的問題でアレルギー反応が起きやすく、アトピーは発症している場合もあります。

肌のバリア機能が低まり、肌への刺激により炎症を起こしている場合もあります。

アトピーの原因となることは自分自身の体の問題であり、他人も黄色ブドウ球菌が増えたり、肌のバリア機能が低下している、アレルギー物質に反応しやすい体質でなければアトピーが発症することは無いのです。

なぜアトピーが移ると言われるの?

なぜアトピーは移ると思われているのでしょうか。

1つ目は見た目でしょう。

見た目が移りそうだから移ると思われてしまうのでしょう。

実際に水イボ、水疱瘡など、接触することで移ってしまう感染症が有るので、アトピーも移ると思われてしまうのでしょう。

2つ目はアトピーの友人や知り合いがアトピーになってしまう可能性は少なくないという事です。

日本は先進国の中でも、比較的アトピーである割合が高い国です。

更に重症患者数もかなり多い国です。友人や知り合い自信の体がアトピーになってしまう可能性は低くなく、移らないものであっても移ったのではないかと思われてしまうのですね。

アトピーが移るというのは完全に噂であり、嘘なのです。

アトピーは他人に移ることはありません。

もしアトピーが移るのであれば、皮膚科でアトピー患者は隔離されることでしょう。また、アトピー患者が座った場所、触れた場所は即消毒されるでしょう。しかし一切そのようなことはありません。それはアトピーが移らないからですよね。

アトピーを完治させるために・・・

かゆい画像

アトピーは移りません。原因は移る感染症とは全く異なるからです。

しかし、アトピーが移るという噂や偏見をもっている人に対して、アトピーは移らないんです。と説明したところで、信じてもらう事は出来るでしょうか・・・。

私は残念ながら信じてはもらえなかったと感じました。

会話上では「アトピーは移らないんです」といえば「そうなのね。安心ね。」などと言ってもらえますが、我が子が子供から避けられることは無くなりませんでした。

裏では結局移るんだという意識は変わっていなかったのでしょう。

そうなれば、アトピーを治してあげるしかありませんよね。

アトピーさえ完治すれば、我が子が悲しい思いをすることはありません。

スポンサーリンク

アトピーが移るものに変わる可能性が?

image005

まずアトピーを完治させる前に、気を付けなければいけない事があります。

実はアトピーになった肌のバリア機能はかなり低下しています。外部刺激にかなり弱い肌になってしまっているのです。

すると感染症が感染しやすい肌でもあります。

感染症になるとアトピーとは全く異なる症状が出ますので、すぐにわかるはずですが、感染症になってしまえば、人に移る可能性は大いにあります。

その為には、感染症にかかりにくくするために、アトピーである肌の肌バリアを高める必要があります。

保湿ケア

感染症にならないようにするためには肌のバリア機能を高める必要があります。

更にアトピーを完治させる為にも、保湿し肌のバリア機能を高めることで、健康的は肌が手に入るという事を知ったのです。

そこで私は肌のバリア機能を高めてくれる保湿剤を探しました。

アトピーを完治させ、うつると言われないようにするための保湿剤

私は、アトピーを感染症に発展させない為にも、周囲の人にうつると嫌がられない為にも、子供が安心して肌バリア機能を正常にするために使える保湿剤を探すことにしました。

保湿剤を探す時のポイントとしてわたしはいくつかのポイントに着目して選びました。

  • 敏感な肌でも安心して使える成分
  • アレルギーの原因となる物質が配合されていないもの
  • 肌のバリア機能を高めてくれるほど、保湿力の高いもの
  • アトピーの再発まで防いでくれるもの
  • ステロイドは含まれていないもの

これらのポイントに当てはまる保湿剤を探してみたところ、見つかったのは【アトピスマイル クリーム】 という保湿クリームでした。

アトピスマイルクリームだけが、私の望む保湿剤でした。他にはなかなかすべてのポイントが当てはまるものはありませんでした。

更にアトピスマイルクリームは、肌の水分保持機能に作用してくれるお米由来の成分が「含まれているため、肌が乾燥しにくく、肌バリアが低下しにくいという、今後の子供の肌の健康も保持してくれるものだったのです。

アトピーは治ったら

前向き

これまで皮膚科のステロイドを塗っているばかりでは、何度も再発し治ることはありませんでした。

少しでも状態を良くしてあげることで精いっぱいでした。

しかし、アトピスマイルクリームを塗ってからは、ステロイドよりは治るスピードは遅いものの、どんどん肌の状態は良くなっていきました。

そしてステロイドのように再発もせず、肌はどんどん綺麗に見違えていったのです。

今では肌はみんなと同じように子供ならではのスベスベでやわらかな肌になりました。

周囲の人にも肌の事を指摘されたり、変な心配をされることもなくなりましたし、子供も友達と毎日楽しく過ごせているようで安心しています。

友達と楽しい時間を過ごせるときに、何の問題もなく過ごせるようにしてあげられることが出来て良かったなと思います。

完治させてあげる事が一番の回避する方法だとは思いますが、アトピーは他人に移ることはありません。堂々と移らないと言えるものですよ。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です