落屑のケアってどうしてる?保湿に頼ってるあなたが治らない理由!!

保湿
スポンサーリンク

アトピーの症状にはつきものである、落屑という状態に悩んでいませんか?

私は、落屑にとても悩まされました。

落屑は皮膚が剥がれ落ちてくるだけも、見た目が汚く嫌な気持ちになるのにも関わらず、

それに加え、痒みが酷くお風呂に入ると染みたり、肌の赤みも物凄い状態になるのです。

私の場合は、湯船につかると剥がれた皮が浮いて来たり、シャワーは染みて痛くて使用できなかったりと、くつろげる時間であるはずのお風呂が苦痛で仕方がありませんでした。

また、落屑の状態が酷い時は、服を着るだけで肌が擦れ痛みを伴ったり、歩くのも一苦労なほど体を動かすのが酷い日もあったのです。

落屑が終わったら、健康的な肌が手に入るのだろうと思いきや、いつまでも続く落屑・・・。

なんとか落屑地獄から脱出したかった私は、調べてみたところ、保湿することは大切。

しかし、脱保湿を目標にしなければ、いつまでも肌の状態は変わらないという事を知りました。

私が落屑を繰り返す日々から解放された方法を紹介したいと思います。

落屑の原因はなに?

皮膚科医

 

正常な肌の場合、肌は新しい皮膚を作るため皮膚の奥深くで日々細胞分裂や増殖を繰り返しています。

そして細胞が作られると徐々に上へと押し上げられ、押し上げられた細胞は表面へと到達すると最後はアカになります。

しかし、落屑というのはこの肌の代謝が正常に行われていない、まさに代謝異常が起きている状態です。

皮膚の下に新しい肌ができてから古い皮膚が剥がれ落ちるのに、落屑の場合は新しい肌がまだ作られておらず準備ができていない状態で剥がれ落ちてしまうのです。

本来ならば肌のダメージとなる雑菌や紫外線を肌のバリア機能で守ります。

ですが落屑で皮膚が剥がれ落ちるということは、まだ出るべきでない皮膚たちが準備も整っていないのに無理やり表舞台へと押し出された状態です。

弱々しい肌が一番上でさらされ続けているのでこの未完成な皮膚では外敵に勝てるわけがなく、肌トラブルがいつ悪化してもおかしくない状況なのです。

やはり落屑はアトピーのように、良い状態の時と悪い状態の肌が繰り返されるようn皮膚疾患の場合は、避けて通れない問題です。

落屑のケア方法

落屑とは肌が未完成の状態で剥がれ落ちてしまうので、皮膚はつっぱったような状態で赤く炎症を起こしています

もちろん炎症が起こっているので痛みやかゆみも伴います。

ポロポロしている肌が気になるからと無理やり剥がしてしまうと炎症を悪化させたり細菌による感染症の原因になるので必要以上に触らないことが大切です。

落屑が起きている皮膚は水分が足りておらず、パリパリと剥がれる皮膚はまるで干ばつのようになってしまい、水分を封じ込めておくことができないのでどんどん水分は蒸発しカサカサになって皮膚は固くなっていきます。

肌に水分を閉じ込めておくためには保湿が重要になってきます。水分を蒸発してしまうカサカサの肌にいくら保湿をしても潤いを保ち続けることができないので保湿力の高いもので保湿する必要があります。

どうしても見た目をなんとかしたい!

落屑により剥けてきた皮膚を剥いてはいけないと分っていても、外出の予定や用事があるときに、どうしてもなんとか目立たせたくないという場合がありますよね。

そんな時は、多少のダメージは覚悟して、皮膚を落とすしかありません。

それでも出来る限りダメージを最小限にするためには、蒸しタオルを活用して皮膚をふやかしてから剥がす、オリーブオイルでマッサージしながら剥がしましょう。

すると少々見た目的には良くなります。

継続的に行うのは良くありませんが、どうしても綺麗な肌にしたいというときの対処法として活用して下さい。

落屑は保湿を続けると悪化する?

落屑に保湿はとても大切なことです。

医師の標準治療としても、肌のバリア機能が低いため、保湿をする必要があるとされています。

しかし、市販の保湿クリームで、保湿を続けても繰り返す落屑に、もうこりごりでした。

そんな中、肌を保湿するのではなく、脱保湿という情報を知りました。

脱保湿の考えとしては、肌は外部に保湿剤を塗り続けることで、保湿剤に依存してしまい、皮脂を十分に分泌できなくなり、肌の地有力が低下したり、アトピーや落屑からも逃れられないというものです。

脱保湿をしてみたら・・・

やめる

私は脱保湿に踏み切りました。

知識が浅はかなまま・・・。

スポンサーリンク

保湿クリームを塗らなかった夜、保湿をしていたほうが楽なほどのかゆみや痛みに襲われました。

もう全身の肌がひび割れ状態です。

動くだけでピキピキとひび割れしていくほど、酷い状態でした。

それでも保湿を知んなければ治ると思い、2週間ほど我慢し続けましたが、アトピーの症状も新たに出始め最悪でした。

肌の根本的なところから・・・

実は、落屑の上から保湿するという事は、特に意味が無いのです。

それは肌としては、不要となった肌が剥がれている状態だからです。

しかし、実際は落屑したところから出てくる皮膚は不完全な状態で、外部刺激から肌を守ることが出来ずに再発する。

という事は肌の深層から強い肌を作り上げていかなければ、いつまでも落屑が続くという事になります。

ワセリンは肌の表面しか保湿してくれない、ステロイドには浸透力が無い、

市販の保湿クリームも、表面は保湿されるものの、浸透していないせいか1、2時間経つと乾燥してくる・・・。

保湿力があり、浸透力の高い保湿クリームを居探してみることにしました。

そんな時、偶然にもテレビで【アトピスマイル クリーム】 という商品が紹介されていたのです。

保湿力も浸透力もあり、肌の質を根本的に改善してくれるという、このクリームなら肌の作りを根本的に変えられるかなと思いました。

アトピスマイルクリームの使用

脱保湿を先送りにし、まずは肌の質を改善しようと思った私は、テレビの紹介で発見したアトピスマイルクリームというものを使用してみることにしました。

実際に塗ってみてすぐに、今まで使用してきた保湿クリームとの違いがありました。

まず、市販の保湿クリームを塗ると、落屑している部分は染みてとても痛かったのです。

しかし、アトピスマイルクリームの場合は、赤ちゃんやアトピーの人でも安心して使用できるほど肌に優しく、刺激となる成分が含まれていないせいか、全くと言って良いほど染みませんでした。

また、塗ってから5時間、6時間くらいは乾燥してくるという感じもなく、いつもより肌の落屑が目立ちませんでした。

使い心地も良かったので、数日間塗り続けてみると、お風呂に入った時にシャワーがあまり染みなくなっていたのです。湯船に浸かっても、さほど皮が浮いてきません。

これは【アトピスマイル クリーム】 の効果が確実に効いているなと思いました。

更に、剥がれかけていた皮膚は剥けてくるものの、剥けてもあまり痛くないのです。

落屑が起こる下の皮膚が弱い状態のまま出てくるのではなく、強く整った状態で出てくるようになったのでしょう。

そのまま数か月間、朝晩の1日2回ずつ塗り続けていただけで、落屑が起こらず、アトピーの再発も見られない綺麗な肌を手に入れることができたのです。

こんなにもとんとん拍子で上手くいくわけがないと思っていたので、とても驚きました。

再度脱保湿を試みる・・・。

治癒に向かって

肌が綺麗な状態になってからも、数週間アトピスマイルクリームを塗り続け、一度先送りにした、脱保湿をしてみました。

あの酷い体験をした私は、少々強い気持ちの中、一晩アトピスマイルクリームを塗らないで寝てみました。

翌朝、ぐっすり眠れた私・・・。

肌の状態を見てみても綺麗な肌のままでした。

その日の朝も塗らずに過ごしましたが、痒みも痛みも落屑も起きず過ごすことができたのです。

これは脱保湿成功ですよね!!

私はステロイドも使用したくありませんし、保湿剤を毎日欠かさず塗り続けるというのも、

面倒くさがりなので嫌なのです。

また、脱保湿することで、正常な皮脂を分泌し、強い肌を保つという状態も手に入れたい・・・。

そんな私のわがままを叶えてくれ、落屑地獄からの脱出を手助けしてくれたのは、アトピスマイルクリームでした、

今ではたまに乾燥する日に塗ったり、冬の時期は乾燥しやすいため塗る程度で肌の状態が保てています。

もちろん落屑からも解放された日々ですし、アトピーの再発もありません。

あの時偶然にもテレビで紹介されているアトピスマイルクリームに気づいていなかったら、私は今でも落屑に悩まされていたことでしょう。

アトピスマイルクリームは、顔にも体にも一気に塗れるというのも、便利ですね。

お風呂の時間もとても幸せな毎日です。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です