自家感作性皮膚炎はうつるのか?!自家感作性皮膚炎を改善するために

スポンサーリンク

私の娘は、5歳で自家感作性皮膚炎というものを診断されました。

始めは太腿に湿疹というか赤みを帯びた腫れのようなものができ、「あんまり掻かないで」と言っても子供は痒いものは痒いと掻いてしまいます。

その結果、太ももだけにその炎症は留まらず、足全体、お腹の方まで広がってしまったのです。

痒い痒いと深夜も眠れないようで、眠りながら泣き、痒いと掻き毟るので、皮膚科に受診しました。

すると血液検査とパッチテストが行われ、自家感作性皮膚炎だと診断されたのです。

ステロイドと抗ヒスタミンという薬を処方されたのですが、その日のうちに痒みは緩和するようで掻き毟らなくはなり、だいたい1週間くらい処方された薬を使いつづければ、炎症が治まるのです。

しかし、それで治ったと思いきや、2か月も経たぬうちにまた体に自家感作性皮膚炎の症状が出てしまったのです。

それからというもの、炎症が薬でおさまっては再度炎症が起きということが繰り返され、すっかり皮膚科の常連となってしまっていました。

薬を塗れば、我が子を痒みから解放できると思って何度も皮膚科へ通ってきましたが、もうすぐ我が子は幼稚園へ通い、私も就職するという時期でした。

仕事を始めてから、炎症が起きるたびに休んでいるわけにもいきませんでしたし、幼稚園にいる間に炎症が起きたり、痒みが酷くなったら可哀そうだという気持ちもあり、このまま一生薬を塗続けなければいけないのかということを医師に聞きました。

すると子供の肌は薄く敏感で、炎症が起きやすい。

子供の内はアレルギー反応が敏感であることも多く、大人になるにつれて治るのではないかという未定な返答だけが返ってきました。

私が求めていたのは、いつまでに治るか、どうしたら治るか、治療の変更の検討などです。

しかし、医師はこれからも薬を塗って炎症を抑えるしかないというような状態でした。

その後、薬を塗続けるという治療のまま、我が子は幼稚園へ入園することになりました。

ところが幼稚園の入所説明会での面談で、事件は勃発。

入所が決まっていた幼稚園で、元々申込みの際も自家感作性皮膚炎を患っているということも伝えてありました。

それなのに、我が子の肌を見た先生たちは、怖いものを見るような目で、「これって他の園児に移ったりするものですか?」「炎症が治まってからの登園などという見当も・・・」

という話だったのです。

その日の体は炎症が酷い方ではなく、酷い時はもっと赤みを帯び腫れるのにも関わらず、炎症があるときは登園させられない、炎症が治まったら登園できると言われても、それじゃあいつまでも登園させられないと思ったのです。

しかし、この時、家族も一緒にすごしお風呂も一緒に入り、寝る時も洗濯も一緒でも移るということは無く、移らないものだと思っていましたが、本当に他の子供たちに移らないのかということをはっきりと伝える知識が無かったのです。

そこで私は何とか入所が決定している幼稚園に入園できるようにと、自家感作性皮膚炎について調べてみることにしました。

自分の体の痒みで苦しむ日もあり、自宅で私と2人きりで痒みと戦い、そんな中で幼稚園に通い友達もできると喜んでいたのにも関わらず、肌のせいで断られている話を横で不安そうに聞いている我が子がものすごく可哀そうで私まで心が締め付けられるような思いでした。

自家感作性皮膚炎の原因とは?

自家感作性皮膚炎とうつる1

自家感作性皮膚炎の原因は内的要因と外的要因の2つに大きく分類されます。

内的要因

  • 乾燥肌
  • アレルギー体質

等の体質的な要因です。

外的要因

  • 毒性のある物質による刺激
  • 細菌感染
  • 摩擦

等の肌への刺激が要因です。

このどちらか1つの要因が原因で自家感作性皮膚炎が引き起こるわけではなく、外的要因、内的要因の2つの要素が重なることで、自家感作性皮膚炎が引き起こります。

乾燥肌だと肌バリア機能が低下してしまっていて刺激に反応し、アレルギー体質の場合はアレルギー反応を起こします。

すると、免疫反応をおこし、それらの刺激やアレルギ-に対抗しようと防衛します。

しかし、その免疫反応により炎症を引き起こします。

これが自家感作性皮膚炎なのですね。

私の娘の場合は、自家感作性皮膚炎だと診断された時にパッチテストと血液検査をしてもらっていましたが、その際、乾燥により肌バリアが低下しているということと、ハウスダストのアレルギーがあるということが分っていました。

ということは、娘自信の体内の中で引き起こっている防衛反応による炎症なので、人に移るようなものではないということが言えます。

細菌やウイルスが原因で炎症が起こっているのであれば移る可能性もありますが、自分自身の中で引き起こっているものなので移ることはありません。

その証拠に、細菌やウイルス性であると診断された場合、その細菌やウイルスを殺菌するために、抗真菌薬などが処方されます。

我が子は処方されていませんでした。

移らないと言っても見た目は・・・

自家感作性皮膚炎とうつる2

私は移らないという確証を得たことで、幼稚園へ行き自信を持って移らないということを伝えました。

そこで先生の方たちはわかってくれたようでした。

しかし、こういうのです。

「子供たちがその肌を見てどんな反応をするか、注意はしますがトラブルが引き起こる可能性もあります。」

「他の保護者がうつるかもしれないと心配しだすかもしれません。そのたびに説明していただけますか?」などと・・・。

そうか。移らないものだとわかっていても、見た目が治らなければ、再発しない肌を手に入れなければ、周囲の人に快く迎え入れてもらったり、移らないと信じてもらえないこともあるんだと実感したのです。

スポンサーリンク

皮膚科の薬は再発を防げない

自家感作性皮膚炎とうつる4

私は皮膚科の医師に再発を防ぐ薬は無いのかと尋ねました。

するとステロイドを再発予防に使おうかと思っていると思われたのか、「ステロイドは再発予防には使用できませんからね。」と言われました。

もちろんステロイドの長期使用は肌に異常が起きてしまうということが分かっていましたし、他の薬は何かないのかということを知りたかっただけです。

しかし、これでわかりました。自家感作性皮膚炎の炎症を止める薬はあっても、予防してくれる薬は処方されないのだということを。

もう、私にはすべてが崩れ落ちた音が響いたような気がしました。

これから働きに出て、子供も友達が出来て、やっと入園が決まった幼稚園、

いつかはしっかりと治ると思っていた自家感作性皮膚炎全てが崩れたのです。

全て考えていた理想とはかけ離れた状態となってしまいました。

子供に薬を塗り、子供と再発を恐れながら過ごし、幼稚園の事を毎日考え、これからどうなっていくのかと不安を感じると、私は外出することもできないほど落ち込んでしまっていました。

そんな時、近所のママ友が、姿を見ないと心配して尋ねてきてくれました。

私は何事もなく笑顔で対応して追い返そうとしたのですが、子供の体を見て、もしかしたら虐待してる?相談できるところに一緒に行こうよ!と誘ってきたのです。

もう怒りも湧かず、虐待しているだなんて思う人もいるんだと落胆しました。

そして、勘違いしているママ友に すべてを打ち明けることにしたのです。

自家性皮膚炎が治らない、自家性皮膚炎のせいで入園できるかわからない、皮膚科に行っても意味がないなどということを・・・。

するとそのママ友の友人はアレルギー性皮膚炎になった時に、原因となる食べ物を避けても皮膚科の薬ではでは治らなかったのに、ある第二医薬品を使用し、原因の食事をさけ、ある薬を飲んでいただけで、肌に炎症が起こらなくなったという話を教えてくれたのです。

そしてその友人にママ友はなんという薬を使っているのかということをすぐに聞いてくれました。

澄肌漢方堂という薬で、ママ友の友人の子供も、最初はアレルギ-性皮膚炎だと診断されていたものの、その後診断が変わり自家感作性皮膚炎だったというのです。そしてその自家感作性皮膚炎は澄肌漢方堂の服用で治ったと・・・。

私は澄肌漢方堂を購入してみることにしました。

自家感作性皮膚炎を完治させる方法

自家感作性皮膚炎とうつる3

自家感作性皮膚炎に効果があるという澄肌漢方堂は、かゆみを抑え、炎症を抑え、体質も改善してくれるというのです。

自家感作性皮膚炎は痒みの発症源を掻いてしまうことで、全身への広がってしまうというのです。

そのため、かゆみを抑えることが出来れば、炎症も広がらず悪化しないというのです。

また体質も改善してくれるということは、内的要因を受けることがなくなり、自家感作性皮膚炎が発症しなくなるという事です。

私は澄肌漢方堂を購入してみることにしました。

すると6歳から服用可能ということで、もうすぐ誕生日という事もあり待ちました。

幼稚園は炎症がおさまると登園し、炎症が起きれば休むということで、入園しました。

2か月丸ごと毎日通えた日は無かったものの、子供は友達と過ごせる毎日に楽しそうでした。

その分休まなければいけないとなると、物凄く残念そうでした。

澄肌漢方堂の服用

6歳になってから服用を始めました。

生薬配合ということで苦みやくさみがあるのではないかと心配していたのですが、甘いものでコーティングされているようで、6歳の我が子も嫌がらず飲んでくれました。

薬の形状も飲みやすく工夫されてくれているようで、毎日必ず毎日飲んでくれました。

炎症が起こると掻いてしまい悪化するので、皮膚科の薬も併用していましたが、徐々に肌の炎症が起こらなくなってきて、起こってしまってもさほど酷く悪化しなくなりました。

これは澄肌漢方薬のおかげかなと思いました。

その後も毎日飲みつづけると、気づけば3カ月間も幼稚園に通うことが出来ていたのです。

炎症が起こらなくなっていました。

今では・・・

我が子は今では毎日幼稚園に通うことができ、小学校にも何の不安もなく入学できます。

楽しみの行事の日に炎症が起こるかもしれないという心配もなく楽しみに出来る、休み明けの馴染みにくい日を経験しなくても済む、毎日元気に通い楽しんでいる姿を見ると本当に微笑ましい限りです。

自家感作性皮膚炎はほとんどの場合、自分自身の体内で引き起こっていることであり、他人に移るということはありません。

しかし、どんなに説明しても、移りそうと思われてしまったり、誤解されることもあります。

それは自分で原因を伝えることが出来る大人でも大変な事なのに、子供は移りそう、移るという言葉に上手く説明できませんし、ショックを受けてしまうことでしょう。

皮膚科に受診し続け、炎症が起きることを諦めてしまうのではなく、肌や体質を根本的に

改善し、自家感作性皮膚炎の起きない肌を作ってあげられて本当に良かったと思います。

最後に

毎日飲みつづけなければいけないので、出費は以前よりはふえましたが、定期コースで購入すれば安く購入できるので助かります。

また、医療費控除の対象にもなるので実質さほど出費なく効果が得られています。

公式サイトはこちら→澄肌漢方堂

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA