脂漏性皮膚炎(フケ症)に市販薬が効く? 顔の炎症にも!

脂漏性皮膚炎と市販薬と顔1
スポンサーリンク

今回は市販薬のお話。

脂漏性皮膚炎(フケ症)でお悩みの方は多いです。私もフケには悩みが尽きませんでした。様々な角度から対策を講じた結果、フケの発生を抑えることができるようになりました。

しかしそれでも気を抜くと。。というところです。

脂漏性皮膚炎に限らず皮膚病は治るのに時間がかかります。脂漏性皮膚炎は頭皮だけでなく、顔に症状が出る場合もあります。

フケで悩んでいる方々の悩みとしては、炎症で肌が赤くなる、というだけでなくかゆみを伴う、というものがあります。

本来であればきちんと皮膚科で診療を受けるのが最も適切な方法ですが、時間的余裕がない場合などには市販薬に頼るという場面も出てきます。今回は脂漏性皮膚炎対策となる市販薬についてお伝えしていきます。

一番心配なのはかゆみ

フケ症の人で最も気になるのは頭皮をはじめとした皮膚のかゆみではないでしょうか。

フケというのは頭皮などの皮膚がはがれることによって発生しますが、はがれる原因は寝ているときの枕との摩擦だったり、かゆいからと頭をかいてしまうことによってよりたくさんのフケが発生するからです。

私自身も頭をかく→襟足を手で払う という流れをこれまでどれだけの回数行ってきたかしれません。かゆみを抑えることが出来れば、肩などの目立つ場所にたまるフケの量は減らすことができます。

最近では頭皮用のムヒがあります。かゆいところに塗ることでかゆみをおさえることができるという点では虫刺されのときに塗るものと同じです。

手軽に使えるからこその落とし穴

市販薬とはいえ、薬です。用法用量を守って使うことができればいいのですが、本当にかゆいときの辛さは表現しようがないほどのものがありよね。

だからといってかゆくなるたびに使っていてはいけません。頭皮のフケに限らず顔の脂漏性皮膚炎でもそうですが、皮膚が炎症を起こしている状態ということは少なからず肌は弱っているわけです。

そして市販薬でも肌の炎症を抑えるために強い薬品が使用されています。ステロイドですね。肌が弱っている状態のときに、強い薬を使いすぎてしまうとどうなるか、、容易に想像ができますね。

また、これは個人的な経験ですが、スースーする成分のメントールが入っているものはあまり頭皮に合わない気がします。

汚れをしっかりとるタイプのシャンプーにも注意

少し私の経験を話しますが、皆さんと同様に私もシャンプー選びには吟味に吟味を重ねていました。

スポンサーリンク

あまり効果がないなと思う度にシャンプーを変えていたのですが、そんなときメントールが入ったシャンプーを試しにつかったことがあります。

大体こういうものはメンズのコーナーにあることが多いです。「汚れをしっかりとり、頭のアブラやフケをすっきりと洗い流す男のシャンプー!」みたいなことが商品説明に書いてあることが多いです。

強いシャンプーという感じがしてずっと敬遠していたのですが、ものは試しということで使ってみたのが失敗でした。

確かにお風呂でシャンプーをしているときはスースーしてとても気持ちが良いのですが、その後頭がめちゃくちゃ我慢できないほどかゆくなり、フケが出まくったのです。

1回使っただけでまた別のシャンプーを買いに行く、という体験をしたのです。

これは完全に余談ですが、お伝えしたいことはメントール入りのものに注意、ということよりは、脂漏性皮膚炎に効果を出そうとするほどの薬は、市販薬であっても効果が強いので慎重になった方がよいということです。

シャンプーに限らず薬には合う合わないがあります。市販薬といっても、敏感な状態の頭皮や顔につけるものですからきちんと考えた上で選びましょう。

やはり診察を受けて薬を処方してもらうのがおススメ

市販薬で効果が出なかった場合、また別の市販薬を使うならまだいいのですが、最もよくないのは、効果が出ないからといって、薬を塗りすぎたり、飲みすぎたりすることです。

皮膚科で診察を受けて処方された薬だって、あまり効果がないときはあるでしょう。しかし市販薬を購入するのと違うのは、お医者さんに相談ができるということです。

薬を使ったら、逆にかゆみが強くなった、となれば別の薬を処方されるなどの新たな対策をとってもらえますからね。

脂漏性皮膚炎と市販薬と顔2

きちんとお医者さんに相談しよう

まとめると

  • 脂漏性皮膚炎対策の薬は市販薬でも強い薬品が含まれていることがある
  • 市販薬こそ、用法・用量をきちんと守って使おう
  • 一番はきちんと皮膚科で診察を受けて相談すること
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です