脱ステしたら顔が落屑でボロボロ!!これは治りかけのサインか?

脱ステと顔の落屑と治りかけ1
スポンサーリンク

落屑(らくせつ)と読みます。

顔を撫でると粉がボロボロ落ちてきて、いくら撫でても粉が止まらずぼろぼろヒリヒリ痛くなるアレです。よく「粉をふく」と言いますよね。重度のアトピーでなくとも、ちょっとした肌のコンディションが崩れるだけで落屑が出る事があります。

実は私も落屑に悩んでいる一人でして、特に前髪が触れるおでこ、髪の襟足が触れる首の症状がひどいんです。腕は日常から無意識に掻いて床が粉だらけになるので、クイックルワイパーでゴミをかき集めると皮膚が溜まりすぎてキレイに拭き取れなくて困るんですよね。

特に脱ステの直後は落屑が多く出ます。そして、ステロイド使用期間が長ければ長いほどに体がステロイドを排出しようとするのか落屑が長く続くのです。 

落屑がでるワケ

脱ステと顔の落屑と治りかけ2

落屑の症状が出始めると、肌が壊れだしたのでないかと不安になって落屑が出なくなるステロイド使用に戻る人もいます。

しかし、落屑が出るという事は肌が回復に向かっている良い兆候なので安心してください。

正常な肌の人は、肌が日焼けなどでダメージを受けると皮膚が剥げて下から新しい皮膚が出てきます。それに対して落屑が起きている肌は、過度の乾燥でダメージを受けているので皮膚を再生しようと頑張って代謝を行うのですが、真皮までダメージを受けているのですぐには新しい皮膚を用意できずに古い皮膚が剥がれるだけで留まってしまうのです。

だから古い皮膚が剥がれた後が、赤くなるんですね。肌の正常なターンオーバーとして、気長に見守りましょう。

脱ステからの肌サイクル

脱ステと顔の落屑と治りかけ3

ステロイドを使用している間の肌は、異常に短いペースでターンオーバーを繰り返すので1~2週間で落屑が落ち着いて見た目もキレイになります。外観が落ち着いているので気分も良くなりますが、それは肌の本来の姿とは違いますよ!

ステロイドを止めて2~3日すると、だんだん肌がかゆくなってきます。

スポンサーリンク

多くの方はここで脱落してしまうのですが、ここは我慢の見せ所。どうしても我慢できない時には、虫刺され用のムヒを塗ってみましょう。

「ヒー!」

って叫びたくなるくらいメンソールが染みて痛いんですけど、かゆみは取れますよ。

かゆみを我慢して、肌を全く傷付けずに過ごせると回復は早いのですが、普通は無理ですよね。むき出しになった真皮を掻くことで真皮がダメージを受けて、また炎症が起きるんです。

その後また落屑が出はじめるので治っている感覚を得られにくいのですが、少しずつ肌か回復に向かっているのですよ。

  1. かゆみ発生
  2. 炎症発生
  3. 落屑
  4. 鎮静
  5. かゆみ発生

こんな感じのサイクルです。ステロイドを何年も使用していた方は、体がステロイドの悪い成分も排出しようとするのでこのサイクルが長く繰り返される事もあります。

肌サイクルが行われている時のケア

脱ステと顔の落屑と治りかけ4

肌サイクルが行われている間も、きちんとしたケアが大事です。

この間に、肌に合わない化粧品や保湿剤を塗ってしまうと滅茶苦茶にかゆくなってしまうので、ケアする際にはお医者さんに相談してくださいね。私がよく使っているのはヒルドイドクリームです。

ヒルドイドはケロイドの治療や予防に使われますが、日本で使用する際は配合率の上限が低く決められているので残りの成分を添加物で代用しています。まれに、この添加物で副作用を起こす方がいるのでご注意を!使用前にはパッチテストを強くおススメします。

合わせて取り組みたいのが野菜中心の栄養バランスの取れた食事とストレス対策。健康的な生活をしていたら、健康になるという事です。現に私も、夜更かしをしている最中や翌日は妙に体がかゆくなりますし、肌ストレスが溜まっているんだな、って思いながら落屑のケアをやっています。

症状が治まる直前の兆候

肌組織の入れ替わる周期は、早い人で28日。半年後には体中の組織が全て別の物になっていると言われています。その間はずっと落屑が続きますが、回復が進むごとに落屑量も減ってきます。何より、肌を触った時の感覚が砂を触ったような「ガサガサ」から「サラサラ」に変わってきます。

そうなったら症状の終焉は目の前です!最後まで手を抜かずにしっかりとした肌ケア、体調のケアを行いましょう。完全に落屑が治まるまでは周りの目が気になったり、落ちる粉を見て不安になるかもしれませんが、病は気からと言うので前向きな気持ちが大事ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です