脂漏性皮膚炎(フケ症)対策の医薬品、ニゾラールの効果と注意事項!

脂漏性皮膚炎とニゾラール1
スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎(フケ症)で悩んでいる方はとても多いです。筆者もその一人です。

フケで悩む人が最初に考えるのは「シャンプーをどうするか」だと思います。このシャンプーは自分に合っていないんじゃないかと考え、フケ対策用のシャンプーに変えるというのが最も一般的な対策でしょう。

実はシャンプーの仕方やドライヤーの仕方にもコツがあるのですが、それは別の記事をご参照ください。

今回はシャンプーを変えても効果がなかった、フケに対しての悩みが大きい方が次の手段として皮膚科にかかり、そこで処方される代表的な医薬品の1つである、ニゾラールについてお伝えします。

ニゾラールってどんな薬?

ニゾラールというのは商品名で、成分の名前ではありません。有効成分として含まれているのはケトゴナゾールというものですが、この記事ではニゾラールという商品の記事として名称をニゾラールで統一します。

ニゾラールは抗真菌薬というものです。真菌とはフケの発生源と考えられているカビの一種です。

このカビの増殖を抑える効果があります。その結果フケの量も減るというわけです。脂漏性皮膚炎だけでなく、水虫にも効果があります。(水虫菌も真菌の一種です)

ニゾラールの使い方

ニゾラールにはローションタイプとクリームタイプの2種類があります。脂漏性皮膚炎(フケ症)と聞くと、頭皮の病気というイメージが強いですが、脂漏性皮膚炎は頭皮だけでなく顔に症状が現れる場合があります。

顔への症状は眉毛の周りに出ることが多いです。クリームタイプはノビが良いというメリットはありますが、その反面べたつきやすいというデメリットもあります。

ローションタイプとクリームタイプの使い分けとしては、頭皮にはローションタイプ、顔にはクリームタイプとなります。ローションタイプは頭皮に浸透させるものです。

乾いている状態よりも湿っている状態(毛穴が開いている状態)の方が浸透しやすいのでローションタイプはお風呂上りなどに使うとより効果を発揮します。

クリームタイプのものでは、ニキビ薬のようにちょんちょんと乗せるのではなくしっかりと塗り込むのが正しい用法とされています。

ニゾラールの副作用は?

ローションタイプでもクリームタイプでも塗り薬という点では同じですので内服薬に比べて副作用は弱いです。

スポンサーリンク

一例としてはかゆみや炎症を起こすなどありますが、使用してみて違和感があれば医師に相談すればよいでしょう。

効果があっても油断しない!

ニゾラールは医療用の薬品ですのでドラッグストアなどで市販はされていません。その分市販薬よりはフケに対して効果が見込めます。

しかし、ニゾラールの効果が出てフケがなくなったり、量が減ったりしたとしても油断はしないでください。フケの原因である真菌はカビの仲間です。

カビに対するイメージとしてお風呂のカビを想像してみましょう。TVコマーシャルなどで専用の漂白剤を見かけるかと思います。

その際の表現として「根が張ったカビに。。。」という表現が頻繁に出てきます。ここで言いたいのは真菌もカビなので根が張るという特徴はお風呂のカビと同じだということです。

脂漏性皮膚炎の場合どこにカビの根が張るのかというと頭皮や顔ということになります。ニゾラールを使って効果があったとしても、まだ部分的に根が残っている可能性は否定できません。

きちんと処方された量のニゾラールを使い切り、改めて皮膚科でのチェックを受けるのが良いでしょう。ただ、皮膚の病気は一朝一夕に完治するものではないのでしばらくは皮膚科通いが必要になるとは思いますが。

ニゾラールの保管方法

すごく当たり前のことですが、クリームタイプのものは一度手に出して使用し、ローションタイプのものは頭皮に直接使います。必ず手や頭を清潔な状態にしてから使いましょう。

そうしないと容器が汚れてしまい、効果が出るものも出なくなります。これはシャンプーをするときも同様です。

手が汚れた状態でシャンプーしても汚れを延ばすようなものです。頭をお湯できちんと流さずにいきなりシャンプーをつけるのも厳禁です。

脂漏性皮膚炎とニゾラール2

まとめると

  • ニゾラールは抗真菌薬。フケの発生原因はカビの仲間の真菌。
  • ローションタイプ・クリームタイプともに肌へ浸透させることを考えよう。(お風呂上りに使う、しっかり塗りこむ)
  • 効果が出ても、薬を使うのを自己判断でやめにしない。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です