ステロイド治療でも改善できなかった自家感作性皮膚炎!毎日の食事で治せる?!

スポンサーリンク

私はあるときなぜか首元の一部に出来てしまいました。

何故だろう?なんか荒れたな・・・。くらいで、隠すようにしてタートルネックの服を着て外出するようにしていました。

しかし、3日経っても全く赤みも湿疹も引かず、痒くて痒くてしょうがないので掻いていると、お風呂場で自分の姿に仰天です。

湿疹は首元だけだったのに、その湿疹がお腹の方や腕の方まで広がってしまっていたのです。

自分の体なのに鳥肌が立つほど広がって気持ちが悪い肌にびっくりで、翌日急遽仕事を休み、皮膚科に受診しました。

パッチテストなどが行われ、私の診断結果は自家感作性皮膚炎と診断されたのです。

私の自家感作性皮膚炎の原因はなんとダニだというのです。

衣替えした後、ニットをそのまま着てしまったことで、ダニに触れ、症状が出たのだろうと診断されたのです。

衣替えして出したものを一度全てクリーニングへ出し、処方されたステロイド外用薬と抗ヒスタミン内服薬を使用すると、すぐに症状が治まりました。

服もクリーニングに出したし、薬で症状も治ったし、もう大丈夫だろうと思っていたのにも関わらず、数週間後また再発。

ステロイドで治り、再発し、ステロイドを使うという生活を約1年ほど続け、私はもう自感作性皮膚炎は治らないのではないか?

一生ステロイドを手放せないのか?と大きな不安に押しつぶされそうになることが増えました。

そんな時、自家感作性皮膚炎は食事で治せるという情報を目にしたのです。

食事なんかで治せるの?!再発もしなくなるというのですから驚きました。

私はステロイドを辞め、食事を改善し、自家感作性皮膚炎を治すという決意をしたのです。

何故自分家感作性皮膚炎は引き起こる?!

自家感作性皮膚炎と食事1

私は自家感作性皮膚炎が発症してから物凄く疑問だったことがあります。

その疑問は2つ。

ダニは布団やカーペットに必ずいると言われるほどで、私以外にもダニに日常触れている人はいるはずなのに、なぜ私だけ自家感作性皮膚炎に・・・?

もう1つは、今までも布団やカーペット、そして衣替え後の服をそのまま着るということはしてきたはずなのに、なぜ今回急に自家感作性皮膚炎になった・・・?

ということでした。

その疑問が食事で自家感作性皮膚炎が食事で治ると知ってから結びついたのです。

なぜ発症する?

キーワードとなるのは「腸管免疫」「活性化酸素」「肌のバリア機能」です。

この3つに異常があり、普段は発症することのない自家感作性皮膚炎が発症してしまったのです。

腸管免疫

自家感作性皮膚炎が発症した時、私の体内では免疫力の低下が起こっていたのです。

慢性的な皮膚病の場合、体内の免疫が低下してしまい、皮膚の免疫も低下し、普段刺激を受けないものからも刺激を受けてしまうのです。

人間の免疫細胞の70%は腸で作られています。

活性化酸素

ステロイドの長期使用により活性化酸素が溜まってしまっているということで、いつまで経っても自家感作性皮膚炎が治らないという状態に陥っています。

活性化酸素が肌に赤みやかゆみを引き起こしているのです。

自ら自家感作性皮膚炎を長引かせているのです。

肌のバリア機能

糖鎖という人間の細胞のアンテナのようなものが判断を誤り、炎症が起きたり、皮脂の分泌機能がうまく働かなくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

自家感作性皮膚炎の原因への対策

自家感作性皮膚炎と食事3

自家感作性皮膚炎がひき起こり、いつまでも治らない3つの要因を知った私は、この原因にどう対策したらよいのかということを調べることにしました。

腸管免疫の向上

腸管免疫が高まれば、皮膚の免疫機能も自ずと高まり、患部に原因となる物質が触れても炎症が起こらなくなります。

腸内細菌のバランスを整えることで腸内免疫は高まります。

活性化酸素の取り除き

溜まってしまっている活性化酸素を取り除けば、かゆみや炎症は引き起こりにくくなります。

糖鎖栄養素の補給

糖鎖栄養素という糖鎖が正常に機能するようになれば、皮脂の分泌量は正常になり、肌のバリア機能も高まりますし、アレルギー体質の改善にもなります。

自家感作性皮膚炎皮膚炎を食事で治す方法は?

自家感作性皮膚炎と食事2

なんと自家感作性皮膚炎の3つの原因は食事で対策して改善することが出来るというのです。

ということは食事を改善すれば自家感作性皮膚炎の原因が取り除かれ、ステロイドが無くても治るし、再発からも脱出できるという訳です。

腸内免疫を高める食事

腸内免疫を高めることが出来る食べ物です。

  • ヨーグルト
  • 漬物
  • 味噌

などの発酵食品

  • トマト
  • リンゴ
  • お茶
  • 青魚

免疫細胞のバランスを改善する

  • 食物繊維
  • オリゴ糖

食物繊維をエサとして増え、超の粘膜を修復し免疫力を高める

  • 酪酸菌

更に・・・。腸内免疫だけではなく免疫細胞自体に働きかけてくれる食べ物もgood!

  • タンパク質
  • ビタミンA、E

活性化酸素を減らす食べ物

活性化酸素の働きを抑制するのは抗酸化成分です。

  • ビタミンC・・・イチゴ、トマト、キウイなど
  • ビタミンE ・・・ナッツ類、大豆
  • 緑黄色野菜

また、アルコールは活性化酸素を発生させてしまうため、避けることをオススメします。

糖鎖の働きを正常にする食べ物

糖鎖の働きを正常にするためには、糖鎖栄養素というものを摂取します。

糖鎖栄養素となる成分・食べ物

  • グルコース・・・穀物類、天然水
  • フコース・・・海藻類やキノコ類
  • l  N-アセチルグルコサミン・・・甲殻類

食事で自家感作性皮膚炎は治るのか・・・?!

自家感作性皮膚炎と食事4

私は食事で自家感作性皮膚炎は治るだと確信し、ステロイドでの治療をやめ、食事での治療を始めることにしました。

そのことを、友人と久しぶりに会い、食事をしていた時に、なんとなく宣言したのです。

自分に気合いを入れるためでした。

きっとステロイドを辞めれば、食事を改善しても肌が痒くなる時はあるはずだからな・・・。と思っていたからです。

すると友人が、「じゃあ!アレの出番じゃん!!」というのです。

スポンサーリンク

アレというのも、澄肌漢方堂というもので、友人が自家感作性皮膚炎の痒みがおさまるから飲んでみたらと以前オススメしてくれていたものです。

私はその時はまだ、ステロイドでの治療が一番適切だと思っていたため、ステロイドがあるから要らないよ!と興味も湧かず、胡散臭いなとまで思っていました。

しかし、ステロイドを辞めるとなった今、痒みを抑えてくれるなら使ってもいいかも?!

と思い、澄肌漢方堂について調べてみるだけ調べてみることにしました。

澄肌漢方堂って?

私はいくら肌のかゆみや炎症を抑えてくれると言われても、信用なりませんでした。

第2医薬品だろうと、薬剤師が作っただろうと、信じられない!!と思ったのです。

そこでどうやら澄肌漢方堂は生薬で症状を緩和してくれるということだったので、その生薬12種類とやらを調べてみることにしたのです。

生薬ってあまりなじみが無くて名前だけ見ても全くわかりませんでした。

【澄肌漢方堂に含まれる生薬12種類の効果】

  • ダイオウ・・・腸内の有害物質の排出、便秘解消
  • トウキ・・・鎮痛、鎮静
  • センキュウ・・・鎮痛、鎮静、補血
  • オウゴン・・・抗酸化作用、抗アレルギー作用、細胞から出る毒素により腸内が炎症を起こした部分の修復
  • ボタンピ・・・消炎、止血、鎮痛、ニキビに効く
  • ケイヒ・・・整腸、鎮痛
  • ヨクイニン・・・免疫細胞の活性化、抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用
  • ケイガイ・・・腸の炎症を抑える
  • キキョウ・・・鎮痛
  • ニンドウ・・・解毒、アレルギー症状の緩和
  • レンギョウ・・・抗アレルギー作用、抗菌作用

あれ?!自家感作性皮膚炎を治すために求めている腸内免疫、活性化酸素という原因を無くすために必要な効果が生薬にあったのです。

これってかゆみを抑えるだけではなく、自家感作性皮膚炎の完治にも繋がる生薬が豊富に含まれていると気づきました。

【澄肌漢方堂に含まれているビタミン】

更に5種のビタミンも配合されていました。

  • ニコチン酸アミド・・・酸化還元、皮膚の粘膜を強くする、肌荒れ改善
  • リボフラビン・・・ビタミンB2のこと、湿疹やニキビ、ざ瘡に効く
  • ピリドキシン塩酸・・・ビタミンB6のこと、湿疹の改善に効く
  • アスコルビン酸・・・ビタミンCのこと、肌を整える
  • ハントテン酸カルシウム・・・肌の健康を維持する

【その他澄肌漢方堂に含まれる有効成分】

  • アミノ酸・・・肌にキメ、ハリ、潤い、艶を与える
  • カルシウム・・・乾燥肌の改善、肌のバリア機能向上

他のビタミン類5種や有効成分2種も肌に良い効果を与えてくれる成分でした。

本当に安全なのかなと思いましたが、国内生産で品質試験もクリア、更に良く食品等に含まれている摂取しすぎると害となる防腐剤やタール色素も含まれていないということで、体に害となるものはありませんでした。

調べる当初の疑いとはうってかわり、私は澄肌漢方堂を試してみたいと思い、90日間返金保証もついていたので購入してみることにしました。

澄肌漢方堂の使用

澄肌漢方堂を服用してみたところ、生薬ということで臭いかな?と思っていたのですが、粒上で周りは甘くコーティングされていたので、臭みなどなく飲みやすい薬でした。

自家感作性皮膚炎をステロイドなしで完治!

自家感作性皮膚炎と食事5

私はついに澄肌漢方堂も手に入れ、ステロイドを手離し、食事も工夫し、自家感作性皮膚炎と立ち向かう事にしました。

ステロイド使用なし1週間目

澄肌漢方堂は朝晩2粒ずつで、食事も工夫しました。

肌は特に炎症が起きることもなく過ごせていましたが、不意に就寝前肌に気が行き過ぎて痒く感じることはありましたが、寝てば大丈夫でした。

ステロイド使用なし2週間目

ここでようやく自家感作性皮膚炎の症状が出てしまいました。

肌に赤みとかゆみがあります。

掻いてしまったら悪化すると思いながら耐え、食事と澄肌漢方堂で耐えしのぎました。

やはりすぐには効果が現れないようでしたが、澄肌漢方堂を飲むと、かゆみが少し緩和します。

ステロイド使用なし1ヵ月

なんとか炎症を耐え、澄肌漢方堂のおかげもあってか、炎症がおさまりました。

食事での方法は体質改善であり、すぐには効果が現れないので、澄肌漢方堂を購入しておいて助かったー!!という気持ちでした。

その後

その後も数回自家感作性皮膚炎の炎症が出ました。

炎症が起こると、物凄く痒くて掻いてしまいそうでしたし、ステロイドを使用したいという気持ちにもなりましたが、澄肌漢方堂を服用し我慢しました。

ステロイドのように早くはないものの、澄肌漢方堂を飲むことで、炎症は徐々に改善し、乗り切ることが出来ました。

諦めなくて良かった・・・。

数回の炎症を経験しているうちに、ステロイドを使っていた時よりも再発するたび炎症の度合いが低くなっているのが感じられました。

赤みの範囲も痒みも以前よりましなのです。

これは食事の改善と澄肌漢方堂とおかげかなと思います。

最後に

自家感作性皮膚炎と食事6

私はすっかり澄肌漢方堂の事を信頼し頼るようになっていました。

ステロイドよりも今は澄肌漢方堂が私にとっての良薬です。

体に害を与えずに、自家感作性皮膚炎から守ってくれる最高の相棒です。

なぜあんなにも疑い、信じていなかった澄肌漢方堂をこんなにも褒めているのか・・・。

私の自家感作性皮膚炎の炎症が起こらなくなったからです!

澄肌漢方堂を飲みつづけて約1年、全く自家感作性皮膚炎の炎症が起こらなくなりました。

もし食事だけだったら、自家感作性皮膚炎を治すために必要な成分を十分には取り切れず、今はまだ戦っていただろうなと思います。

また、自家感作性皮膚炎をステロイドなしで治そうと戦っている最中も、痒みを和らげてくれる澄肌漢方堂が居なければ、乗り切れなかったことでしょう。

つい掻いてしまったり、ステロイドに手がのびていたでしょう。

これでステロイドとも自家感作性皮膚炎ともさようなら!!

仕事中に痒みに襲われることもなければ、不安に襲われることもなく、ようやく未来を想像しながら生きていけます!

公式サイトはこちら→澄肌漢方堂

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA